*

鶴巻温泉駅 手打ちそば信玄

小田急小田原線を小田原方面に本厚木から3駅行くと、鶴巻温泉という駅がある。鶴巻温泉という名前が示すように、温泉が湧いて温泉旅館も数件あるのだが、行楽地となるほどの温泉情緒は皆無、駅名に温泉がついていなければ通常の小田原線の駅との変わりは特にない。

ただ、大山に登山する場合には、登山口の一方の最寄り駅ということで、この駅を降車駅あるいは帰りの乗車駅として利用する登山者が多い。ということで、日帰り温泉施設や、行楽シーズンの金払いの良い客を見込んだ食事処などが、ほんの僅かだが存在する。

今回紹介する「信玄」は、そんな金払いの良い行楽客にグレードの高い蕎麦膳を提供しつつ、地元人気もしっかり掴んでいる蕎麦屋である。また、蕎麦通のネットワークは自治体を越えて存在するため、わざわざこの店の蕎麦を楽しむために鶴巻温泉駅で降りる客もある(私もそうだ)。

神奈川県秦野市鶴巻南2丁目11-2

とは言え、この信玄までは駅から結構歩く。鶴巻温泉駅と東海大学前駅の中間ほどに存在するのだが、どちらの駅からも緩やかな上り坂で10分ほど。車で来店の場合には、隣り合ったセブンイレブンにだだっ広い駐車スペースがあるので、置き場所には困らない。ただし、運転手は酒類がいただけないので、なかなかに悩ましい。

メニューには地のものは少ない。そばの他に地鶏料理なども推されているが、残念ながら大山(だいせん)地鶏を使っており、大山(おおやま)登山帰りとしては紛らわしく、ぬか喜びである。そば粉についても、秦野市は蕎麦産地という話だが、この店では北海道産など別産地のものをあえて使っている。地場産の蕎麦を食べたければ、もう少し足を伸ばして石庄庵まで出るべきか。

手打ち蕎麦信玄 蕎麦膳

手打ち蕎麦信玄 蕎麦膳

頼んだそば膳は、天丼にお新香にアイスクリームがついてきた。天丼はまあ、不可のないまあまあのもの。そばは細めで野趣味がない、ちょっと高級な店で食べられるタイプである。このタイプの蕎麦は、口の中に啜り込んだ時の、少し泡立つような感触を楽しむものだと思うが、その点については辛汁が邪魔をせず、思いのままに泡が立つ好感触である。辛汁にやや酸味あって、特徴と言えば特徴かもしれない。そば湯にはきめ細かい粉の沈殿があり、なかなかに趣深い。

ただのせいろだけであれば、650円から楽しめる。この手の蕎麦屋の中では抜群にお得な価格で、満足感が得られることは間違いない。次に行ったときは、お膳形式にしたとき、値段以上の満足感が得られるメニューを探してみようと思う。

関連記事

厚木プレスSENBEIのえびせん

厚木の新名物となるか 厚木プレスSENBEI

厚木の名物ってなんだろう?ゆるキャラのあゆコロちゃんだろうか。あるいは鮎まつりの名称の由来にもなって

記事を読む

海老名店 ぎ郎

海老名駅 ぎょうてん屋

厚木近辺小田原線沿いでの二郎系ラーメンのチェーンと言えば、ぎょうてん屋。このエリアの主要駅に数店舗あ

記事を読む

麺処まさ屋 味噌ラーメン

螢田駅 麺処 まさ屋

小田急小田原線は新松田を越えると、南に一直線に小田原駅を目指す。酒匂川と狩川に挟まれたところにいくつ

記事を読む

パールロードの出迎えは湘南ベルマーレ

湘南ひらつか七夕まつり2015(1) 織り姫パレードを見てきた

今年65回目を迎えた、ひらつか七夕まつり。天気予報は生憎の雨。初日の7月3日(金)などは気持ちのよい

記事を読む

上海謝謝 ラーメン

東海大学前駅 上海謝謝 ラーメン480円

小田急小田原線の東海大学前駅駅前には、付近の東海大学の学生を対象とした、量が自慢の飲食店、値段が自慢

記事を読む

村井弦斎公園

平塚ゆかりの偉人村井弦斎と村井弦斎公園

わりと大きめの自治体には、必ずその自治体がプッシュする偉人がいる。とは言っても、全国の自治体その全て

記事を読む

弘法の里湯

鶴巻温泉 弘法の里湯

手打ち蕎麦信玄の紹介で言及した鶴巻温泉駅。蕎麦を食べにいくついでにか、あるいは大山登山のついでにかで

記事を読む

振る舞われていたどぶろく

秦野どぶろく祭り改め?里山うまいもん楽市に行ってきた

昨年3月、小田急線秦野駅前のまほろば大橋を会場として開催されていた秦野どぶろく祭り。参加者がただで飲

記事を読む

相楽のあんかけもやしそば

本厚木 ラーメン相楽のあんかけもやしそば

なくなりそう、なくなりそうと言われ続けて、なかなかなくならない店というものがある。繁盛し続けているか

記事を読む

大磯港会場入口

『大磯市』 大磯町で毎月行われる湘南・西湘の見本市

厚木以西の(相模川以西の)海沿い地域の中心というと、何を置いてもやはり平塚だ。他の地域と比べて人口が

記事を読む

Comment

  1. […] 手打ち蕎麦信玄の紹介で言及した鶴巻温泉駅。蕎麦を食べにいくついでにか、あるいは大山登山のついでにかで、駅名にその存在が示唆される、鶴巻温泉とやらに浸かりたくなってしまったとしよう。 […]

  2. […] 手打ち蕎麦信玄で蕎麦をすするため、鶴巻温泉駅で降り、折角なのでと鶴巻温泉を堪能するために弘法の里湯に浸かる。すると施設内に何やら、蕎麦屋があることに気付いた。 こう見えて蕎麦好きな私は、躊躇いなくそのお店、そば処鶴寿庵の暖簾をくぐった。まあ実際、この蕎麦屋が評判だということは以前から耳にしていたのだけれどね。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑