*

中井町厳島湿生公園 『竹灯籠の夕べ』とホタル

公開日: : イベント, 季節, 寺社 ,

小田原市上府中公園で5月の『カミイチ』が行われたのと同じ5月24日(土)、隣接する足柄上郡中井町でもイベントが行われた。こちらのイベントは以前紹介した厳島湿生公園で毎年行われる、『竹灯籠の夕べ』である。

神奈川県足柄上郡中井町井ノ口1310

竹灯籠の夕べ 早めに現地入りして公園を楽しむ

厳島湿生公園の売りは、以前も紹介したとおり湧き水の作る池に生息する多種多様な動植物だ。以前訪れたのは冬の寒い時期であったため、湿地の雑多な感じは控えめであった。夏にはまた夏の顔が観察できるだろうと思い、まだ日が暮れないうちに訪れることにしたのだ。
そんな早めの現地入りだったのに関わらず、撮影場所を確保するカメラマンがかなりいた。この時点では、小規模なイベントなのに、余程写真が好きな近隣の方が多いのだろう、というくらいにしか感じていなかった。

撮影スポットに沢山の三脚が

撮影スポットに沢山の三脚が

竹灯籠のセッティングは完了しており、公園のそこかしこに切り取られた竹と、その中にロウソク、それにおそらく燃料のアルコール(酒?)が入れられていた。明かりが点けられたときの見え方を考えて、灯籠の配置も様々である。

2014年と中井町章だろうか

2014年と中井町章だろうか

竹灯籠舟

竹灯籠舟

ちなみに、池の中心に配置された灯籠をどうやって設置しているのかというと、ゴムズックを履いた人が直接設置しに行くわけである。したがって準備中の池では、泥が舞い上がり水中観察が難しくもなっていた。

形状も様々な竹灯籠

形状も様々な竹灯籠

夏を迎えた湿生公園の植物は、他では見たことのない不思議な形状のものが多かった。

水中植物なのか水上植物なのか

水中植物なのか水上植物なのか

鉢で沈められているのだろうか

鉢で沈められているのだろうか

スポンジのような苔

スポンジのような苔

動物も、水中に目を凝らすと様々なものが観察できた。小魚、ザリガニ、昆虫など。一見すると何もいないように見える部分も、目を凝らすことで住民を発見することができる。ずっと眺めていても飽きがくることがなかった。

泳ぐアオダイショウ

泳ぐアオダイショウ

厳島湿生公園はホタルの観察場所としても有名

厳島湿生公園には、公園に整備された際にゲンジボタルとヘイケボタルが放流されている。明るい頃合いには成虫の存在を確認することができなかったが、水面にはホタルの幼虫が浮かんでいた。

ホタル放流のお知らせ

ホタル放流のお知らせ

ホタルの幼虫が水面に

ホタルの幼虫が水面に

点火〜開幕 そして会場は凄い人出に

18:00が開幕となるのだが、17:30から点火開始ということで、来場者の内希望者にチャッカマンが貸し出される。当日の風はかなり強く、火をつけてもまもなく消えてしまうという事が多かったので、来場者はチャッカマンを持ち歩き、再点灯のために公園内をウロウロ歩く羽目になっていた。シーシュポスの岩や賽の河原を思わず連想する。

「中井」の竹灯籠

「中井」の竹灯籠

灯籠に火が入れられる

灯籠に火が入れられる

開幕後に挨拶の席が設けられた。挨拶でも触れられていたが、小さな公園のイベントに似つかわしくないとんでもない人出があった。大勢が点火の苦行のために狭い木道を練り歩くので、移動するのも大変という状態。
挨拶が終わり、大正琴の演奏がBGMとして流され始めると、あとはイベントとして盛り上がるところもなく、ただひたすら暗くなっていくのをゆっくり待つという具合だった。リピーターを獲得するために、もう少し来場者を飽きさせないための演目があっても良いだろうと感じた。

出店で中井町名物

会場の奥には出店の区画があり、ビールやB級グルメ、地場産野菜などが販売されていた。中井町の名物らしきものということで、竹の子を使った孟宗汁と、玉こんにゃくなどをいただく。

名物の孟宗汁らしい

名物の孟宗汁らしい

こちらは玉こんにゃく

こちらは玉こんにゃく

とっぷり暮れて、ホタルの登場を待つなど

開幕から1時間ほどで、段々と人の顔が判別できないくらいの暗さになる。無数に灯る明かりは少し現実感を失わせる。

とっぷり日が暮れて光が溢れる

とっぷり日が暮れて光が溢れる

「中井」は燃えているか

「中井」は燃えているか

ホタルの放流地前の木道には、登場を待ちわびる来場者が沢山。結構じらしてくれた後に、1匹、2匹と点灯し、こちらは点灯のたびに歓声が上がる。子供も大人も無邪気に喜んでいた。合計で20匹以上は飛び交っていたのではないかな。

竹灯籠の夕べは、灯籠が美しく輝くまで”待ち”、ホタルが姿を現すまで”待つ”、待ちの部分が多いイベントであると感じた。それを楽しく捉えられるならばオススメであるが、若い恋人同士などがロマンチックな時間を過ごしたい場合には、盛り上がりがなくて少し退屈かもしれない。

関連記事

にわかに日本チャンピオンと結びつかない佇まい

焙煎日本一職人が平塚に!? いつか珈琲屋

あなたの街にもきっといるはず、日本一の人が。というわけで、あまり日本一の人を排出していないイメージも

記事を読む

アミューのオープンを撮影していた

アミューあつぎのグランドオープンに行ってきた!

4月26日(土)10:00、新生本厚木の象徴であるアミューあつぎがついにグランドオープンした。 実

記事を読む

本厚木駅イルミネーション

本厚木駅前クリスマスイルミネーション

青色LEDの発明が転機となってか、あるいは東日本大震災以降の省エネ志向の影響なのか、近頃のクリスマス

記事を読む

ゐなかうどんスペシャル(1月〜2月)

秦野市 白笹うどん多奈加

関東三大稲荷、白笹稲荷神社の初午祭に行ってきた、というのが前回のお話。そして秦野名水と称される湧き水

記事を読む

開場時間前のフライング販売

厚木市地ビールメーカー サンクトガーレンのブルワリー開放デーに行ってきた

ちょくちょく話題に出している、厚木市の地ビールメーカー事情。厚木市は丹沢からの地下水を仕込み水として

記事を読む

富士山と菜の花

二宮町吾妻山公園 菜の花ウォッチングに行ってきた

二宮町の観光名所吾妻山公園からは、西湘の海を見渡せる上に遠く富士山を拝むことが出来る。加えて訪れる時

記事を読む

佐々木秀尚Group

厚木ジャズナイト2017に行ってきた

毎年夏休みが終わりそうになると、我らが本厚木のはとぽっぽ公園ステージにて、厚木ジャズナイトと呼ばれる

記事を読む

白笹稲荷神社初午祭の参拝列

関東三大稲荷 白笹稲荷神社の初午祭に行ってきた

日本三大稲荷と言えば、伏見稲荷とその他2社(チョイスはご自由にどうぞ)。一方関東地方という括りでも、

記事を読む

展望台と桜と富士山(天気…)

秦野桜まつり 弘法山公園会場2000本の桜

秦野市東部、国道246号線が通る北側の地域と、小田急小田原線が通る南側の地域を分け隔てるように存在す

記事を読む

冬に訪れてもこれだけ茂っていた

厳島湿生公園 中井町の貴重な観光資産

足柄上郡中井町という小さな町がある。面積は20㎢ほど。総人口は1万人に満たない小さな町で、東名高速道

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑