*

螢田駅 麺処 まさ屋

小田急小田原線は新松田を越えると、南に一直線に小田原駅を目指す。酒匂川と狩川に挟まれたところにいくつか駅があるのだけれど、どの駅にもあまり知名度が無い。大雄山線も並行して走っているため、小田原方面への足として利用する客も、それほど多くはないだろう。駅舎は大抵こぢんまりとしていて、駅前商店街は昭和な佇まいだ。

螢田駅前にも、かどや酒店をはじめとした古い建物が2,3ある。旅行者が途中下車して見るほど珍しいものはないかもしれないが、気が向いたら降りてさまよってみると面白いだろう。

そんな螢田駅に近いところの、味噌ラーメンの店麺処まさ屋が今回の紹介店。

神奈川県小田原市蓮正寺298-1

線路沿いの道を歩いていて気付いたくらいなので、のぼりくらいは出ていたかもしれない。比較的新しめの店で、内装は綺麗。店内には先客がたくさんおり、どうやら賑わっている店のようだ。

麺処まさ屋 外観

麺処まさ屋 外観

札幌風の味噌ラーメンが売りの店のようで、西山製麺を使っているということが暖簾に書かれている。メニューは味噌、こってり味噌、辛味噌と味噌味のバリエーションが多い。こってり味噌には背脂が投入されるらしく、暑い日に味噌、さらに背脂となるとなかなか苦行なので、普通の味噌を頼んだ。

麺処まさ屋 味噌ラーメン

麺処まさ屋 味噌ラーメン

まず見た目が期待できる色だ。黄金色に近い。それにスープの質感も、サラサラとしたものでなく、ドロドロとしたもののように見える。満足感がありそうだ。
実際にスープをすすってみると、味噌とんこつのような複雑な味の重なりはない、一本気な味噌味ではあるけれど、辛すぎず丁度良い。それにこちらも鮮やかな黄色をした縮れ麺と良く合っている。麺自体の香りを殺さない。
具はもやしとチャーシュー、メンマに細かく刻まれたネギ。何か特筆して素晴らしいところがあるラーメンというわけではないけれど(味噌の香りが独特とか、チャーシューにこだわりとかね)、とりあえず綺麗にまとまった札幌味噌ラーメンを食べようと思ったら、良い店ではないかと思う。札幌味噌ラーメンののぼりに期待して入って、ガッカリしない。これ大事。

関連記事

池のほとりに店がずらり並ぶ

『カミイチ』 小田原市の上府中公園を舞台としたクラフト市

JR御殿場線の下曽我駅の西側に、市民球場である小田原球場を抱えた上府中公園というスポットがある。元々

記事を読む

7番ゴールド

伊勢原市 ドレファラシド

味噌ラーメンが特に好きというわけではないのだが、流行っているというか、ジャンルとして定番を外れた決定

記事を読む

尾壱家醤油ラーメン

尾壱家 辻堂店

相模川より西側のカルチャーに毎回スポットを当てて紹介するサイト、厚木以西.net。今回の紹介はJR東

記事を読む

私の心も捉えられました

本厚木ラーメンの筆頭と言えば… 麺や食堂

本厚木の有名ラーメン店と言えば、何と言っても麺や食堂である。かの有名な集合知である食べログが本厚木ラ

記事を読む

つけ麺。ボリューム系ではない

ららぽーと海老名フードコート つけめん久臨

らーめん処を擁する海老名に新たなつけ麺店が登場、ということで、早速ららぽーと海老名まで足を運んできた

記事を読む

どぶろくまつりフラッグ

秦野駅前まほろば大橋での秦野どぶろく祭りレポ

秦野市で毎年3月になると行われる、秦野どぶろく祭り。祭の規模としてはとても小さく、町内会祭りレベルで

記事を読む

Aちゃんぽんでこのサイズ

さがみ野駅”博多どんたく”でデカ盛ちゃんぽんを

本厚木駅からちょっとした用事のため相鉄本線の駅に出ようとすると、海老名駅での乗り換えが必要になりほぞ

記事を読む

壱七家ラーメン650円

壱七家 本厚木店

海老名駅近辺のラーメン屋はレベルが高いと書いてきて、本厚木駅周辺で紹介した2店(オハナ堂・節物語)に

記事を読む

乳化して泡立っている

東海大学前駅 豚骨ラーメン 脇や

東海大学湘南キャンパス周辺で美味いラーメンを探す。最近は嬉しいことにこれまでの閑散ぶりが嘘であったか

記事を読む

右にクジラ?のモニュメントが

ムール ア・ラ ムール 湘南小麦プロジェクトのパン屋

以前紹介した、伊勢原市三ノ宮の奇妙なセブンイレブンしかり。日本一まずいラーメン屋しかり。伊勢原市には

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑