*

麺屋 AJITO 東海大学前駅の若者向けドロつけ麺

秦野市のラーメン店というのは、屋号こそ沢山あれど、実は市内の別の店のセカンドブランドだったとかそういったことが非常に多い。今回紹介する東海大学前駅の麺屋AJITOも、一駅隣の鶴巻温泉駅の駅前にあるめん屋弘法という店と同じ系列で、元はと言えば弘法に名前を変える前の二宮という店のセカンドブランドであったようだ。
元二宮、現弘法のラーメンの感想は、一言で言えば厚木以西味覚だなというものだが、濃厚ドロつけ麺をうたっているAJITOはいかがなものだろうと興味があったので、閉店間際にのれんをくぐった。何故閉店間際なのかというと、少々酒など飲み歩いていたから。酩酊しつつの感想なので、話半分でお読みいただきたい。

神奈川県秦野市南矢名1-14-31

このラーメン店、AJITOと名が付いているだけあって、場所が分かりにくい。東海大学前駅の駅前通り側からはアクセスできず、一度餃子房ふーがの道に逸れて、最初の脇道に入らないといけない。通り沿いに大きな看板なども無いので、リピーターでも3回目くらいまでは迷うだろう。

麺屋AJITO シラフで撮った写真

麺屋AJITO シラフで撮った写真

店内は閉店間際でも若者がうじゃうじゃ。やはり飲み歩いた後なのか、テーブルを囲んで人生相談なんかをしている。液晶ディスプレイに、MTVのミュージックビデオか何かの映像が垂れ流されている。独特の空間だ。
店の売りであろう、魚介豚骨ドロつけ麺をオーダー。店内の人口の多さから結構時間がかかると思っていたのだが、割とあっさり出てきた。ミュージックビデオに気を取られていたから短時間に感じたのかもしれない。

麺は太麺だけれど、うどんっぽいというよりは(茹でて取り置いておいた)パスタみたいな感じ。スープとは自然に絡む。魚介豚骨のスープは確かに看板通りのドロドロだけれど、味の方ではあんまり印象に残らないかな。食べているうちにやはり弘法を思い出した。何か贔屓するにはひと味足りない感じか。まあ今度またシラフで食べにいってみよう。

ドロつけ麺(700円)プッシュのせいでついつけ麺を頼んでしまうけれど、ラーメンは580円でギリギリ学生街価格とも言えるので、東海大学前駅激安グルメ調査のためにいずれ試さなければならないかもしれない。

関連記事

麺処直久の純鶏らーめん

海老名ビナウォーク 麺処直久

最近テナントが落ち着いてきた感のある、海老名ビナウォークのラーメン処。以前松任製麺があった場所に、今

記事を読む

壱七家ラーメン650円

壱七家 本厚木店

海老名駅近辺のラーメン屋はレベルが高いと書いてきて、本厚木駅周辺で紹介した2店(オハナ堂・節物語)に

記事を読む

セブンイレブン伊勢原三ノ宮店

コンビニの皮をかぶった物産セレクトショップ セブンイレブン伊勢原三ノ宮店

コンビニエンスストアといえば、全国のどこの店舗に行ってもお決まりの商品が取り揃えられている、画一性の

記事を読む

相楽のあんかけもやしそば

本厚木 ラーメン相楽のあんかけもやしそば

なくなりそう、なくなりそうと言われ続けて、なかなかなくならない店というものがある。繁盛し続けているか

記事を読む

福屋 福らーめん700円

東海大学前駅 らーめん福屋

東海大学前駅の大通りの両側には、学生向けの安価&量が多めの飲食店が立ち並ぶ…といったことは、既に上海

記事を読む

薬膳スープ餃子

東海大学前駅 餃子房ふーが

小田急小田原線の東海大学前駅で下車し、南口から小田原方面の線路沿いに出る。駅のすぐ横には踏切があるの

記事を読む

落花チェー 原材料

冬の大磯市リポート 磯汁をハシゴして暖まろう!

中郡大磯町で毎月第三日曜日に行われているイベント、大磯市。夏の間は夜市へと姿を変えるものの、基本的に

記事を読む

ゐなかうどんスペシャル(1月〜2月)

秦野市 白笹うどん多奈加

関東三大稲荷、白笹稲荷神社の初午祭に行ってきた、というのが前回のお話。そして秦野名水と称される湧き水

記事を読む

上海謝謝 ラーメン

東海大学前駅 上海謝謝 ラーメン480円

小田急小田原線の東海大学前駅駅前には、付近の東海大学の学生を対象とした、量が自慢の飲食店、値段が自慢

記事を読む

本厚木のシンボルとなるか

アミューあつぎオープニングイベントや映画.comシネマの上映スケジュール公開

いよいよ4月26日(土)のオープンまで後一週間を切ったアミューあつぎ。ここのところオープンのための準

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑