*

伊勢原市 ドレファラシド

味噌ラーメンが特に好きというわけではないのだが、流行っているというか、ジャンルとして定番を外れた決定打が無いため、新規挑戦店が多く、そんな店には入ってみたくなるのである。

神奈川県伊勢原市桜台4-27-22

小田急小田原線の伊勢原駅をずっと南下し、伊勢原中を越えた辺りに、ドレファラシドという店がある。ドレファラシドという名前は、一瞬頭をひねって考える必要があるが、要するに「ミソ」が抜けた店という事だ。きっと。そして、店の壁にはらーめん研究所という文字も書かれている。らーめん研究所は、行った事が無いのだが厚木の有名店ということらしい。厚木と言っても、県道22号沿いなので厚木市の外れも外れ。行動半径に無いから、中々行きにくい。

ドレファラシド外観

ドレファラシド外観

らーめん研究所と共通のシステムとして、らーめんにそれぞれ番号が振られている。この店では7番から12、3番くらいまであるらしいが、おそらくベーシックな味噌らーめんだと思われる「7番ゴールド」を注文してみる。780円なので、少し贅沢だね。

7番ゴールド

7番ゴールド

7番ゴールドには、こんもりともやしが盛られて出てきた。まあ、こんもりと言っても、二郎系のような満腹になる程ではない。

で、確かに、このもやしと肉を炒めた具は非常に旨い。肉の味が感じられる、他の店では食べられない味噌ラーメンの具という感じはする。けれども、丁度焼肉店などで焼肉を食べた時のような、肉の香りを楽しんだという満足感、これがこの味噌ラーメンの特徴で終わっているような気がする。なんというか、別にこの具が乗っていれば味噌ラーメンでなくても良かったのではないかね。

味噌ラーメンの新店に入ってはがっかりして帰る事が多いのだが、その中では少し期待の持てる店だった。他の番号にアタリはあるかもしれない。

関連記事

麺屋AJITO シラフで撮った写真

麺屋 AJITO 東海大学前駅の若者向けドロつけ麺

秦野市のラーメン店というのは、屋号こそ沢山あれど、実は市内の別の店のセカンドブランドだったとかそうい

記事を読む

青ネギもアクセントに

伍代目哲麺 平塚金目店

哲麺という豚骨ラーメンのチェーンがある。東京都の昭島市に第一号店ができたという哲麺は、お好み焼きの道

記事を読む

日の出製麺所謹製味噌ラーメン

日の出製麺所に再訪 今度は味の味噌一直系の味噌ラーメンを食べる

以前とってもジャンクなメニュー、"そば焼き"をレポートした厚木の日の出製麺所。どうもこのお店は平塚市

記事を読む

弦斎カレーパン

平塚名物グルメ 弦斎カレーパン

平塚に関わりのある偉人村井弦斎について、平成になってから平塚市がプッシュを始めたということを紹介した

記事を読む

中央通りの模擬店と樹々

東海大学の学園祭”建学祭”はグルメの祭典でもあった件

厚木以西エリアにある巨大な大学キャンパスといえば、なんといっても東海大学の湘南キャンパスである。この

記事を読む

小林屋味噌ラーメン500円

小林屋 秦野東海大店 味噌ラーメン500円

東海大学前駅でラーメンを食べようと思うと、イマイチ決定版と言える店がない、と常々書いてきたけれど、最

記事を読む

虎次郎らーめん 野菜多め

海老名ビナウォーク 虎節

海老名ビナウォークのらーめん処は店のレベルが高く…という話は、もうブログ記事の枕として使いすぎている

記事を読む

会場レイアウト図

湘南ひらつか七夕まつり2015(2) グルメの祭典たからいち

湘南ひらつか七夕まつりと同時開催で、見附台広場という会場で行われた湘南ひらつか七夕たからいち。七夕ま

記事を読む

ながたの背脂系ラーメン

海老名ビナウォーク ながた(旧店名虎節)

海老名ビナウォークのらーめん処に、ながたという店名の背脂チャッチャ系ラーメンの店舗が新しくオープンし

記事を読む

清勝丸 濃厚味噌つけめん

海老名 清勝丸

厚木以西のライバル、海老名およびビナウォークということを書いたけれども、ラーメンばかりは海老名の実力

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑