*

螢田駅 麺処 まさ屋

小田急小田原線は新松田を越えると、南に一直線に小田原駅を目指す。酒匂川と狩川に挟まれたところにいくつか駅があるのだけれど、どの駅にもあまり知名度が無い。大雄山線も並行して走っているため、小田原方面への足として利用する客も、それほど多くはないだろう。駅舎は大抵こぢんまりとしていて、駅前商店街は昭和な佇まいだ。

螢田駅前にも、かどや酒店をはじめとした古い建物が2,3ある。旅行者が途中下車して見るほど珍しいものはないかもしれないが、気が向いたら降りてさまよってみると面白いだろう。

そんな螢田駅に近いところの、味噌ラーメンの店麺処まさ屋が今回の紹介店。

神奈川県小田原市蓮正寺298-1

線路沿いの道を歩いていて気付いたくらいなので、のぼりくらいは出ていたかもしれない。比較的新しめの店で、内装は綺麗。店内には先客がたくさんおり、どうやら賑わっている店のようだ。

麺処まさ屋 外観

麺処まさ屋 外観

札幌風の味噌ラーメンが売りの店のようで、西山製麺を使っているということが暖簾に書かれている。メニューは味噌、こってり味噌、辛味噌と味噌味のバリエーションが多い。こってり味噌には背脂が投入されるらしく、暑い日に味噌、さらに背脂となるとなかなか苦行なので、普通の味噌を頼んだ。

麺処まさ屋 味噌ラーメン

麺処まさ屋 味噌ラーメン

まず見た目が期待できる色だ。黄金色に近い。それにスープの質感も、サラサラとしたものでなく、ドロドロとしたもののように見える。満足感がありそうだ。
実際にスープをすすってみると、味噌とんこつのような複雑な味の重なりはない、一本気な味噌味ではあるけれど、辛すぎず丁度良い。それにこちらも鮮やかな黄色をした縮れ麺と良く合っている。麺自体の香りを殺さない。
具はもやしとチャーシュー、メンマに細かく刻まれたネギ。何か特筆して素晴らしいところがあるラーメンというわけではないけれど(味噌の香りが独特とか、チャーシューにこだわりとかね)、とりあえず綺麗にまとまった札幌味噌ラーメンを食べようと思ったら、良い店ではないかと思う。札幌味噌ラーメンののぼりに期待して入って、ガッカリしない。これ大事。

関連記事

鶴巻温泉 鶴寿庵 もり

鶴巻温泉弘法の里湯 そば処鶴寿庵

手打ち蕎麦信玄で蕎麦をすするため、鶴巻温泉駅で降り、折角なのでと鶴巻温泉を堪能するために弘法の里湯に

記事を読む

村井弦斎公園

平塚ゆかりの偉人村井弦斎と村井弦斎公園

わりと大きめの自治体には、必ずその自治体がプッシュする偉人がいる。とは言っても、全国の自治体その全て

記事を読む

右にクジラ?のモニュメントが

ムール ア・ラ ムール 湘南小麦プロジェクトのパン屋

以前紹介した、伊勢原市三ノ宮の奇妙なセブンイレブンしかり。日本一まずいラーメン屋しかり。伊勢原市には

記事を読む

弦斎カレーパン

平塚名物グルメ 弦斎カレーパン

平塚に関わりのある偉人村井弦斎について、平成になってから平塚市がプッシュを始めたということを紹介した

記事を読む

無法松の相州赤味噌ラーメン

鶴巻温泉駅 無法松 相州赤味噌ラーメン

東海大学湘南キャンパス周辺で、うまくて安いラーメン屋を捜索中!といういつもの常套句。最近は新規出店が

記事を読む

虎次郎らーめん 野菜多め

海老名ビナウォーク 虎節

海老名ビナウォークのらーめん処は店のレベルが高く…という話は、もうブログ記事の枕として使いすぎている

記事を読む

そば焼き 焼きそばではない

厚木市 日の出製麺所 焼きそばでもない「そば焼き」をいただく

神奈川県道22号という、横浜市磯子区から出て伊勢原市で国道246号に合流する道路がある。この道路は地

記事を読む

日の出製麺所謹製味噌ラーメン

日の出製麺所に再訪 今度は味の味噌一直系の味噌ラーメンを食べる

以前とってもジャンクなメニュー、"そば焼き"をレポートした厚木の日の出製麺所。どうもこのお店は平塚市

記事を読む

上海謝謝 ラーメン

東海大学前駅 上海謝謝 ラーメン480円

小田急小田原線の東海大学前駅駅前には、付近の東海大学の学生を対象とした、量が自慢の飲食店、値段が自慢

記事を読む

利しりのオロチョンラーメン

日本一まずい! オロチョンラーメン利しり 伊勢原店

店の売り文句として、"日本一まずい"ことを掲げるラーメン店。こういう売り文句を見ると、安易に日本一を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑