*

鶴巻温泉駅 手打ちそば信玄

小田急小田原線を小田原方面に本厚木から3駅行くと、鶴巻温泉という駅がある。鶴巻温泉という名前が示すように、温泉が湧いて温泉旅館も数件あるのだが、行楽地となるほどの温泉情緒は皆無、駅名に温泉がついていなければ通常の小田原線の駅との変わりは特にない。

ただ、大山に登山する場合には、登山口の一方の最寄り駅ということで、この駅を降車駅あるいは帰りの乗車駅として利用する登山者が多い。ということで、日帰り温泉施設や、行楽シーズンの金払いの良い客を見込んだ食事処などが、ほんの僅かだが存在する。

今回紹介する「信玄」は、そんな金払いの良い行楽客にグレードの高い蕎麦膳を提供しつつ、地元人気もしっかり掴んでいる蕎麦屋である。また、蕎麦通のネットワークは自治体を越えて存在するため、わざわざこの店の蕎麦を楽しむために鶴巻温泉駅で降りる客もある(私もそうだ)。

神奈川県秦野市鶴巻南2丁目11-2

とは言え、この信玄までは駅から結構歩く。鶴巻温泉駅と東海大学前駅の中間ほどに存在するのだが、どちらの駅からも緩やかな上り坂で10分ほど。車で来店の場合には、隣り合ったセブンイレブンにだだっ広い駐車スペースがあるので、置き場所には困らない。ただし、運転手は酒類がいただけないので、なかなかに悩ましい。

メニューには地のものは少ない。そばの他に地鶏料理なども推されているが、残念ながら大山(だいせん)地鶏を使っており、大山(おおやま)登山帰りとしては紛らわしく、ぬか喜びである。そば粉についても、秦野市は蕎麦産地という話だが、この店では北海道産など別産地のものをあえて使っている。地場産の蕎麦を食べたければ、もう少し足を伸ばして石庄庵まで出るべきか。

手打ち蕎麦信玄 蕎麦膳

手打ち蕎麦信玄 蕎麦膳

頼んだそば膳は、天丼にお新香にアイスクリームがついてきた。天丼はまあ、不可のないまあまあのもの。そばは細めで野趣味がない、ちょっと高級な店で食べられるタイプである。このタイプの蕎麦は、口の中に啜り込んだ時の、少し泡立つような感触を楽しむものだと思うが、その点については辛汁が邪魔をせず、思いのままに泡が立つ好感触である。辛汁にやや酸味あって、特徴と言えば特徴かもしれない。そば湯にはきめ細かい粉の沈殿があり、なかなかに趣深い。

ただのせいろだけであれば、650円から楽しめる。この手の蕎麦屋の中では抜群にお得な価格で、満足感が得られることは間違いない。次に行ったときは、お膳形式にしたとき、値段以上の満足感が得られるメニューを探してみようと思う。

関連記事

虎次郎らーめん 野菜多め

海老名ビナウォーク 虎節

海老名ビナウォークのらーめん処は店のレベルが高く…という話は、もうブログ記事の枕として使いすぎている

記事を読む

7番ゴールド

伊勢原市 ドレファラシド

味噌ラーメンが特に好きというわけではないのだが、流行っているというか、ジャンルとして定番を外れた決定

記事を読む

私の心も捉えられました

本厚木ラーメンの筆頭と言えば… 麺や食堂

本厚木の有名ラーメン店と言えば、何と言っても麺や食堂である。かの有名な集合知である食べログが本厚木ラ

記事を読む

清勝丸 濃厚味噌つけめん

海老名 清勝丸

厚木以西のライバル、海老名およびビナウォークということを書いたけれども、ラーメンばかりは海老名の実力

記事を読む

麺屋AJITO シラフで撮った写真

麺屋 AJITO 東海大学前駅の若者向けドロつけ麺

秦野市のラーメン店というのは、屋号こそ沢山あれど、実は市内の別の店のセカンドブランドだったとかそうい

記事を読む

no image

本厚木ミロードイーストのオープンは5月24日に

アミューあつぎのオープンを見届けた後の、満を持してというべきか。工事中だった小田急本厚木駅の付属施設

記事を読む

落花チェー 原材料

冬の大磯市リポート 磯汁をハシゴして暖まろう!

中郡大磯町で毎月第三日曜日に行われているイベント、大磯市。夏の間は夜市へと姿を変えるものの、基本的に

記事を読む

ゐなかうどんスペシャル(1月〜2月)

秦野市 白笹うどん多奈加

関東三大稲荷、白笹稲荷神社の初午祭に行ってきた、というのが前回のお話。そして秦野名水と称される湧き水

記事を読む

棟同士の隙間とか。会場はショボい筈なのに

湘南T-SITE 藤沢市のでっかい蔦屋書店に行ってきた

海老名市立中央図書館をTSUTAYA図書館として再生させ、株式会社図書館流通センター(TRC)との共

記事を読む

ながたの背脂系ラーメン

海老名ビナウォーク ながた(旧店名虎節)

海老名ビナウォークのらーめん処に、ながたという店名の背脂チャッチャ系ラーメンの店舗が新しくオープンし

記事を読む

Comment

  1. […] 手打ち蕎麦信玄の紹介で言及した鶴巻温泉駅。蕎麦を食べにいくついでにか、あるいは大山登山のついでにかで、駅名にその存在が示唆される、鶴巻温泉とやらに浸かりたくなってしまったとしよう。 […]

  2. […] 手打ち蕎麦信玄で蕎麦をすするため、鶴巻温泉駅で降り、折角なのでと鶴巻温泉を堪能するために弘法の里湯に浸かる。すると施設内に何やら、蕎麦屋があることに気付いた。 こう見えて蕎麦好きな私は、躊躇いなくそのお店、そば処鶴寿庵の暖簾をくぐった。まあ実際、この蕎麦屋が評判だということは以前から耳にしていたのだけれどね。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑