*

海老名ビナウォーク たんめん専門店 百菜

ビナウォークらーめん処には、以前紹介した清勝丸を筆頭として、レベルの高いラーメン店が並んでいる。不人気店が早々に閉店、頻繁な入れ替わりが行われてきたためであるが、生存競争を生き残ったラーメン屋はどれも、一癖も二癖もあるような店であったりする。そして、ふとラーメンを食べたいと思った際に、案として頭に浮かびやすい個性は大変重要なのである。

神奈川県海老名市中央1-18-1 ビナウォーク6番館1F

たんめん専門店百菜も、コンセプトの固まった癖のある店だ。ぎょうてんやのような二郎系ラーメンの店がこぞって、「ニンニク入れますか?」というスローガンを掲げる要領で、この店のスローガンは「野菜足りてる?」だ。野菜の量をグラム数で表示(480g)するなど、店のノリは本当に二郎系のごとし。野菜のドカ盛りを食べたくなったら、まずこの店のことが思い浮かんでもおかしくない(まあ、海老名周辺なら、博多どんたくも捨て難いのだが)。

ビナウォーク 百菜

ビナウォーク 百菜

店名の通り、野菜たんめん720円が看板メニューである。ただ今回は、ドカ盛りの野菜だけでは飽き足らず、炭水化物も大量摂取したかったため、800円の野菜つけ麺を頼んだ。つけ麺は麺が500gに増量できるので、ドカ盛りの野菜とドカ盛りの麺の乱暴な組み合わせも可能だ。
ウェイター、料理人含め中国系の方のようで、厨房では慣れた手つきで中華鍋が振られている。ビナウォークらーめん処でなければ、コストの削減の結果と言えるよろしくないものを提供されるのではないかと不安になるところだ。

百菜 野菜つけ麺

百菜 野菜つけ麺

出てきたつけ麺は、麺も魚介豚骨ベースのつけ汁も悪くない、期待した通りのつけ麺だ。どこか他の店で、野菜抜きのこの組み合わせで看板メニューになっていてもおかしくない。麺の風味も感じられ、理屈抜きでいただける。
折角別皿で提供されているので、野菜をそのまま味わってみる。なんと、この野菜炒めはいかにも中国系の店でお目にかかれそうな、ラードの香りが強く脂っぽい野菜炒めだ。加えてガスの臭いのような上品でない香りがあるため、日本人で受け付けない人も多数いるだろう。
メニュー名は「野菜つけ麺」なので、躊躇いつつつけ汁の中にこの野菜炒めを投入して味わう。つけ汁の風味と混ざりあって、野菜炒めの脂の臭いが主張する。完全にジャンクフードだ。でも、それが面白い。
このお店の野菜つけ麺の面白さは、完成された組み合わせのつけ麺を冒涜するように、全く別の風味の野菜炒めを投入するというサスペンスなのだと思う。結局混ざりあった味が素晴らしいかというと、それは人の好みによるだろうが。

このお店はこのように、面白がりながら食べるところだ。それは個性であってよろしいと思える。「野菜足りてる?」というキャッチフレーズはヘルシー志向を思わせるが、脂っこいこともあって、決してヘルシーなメニューではないと思う。ジャンクフードにつき注意されたし。

(追記)
閉店したみたい。

関連記事

厚木ビール in 中央公園

第68回あつぎ鮎まつり大花火大会に行ってきた! 屋台のレポート編

毎年8月に本厚木の街を舞台として行われる祭が、あつぎ鮎まつりだ。今年は8月2日(土)・8月3日(日)

記事を読む

日の出製麺所謹製味噌ラーメン

日の出製麺所に再訪 今度は味の味噌一直系の味噌ラーメンを食べる

以前とってもジャンクなメニュー、"そば焼き"をレポートした厚木の日の出製麺所。どうもこのお店は平塚市

記事を読む

ラーメン研究所のラーメン(1/108)

厚木市 らーめん研究所 客が味の組み合わせを選ぶシステム

味噌ラーメンドレファラシドの紹介で言及していた、らーめん研究所というラーメン店。その本店は、日の出製

記事を読む

右にクジラ?のモニュメントが

ムール ア・ラ ムール 湘南小麦プロジェクトのパン屋

以前紹介した、伊勢原市三ノ宮の奇妙なセブンイレブンしかり。日本一まずいラーメン屋しかり。伊勢原市には

記事を読む

えぼし麺 見た目はそこまで破綻していない

茅ヶ崎駅 菜良 二郎インスパイア系「えぼし麺」が美味い!

茅ヶ崎市と言えば、えぼし岩がシンボル。駅ホームにえぼし岩をかたどったオブジェがあったり、車止めがえぼ

記事を読む

待ち時間に嬉しいサービス

藤沢市辻堂 27 coffee roasters

相模川以東を扱うのは本来レギュレーション違反なのに、結構な頻度で東側エリアのお店を紹介しているような

記事を読む

麺や道楽 豚そば

東海大学前駅 麺や道楽

あらかじめ断り書きをしておくことは大変重要だが、厚木以西の味覚で書いた通り、厚木以西のグルメは大抵塩

記事を読む

麺屋AJITO シラフで撮った写真

麺屋 AJITO 東海大学前駅の若者向けドロつけ麺

秦野市のラーメン店というのは、屋号こそ沢山あれど、実は市内の別の店のセカンドブランドだったとかそうい

記事を読む

7番ゴールド

伊勢原市 ドレファラシド

味噌ラーメンが特に好きというわけではないのだが、流行っているというか、ジャンルとして定番を外れた決定

記事を読む

つけ麺。ボリューム系ではない

ららぽーと海老名フードコート つけめん久臨

らーめん処を擁する海老名に新たなつけ麺店が登場、ということで、早速ららぽーと海老名まで足を運んできた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑