*

麺屋 AJITO 東海大学前駅の若者向けドロつけ麺

秦野市のラーメン店というのは、屋号こそ沢山あれど、実は市内の別の店のセカンドブランドだったとかそういったことが非常に多い。今回紹介する東海大学前駅の麺屋AJITOも、一駅隣の鶴巻温泉駅の駅前にあるめん屋弘法という店と同じ系列で、元はと言えば弘法に名前を変える前の二宮という店のセカンドブランドであったようだ。
元二宮、現弘法のラーメンの感想は、一言で言えば厚木以西味覚だなというものだが、濃厚ドロつけ麺をうたっているAJITOはいかがなものだろうと興味があったので、閉店間際にのれんをくぐった。何故閉店間際なのかというと、少々酒など飲み歩いていたから。酩酊しつつの感想なので、話半分でお読みいただきたい。

神奈川県秦野市南矢名1-14-31

このラーメン店、AJITOと名が付いているだけあって、場所が分かりにくい。東海大学前駅の駅前通り側からはアクセスできず、一度餃子房ふーがの道に逸れて、最初の脇道に入らないといけない。通り沿いに大きな看板なども無いので、リピーターでも3回目くらいまでは迷うだろう。

麺屋AJITO シラフで撮った写真

麺屋AJITO シラフで撮った写真

店内は閉店間際でも若者がうじゃうじゃ。やはり飲み歩いた後なのか、テーブルを囲んで人生相談なんかをしている。液晶ディスプレイに、MTVのミュージックビデオか何かの映像が垂れ流されている。独特の空間だ。
店の売りであろう、魚介豚骨ドロつけ麺をオーダー。店内の人口の多さから結構時間がかかると思っていたのだが、割とあっさり出てきた。ミュージックビデオに気を取られていたから短時間に感じたのかもしれない。

麺は太麺だけれど、うどんっぽいというよりは(茹でて取り置いておいた)パスタみたいな感じ。スープとは自然に絡む。魚介豚骨のスープは確かに看板通りのドロドロだけれど、味の方ではあんまり印象に残らないかな。食べているうちにやはり弘法を思い出した。何か贔屓するにはひと味足りない感じか。まあ今度またシラフで食べにいってみよう。

ドロつけ麺(700円)プッシュのせいでついつけ麺を頼んでしまうけれど、ラーメンは580円でギリギリ学生街価格とも言えるので、東海大学前駅激安グルメ調査のためにいずれ試さなければならないかもしれない。

関連記事

no image

厚木以西の味覚

厚木を越えてビックリすること グローバル化が叫ばれる時代、世界中のどこに行ってもフランチャイズ

記事を読む

福屋 福らーめん700円

東海大学前駅 らーめん福屋

東海大学前駅の大通りの両側には、学生向けの安価&量が多めの飲食店が立ち並ぶ…といったことは、既に上海

記事を読む

ラーメン研究所のラーメン(1/108)

厚木市 らーめん研究所 客が味の組み合わせを選ぶシステム

味噌ラーメンドレファラシドの紹介で言及していた、らーめん研究所というラーメン店。その本店は、日の出製

記事を読む

えぼし麺 見た目はそこまで破綻していない

茅ヶ崎駅 菜良 二郎インスパイア系「えぼし麺」が美味い!

茅ヶ崎市と言えば、えぼし岩がシンボル。駅ホームにえぼし岩をかたどったオブジェがあったり、車止めがえぼ

記事を読む

壱七家ラーメン650円

壱七家 本厚木店

海老名駅近辺のラーメン屋はレベルが高いと書いてきて、本厚木駅周辺で紹介した2店(オハナ堂・節物語)に

記事を読む

公園内は他のイベント同様盛り上がっている

第69回あつぎ鮎まつりレポート 鮎まつりの2日目って何やってるの?

1つ前の投稿から分かるとおり、8月1日(土)の神奈川県花火大会5大会同時開催デーには小田原市の酒匂川

記事を読む

薬膳スープ餃子

東海大学前駅 餃子房ふーが

小田急小田原線の東海大学前駅で下車し、南口から小田原方面の線路沿いに出る。駅のすぐ横には踏切があるの

記事を読む

どぶろくまつりフラッグ

秦野駅前まほろば大橋での秦野どぶろく祭りレポ

秦野市で毎年3月になると行われる、秦野どぶろく祭り。祭の規模としてはとても小さく、町内会祭りレベルで

記事を読む

パールロードの出迎えは湘南ベルマーレ

湘南ひらつか七夕まつり2015(1) 織り姫パレードを見てきた

今年65回目を迎えた、ひらつか七夕まつり。天気予報は生憎の雨。初日の7月3日(金)などは気持ちのよい

記事を読む

鶴巻温泉 鶴寿庵 もり

鶴巻温泉弘法の里湯 そば処鶴寿庵

手打ち蕎麦信玄で蕎麦をすするため、鶴巻温泉駅で降り、折角なのでと鶴巻温泉を堪能するために弘法の里湯に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑