*

海老名駅 ぎょうてん屋

公開日: : 最終更新日:2013/08/30 グルメ , ,

厚木近辺小田原線沿いでの二郎系ラーメンのチェーンと言えば、ぎょうてん屋。このエリアの主要駅に数店舗あるので、全国区のチェーンなのかと思ってしまうが、そうでもないらしい。厚木の本店(ぎょうてんらーめん)を中心に、東名厚木店、海老名店、町田店、伊勢原店がある。ちなみに厚木本店の場所はこちら。

神奈川県厚木市林1-2-16

まあ、駅徒歩圏ではない。というわけで、ぎょうてん屋で食べたくなったら大抵憎き海老名駅まで出て食べる。

神奈川県海老名市中央1-9-18

海老名駅のぎょうてん屋は、小田急線からも見える駅近にある。ビナウォークの方に行かずに線路沿いを少し歩くと、黄色い目立つ看板があるのですぐわかる。

ぎょうてん屋海老名店

ぎょうてん屋海老名店

ちなみにいつ行っても結構混んでいるような気がする。二郎系は人の本能に手招きをするのだろうね。海老名駅止まりの電車で待ち時間が出来た時など、つい吸い込まれてしまうもの(笑)

ぎょうてん屋は本来、家系のラーメンを出していた。それが二郎ブームに乗っかって、二郎系ラーメンを出すように。そんなぎょうてん屋の名前をとって「ぎ郎」と揶揄されていたら、本当にメニュー名が「ぎ郎」になってしまった。それが今では看板メニューだというから、なんとも。

海老名店では、比較的年齢の高い、おっちゃんと呼んで差し支えないであろう店員が調理をしていた。言葉遣いは荒め。出てきた「ぎ郎」並野菜増し750円はこんな感じ。

海老名店 ぎ郎

海老名店 ぎ郎

カメラのレンズが曇ってしまうほど、野菜がアツアツだ。伊勢原店や町田店では無かったことなので、海老名店の特徴なのだろうか。とにかくこの野菜のおかげで食べにくくはなるが、料理としては変化があって面白い。濃いめ醤油ベースのスープにあつあつのもやしをひたして食べるだけで、ビールも進んでしまいそうだ。

スープの味は、刺すような濃い醤油感がある。厚木以西の味覚に比べれば、まだまだだけど。肉、麺についてはオーソドックスな二郎系かもしれない。やっぱりアツアツの野菜がポイントだね。

ぎょうてん屋はメニューの数が多いというのもポイントなのだけど、同じ時間に店内にいた人は9割ぎ郎を注文していた。二郎系メニューのある店は、大体こんな感じで、少数の数寄者(ラーメンブロガーとも言う)だけが他のメニューを頼むものなのかもしれないね。

関連記事

百菜 野菜つけ麺

海老名ビナウォーク たんめん専門店 百菜

ビナウォークらーめん処には、以前紹介した清勝丸を筆頭として、レベルの高いラーメン店が並んでいる。不人

記事を読む

乳化して泡立っている

東海大学前駅 豚骨ラーメン 脇や

東海大学湘南キャンパス周辺で美味いラーメンを探す。最近は嬉しいことにこれまでの閑散ぶりが嘘であったか

記事を読む

さがみビール 飲み比べ

厚木七沢 さがみビールレストラン セルバジーナ

さがみビールというビールの銘柄がある。盛升という日本酒銘柄の醸造元、黄金井酒造が醸造しているビールで

記事を読む

そば焼き 焼きそばではない

厚木市 日の出製麺所 焼きそばでもない「そば焼き」をいただく

神奈川県道22号という、横浜市磯子区から出て伊勢原市で国道246号に合流する道路がある。この道路は地

記事を読む

秦野じぱんぐ焦がしネギ醤油 

秦野駅 じぱんぐ 魚介焦しネギ醤油

小田急小田原線の秦野駅で降りると、繁華街は主に北側に広がっている。昼時に食事処を探す場合には、どうし

記事を読む

会場レイアウト図

湘南ひらつか七夕まつり2015(2) グルメの祭典たからいち

湘南ひらつか七夕まつりと同時開催で、見附台広場という会場で行われた湘南ひらつか七夕たからいち。七夕ま

記事を読む

青ネギもアクセントに

伍代目哲麺 平塚金目店

哲麺という豚骨ラーメンのチェーンがある。東京都の昭島市に第一号店ができたという哲麺は、お好み焼きの道

記事を読む

壱七家ラーメン650円

壱七家 本厚木店

海老名駅近辺のラーメン屋はレベルが高いと書いてきて、本厚木駅周辺で紹介した2店(オハナ堂・節物語)に

記事を読む

ゐなかうどんスペシャル(1月〜2月)

秦野市 白笹うどん多奈加

関東三大稲荷、白笹稲荷神社の初午祭に行ってきた、というのが前回のお話。そして秦野名水と称される湧き水

記事を読む

小林屋味噌ラーメン500円

小林屋 秦野東海大店 味噌ラーメン500円

東海大学前駅でラーメンを食べようと思うと、イマイチ決定版と言える店がない、と常々書いてきたけれど、最

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑