*

湘南ひらつか花火大会 夏を締めくくる超穴場花火大会に行ってきた

湘南の花火大会と言えば、茅ヶ崎の花火大会や江ノ島の花火大会など候補が思い浮かぶ。さらに視点を神奈川県全域に拡げるならば、この間レポートをしたあつぎ鮎まつりの花火大会、横浜市で行われる神奈川新聞社の花火大会、相模原市の花火大会なども思い浮かぶ。
こうして数えてみると、神奈川県で行われる花火大会の数はかなり多い。ここで挙げた大会はどの大会も花火の玉数が多かったり、夏のビーチのイメージが訴求的であったりで、神奈川県中から押し寄せる人波で混雑の予想される大会である。それ故に、花火をじっくり鑑賞するためには早い時間からの場所取りが肝心で、開場直前になってから絶好の鑑賞地点を確保するのは容易ではない。

平塚の花火大会は席取りが容易

一方、平塚市で行われる湘南ひらつか花火大会という大会は、開催時期が近隣の花火大会が全て終了した後であるということもあり、席取りが容易かつボリュームも十分な、超穴場の花火大会である。打ち上げ玉数は3000発と神奈川新聞花火大会の1万5000発、あつぎ鮎まつり大花火大会の1万発、相模原納涼花火大会の8000発などに劣るが、開催時間が1時間であるため、ギュッと濃縮された中身の濃い花火が楽しめる。
湘南ひらつか花火大会がいかに穴場の花火大会であるか、実際に行ってきたレポートをもとに紹介しよう。

湘南ひらつか花火大会 開催場所は湘南潮来

先程書いた通り、開催時間が1時間という湘南ひらつか花火大会は、19:30からとやや遅めの開始である。辺りが暗くなり始めると、平塚駅方面から開催場所の湘南潮来に向かう人の流れが出来る。

花火大会の露店

花火大会の露店

湘南潮来というのは平塚八景にも選ばれた、相模川河口地帯の事を指すが、実際に花火の打ち上げが行われるのは河口より西にある砂浜である。この砂浜は以前レポートした須賀のまつりで、神輿が海に飛び込んだ砂浜ということになる。
平塚の花火大会の特徴として、打ち上げ場所の砂浜に対して周辺が丘状に高くなっているということがある。そのため、花火を観覧できるスポットは非常に広い。湘南潮来と言って通常想像されるような相模川河口地帯からも難なく眺める事が出来るため、実際その辺りが自由観覧エリアの一つに指定されていたりもする。
その他、遠く湘南平から眺めるという方法もあるらしい。このように観覧できるスポットが多いという事で、混雑が分散される。これが平塚の花火大会で席がとり易い理由だ。

開演10分前でも、打ち上げ地点の目の前を確保できた!

打ち上げ地点の目の前には、やはり有料鑑賞エリアやスポンサー鑑賞エリアが用意されており、入場制限がされている。ただ、そうしたエリアの左右にある一般鑑賞エリアからも、障害物などなく打ち上げ筒を見る事が出来る。そして、それほど混みあっていない。砂浜の上に敷くシートや折りたたみチェアのようなものが用意できるならば、気持ち良い海風を浴びつつ花火を目前に鑑賞する事が可能だ。
実際開演10分前に行って、ゆうゆうと席を確保する事が出来た。他の花火大会では考えられないことだろう。市長挨拶の後さくっと開演。

スターマイン多め、飽きる頃には終わる花火大会

花火の玉数が少なめの(3000発は充分と言えるけれど)大会だと、勿体つけた打ち上げで最初のうちは盛り上がらないということがままある。その点、平塚の花火大会では序盤から大きな玉を打ち上げていく。打ち上げ場所が非常に近くにあるため、打ち上げ時の音で花火の大きさが予想できる。「これはきっと大きいぞ」的な期待をして、そのとおり大輪の花火が夜空に開くと喝采が送られていた。

打ち上げ地点からこの近さ

打ち上げ地点からこの近さ

プログラムはオープニング花火を除いてスターマインである。スターマインの総括として最後に音楽と同期するスターマインが打ち上げられる。曲目はAKBやサザンオールスターズ、アナ雪、フィナーレはB’zのウルトラソウルであった。

花火はかなり海風に流されていた

花火はかなり海風に流されていた

プログラムの密度が濃く短いため、カップルで行って花火疲れをして雰囲気を悪くしてしまうことも無いはずである。閉場と同時にすぐ帰ろうとすると駅方面に向けて多少の混雑があるが、時間をずらせばそれほど人混みに巻き込まれない。
人混みに巻き込まれるのが趣味というわけでなければ、このように平塚の花火大会は良いこと尽くめでオススメなのである。

関連記事

白笹稲荷神社初午祭の参拝列

関東三大稲荷 白笹稲荷神社の初午祭に行ってきた

日本三大稲荷と言えば、伏見稲荷とその他2社(チョイスはご自由にどうぞ)。一方関東地方という括りでも、

記事を読む

アミューのオープンを撮影していた

アミューあつぎのグランドオープンに行ってきた!

4月26日(土)10:00、新生本厚木の象徴であるアミューあつぎがついにグランドオープンした。 実

記事を読む

冬に訪れてもこれだけ茂っていた

厳島湿生公園 中井町の貴重な観光資産

足柄上郡中井町という小さな町がある。面積は20㎢ほど。総人口は1万人に満たない小さな町で、東名高速道

記事を読む

飛び交うトンビと砂防林と

平塚SunSunマルシェ 毎月第二日曜に草むら会場で

お隣の茅ヶ崎市でアロハマーケットをやっていた一方、相模川を挟んで西側にある平塚市では、毎月第二日曜日

記事を読む

本厚木のシンボルとなるか

アミューあつぎ鮎まつりフェアがスタート 抽選で花火大会席が当たる!

そのオープン以来、インターネットやSNSでの広報の弱さが気になっていたアミューあつぎだけれども、7月

記事を読む

大磯港会場入口

『大磯市』 大磯町で毎月行われる湘南・西湘の見本市

厚木以西の(相模川以西の)海沿い地域の中心というと、何を置いてもやはり平塚だ。他の地域と比べて人口が

記事を読む

公園内は他のイベント同様盛り上がっている

第69回あつぎ鮎まつりレポート 鮎まつりの2日目って何やってるの?

1つ前の投稿から分かるとおり、8月1日(土)の神奈川県花火大会5大会同時開催デーには小田原市の酒匂川

記事を読む

乳牛神輿の提灯は二段

曾屋神社(秦野市)神幸祭の神輿巡行を見てきた

小田急小田原線本厚木駅以西のよく分からなさを象徴するような地域、秦野。秦野があるのは秦野盆地と呼ばれ

記事を読む

グルメフェスタのゲート

かながわグルメフェスタ2017in厚木に行ってきた

本厚木の厚木中央公園を中心会場として4月に行われるグルメイベント、かながわグルメフェスタ。端的に言う

記事を読む

厚木神社

火事のあった厚木神社など アミューグランドオープンの陰で

アミューあつぎのオープンと、同時に行われた3つのイベントなどで本厚木の中心部が盛り上がっている頃、東

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑