*

海老名ビナウォーク 麺処直久

最近テナントが落ち着いてきた感のある、海老名ビナウォークのラーメン処。以前松任製麺があった場所に、今年2月に入れ替わりで入ったという麺処直久(なおきゅう)に行ってきた。

ビナウォークのラーメン処 消費税で各店値上げ

最後にビナウォークを訪れたのが消費税の値上げ前であったので、ついでに各店の値上げ状況も気になるところであった。まずは、今年の1月に記事を上げた二郎系ラーメンの「虎節」。店の扉には、「4月からの消費税アップ、当店は値上げしません!」と高らかに宣言してあった。

虎節の扉の貼り紙

虎節の扉の貼り紙

いやいやいや、ご冗談を。というのも、この虎節は消費税がアップする2014年4月より以前の2013年12月から、フライング気味に値上げをしているのである。そんな理屈が通るなら、消費税より前から消費税分を徴収して客に不利益を与えた店の方が賞賛されることになってしまう。なんというか、お気に入りの店であったけれど、もういいやという気持ちに。
で、結局値上げは、700円であった虎次郎らーめんが730円になるなど全体的に30円程の値上げ。この調子だと、2015年10月からの消費税アップでも直前に値上げして、「うちは消費税で値上げしません!」とのたまうだろう。

過去に訪問した店では、清勝丸も750円からだったつけめんが780円からと30円程の値上げ。昔ながらの中華そば680円も、710円に。
たんめん専門店の百菜も、毎日野菜たんめん720円が750円に、前回注文した野菜つけ麺が800円から850円へと値上げ。ただ、最安メニューのラーメンが550円からなので、この並びの中ではお得感があるかな。

麺処直久の純鶏らーめん

それで、麺処直久の話だ。麺処直久は創業が山梨県甲府市で、大正3年に日本蕎麦も中華そばも出す店として開業したらしい。その後昭和42年に銀座に中華そば専門店として出店したため、看板にも「東京銀座」という文句が付けられている。平成になって店舗を拡大し、麺処直久の名前で9店舗、らーめん直久の名前で5店舗を出している。

麺処直久の店構え

麺処直久の店構え

最も安いメニューが、麺処直久の場合は570円の純鶏らーめんで、らーめん直久の場合は470円のらーめん。同名メニューでも麺処直久の方が50円くらい高かったりするので、一応直久の認識として、海老名ビナウォークは高級店戦略で押せる場所だと踏んでいるのだろう。まあ、確かに570円でも他のテナントよりは大分割安感はある。
ということで、570円の純鶏らーめんを頼んでみた。流石に470円のものよりは具材も多く、安っぽさを感じさせない。

麺処直久の純鶏らーめん

麺処直久の純鶏らーめん

醤油の濃い色スープをすすってみると、最近あまり見なくなった感じの、平成初期頃のラーメンを感じないでもない。平成初期頃の”懐かしのラーメン”というか。淡白な鶏チャーと練り物、ネギといった具を食べていると、何かの味にとても近いように感じて、暫く想像を巡らせる。
スープに浮かんだ鶏の油も合わさって、決してさっぱり感は無い。食べ進んでいくうちに、これは正月に食べる雑煮に近いのかもと気付いた。
決してハマってしまう味というわけではないが、独特な味なので、忘れた頃にまた食べたくなるラーメンかもしれない。ちょうどお値段も手頃。でも、ビナウォークの名店になるという感じではない。

まあ、この場所で食べられるラーメンの選択肢が増えたということで、良いことかもしれない。

関連記事

手打ち蕎麦信玄 蕎麦膳

鶴巻温泉駅 手打ちそば信玄

小田急小田原線を小田原方面に本厚木から3駅行くと、鶴巻温泉という駅がある。鶴巻温泉という名前が示すよ

記事を読む

福屋 福らーめん700円

東海大学前駅 らーめん福屋

東海大学前駅の大通りの両側には、学生向けの安価&量が多めの飲食店が立ち並ぶ…といったことは、既に上海

記事を読む

池のほとりに店がずらり並ぶ

『カミイチ』 小田原市の上府中公園を舞台としたクラフト市

JR御殿場線の下曽我駅の西側に、市民球場である小田原球場を抱えた上府中公園というスポットがある。元々

記事を読む

ZUND-BARラーメン

厚木七沢温泉 ZUND-BAR

厚木の山奥の七沢温泉に、客足の絶えない有名ラーメン店があると聞いて、ちょっくら足を伸ばしてきました。

記事を読む

開場アナウンス直後でこの人出!

大磯市夜市 7〜9月に日中の暑さを避けて変則開催の大磯市

以前当サイトでレポートを行った大磯市。大磯市とは、神奈川県中郡大磯町の大磯漁港を舞台として行われる、

記事を読む

日の出製麺所謹製味噌ラーメン

日の出製麺所に再訪 今度は味の味噌一直系の味噌ラーメンを食べる

以前とってもジャンクなメニュー、"そば焼き"をレポートした厚木の日の出製麺所。どうもこのお店は平塚市

記事を読む

厚木プレスSENBEIのえびせん

厚木の新名物となるか 厚木プレスSENBEI

厚木の名物ってなんだろう?ゆるキャラのあゆコロちゃんだろうか。あるいは鮎まつりの名称の由来にもなって

記事を読む

アミューあつぎのロゴ

アミューあつぎ「幼稚園送迎システム」に厚木市の本気を感じる

4月26日オープンのアミューあつぎについて、公式Facebookでは続々とその整備状況が発信されてい

記事を読む

麺処まさ屋 味噌ラーメン

螢田駅 麺処 まさ屋

小田急小田原線は新松田を越えると、南に一直線に小田原駅を目指す。酒匂川と狩川に挟まれたところにいくつ

記事を読む

無法松の相州赤味噌ラーメン

鶴巻温泉駅 無法松 相州赤味噌ラーメン

東海大学湘南キャンパス周辺で、うまくて安いラーメン屋を捜索中!といういつもの常套句。最近は新規出店が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑