*

第69回あつぎ鮎まつりレポート 鮎まつりの2日目って何やってるの?

1つ前の投稿から分かるとおり、8月1日(土)の神奈川県花火大会5大会同時開催デーには小田原市の酒匂川花火大会に赴いていた。ということで、あつぎ鮎まつりの1日目花火大会は見ることが出来ず。1日目の花火ってどんな感じなの?と知りたい方は、昨年のレポート(屋台編花火編)を参照して欲しい。

鮎まつり2日目に足を運ぶ価値はあるか?

さて、鮎まつりの方にも未練はあったので、2日間開催の2日目の方に参加してみることにした。ここで素朴な疑問。1日目の夜に目玉の花火大会を終えてしまうと、2日目にはやることがなくなってしまうのではないだろうか。神社の大きな祭などが2日間続く場合、初日を宵宮、2日目を本祭など呼び、初日の宵宮よりも本祭の方が盛り上がるようにするものだ。鮎まつりはこれが逆になっているのだが、2日目に人を集められる秘策はあるのか。
というわけで、2日目の本厚木の街を歩いて探ってみることにした。

中央公園・なかちょう大通り・あつぎ一番街以外は通常営業?

本厚木駅の周辺や南口方面を歩いてみて。昨年の鮎まつり1日目に見たような盛り上がりはなかった。それどころか当日がとてつもなく暑い日であったことで、普段の週末よりも人通りが少なくなっているような感すらあった。
フードバトル等の催しでは副会場となる厚木公園と市役所横の駐車場。それぞれ人っ気は確認できない。1日目の花火大会前であれば、場所取りや打ち上げ開始待ちの人がたむろしているのだが。

厚木公園 ガッラガラ

厚木公園 ガッラガラ

市役所横の駐車場 こちらにも人は居ない

市役所横の駐車場 こちらにも人は居ない

一方、メイン会場の厚木中央公園の本当に中まで入ると、当日がイベント日であると再確認できる。

中央公園の前の道もガラガラなのであるが

中央公園の前の道もガラガラなのであるが

公園内は他のイベント同様盛り上がっている

公園内は他のイベント同様盛り上がっている

露店などが出てお祭り感が漂っていたのが、駅出口を右折しアミューあつぎ前を通るなかちょう大通りと、駅前から真っすぐ北に伸びるあつぎ一番街。細いあつぎ一番街は勿論のこと、なかちょう大通りも16:00くらいまで歩行者天国になっており、この2本の道を経由して厚木中央公園のイベント会場に行って下さい(その他の駅西側などは無視して下さい)という「選択と集中」という言葉が思い浮かぶようなイベント態勢だった。1日目の花火大会前は街全体が盛り上がっていたので気付かなかったが、割とゾーニングがきっちりとしたイベントである。ある意味これが秘策か。

アミューあつぎ前 歩行者天国の終了とともに屋台も撤収

アミューあつぎ前 歩行者天国の終了とともに屋台も撤収

あつぎ一番街 屋台がせり出して狭くなっているので賑わいが演出できる

あつぎ一番街 屋台がせり出して狭くなっているので賑わいが演出できる

厚木中央公園のイベントと屋台

では、2日目の厚木中央公園のメイン客層は誰なのだろうか。公園西端のステージを見ると、終日ダンスイベントが行われている。ステージの前にはパイプ椅子席があり、立ち見をしているのが出演者のダンサー。観客の多くは出演者の関係者(父兄など)ではないかと思われた。

ダンスステージ進行中

ダンスステージ進行中

公園の最奥にあるステージ&観客席を中心として、入り口付近から屋台が並ぶ。2日目に厚木中央公園にやってくる人達は、このなんとなくの賑わいを楽しみにきた人々なのだとわかる。

あゆコロちゃんも勿論登壇

あゆコロちゃんも勿論登壇

本厚木ではジャズフェスやら大道芸フェスやら、本当にそれを見に行きたい人はニッチだろうと思われるようなイベントがよく行われている。でもそうしたイベントの客として、毎度よくわからないけれど賑わっているからやってくる、という参加者が少なからず見込めるのだろう。”本厚木のイベント”という枠組み自体のファンと言うべきか。

私もそう。イベントレポートは屋台の食べ物で締めよう。

中央公園のジャガイモで巻いたフランク?

中央公園のジャガイモで巻いたフランク?

こちらも中央公園で。カリッとしてないけどそこそこ美味なから揚げ

こちらも中央公園で。カリッとしてないけどそこそこ美味なから揚げ

あつぎ一番街 おそらく王将のチゲラーメン

あつぎ一番街 おそらく王将のチゲラーメン

1日目は花火の終了間際まで強気の値段設定の屋台が多いけれど、2日目は日が傾き始めた頃から処分価格で売っているお店が多い。傾向として、外国の方がやっているエスニック料理の屋台などは本当にギリギリまで正価でふんばっている。処分価格にして早く売り切りたいのって、日本人の国民性なのかも(笑)。

昨年レポートでも取り上げたが、厚木市内の地ビールメーカー3社がそろい踏みするイベントが鮎まつり。これは2日目でも同じ。

さがみビールの桃のビールですって

さがみビールの桃のビールですって

桃のビールは季節限定で瓶としても出回る。桃ビールと聞いて予想通りの味でないところが面白い。飲み口と沈殿物部分で2度違った桃の香りが楽しめる。
さがみビールは厚木産のかぼすビールも作っているけれど、桃も厚木産なのかな。

厚木産かぼすビール

サンクトガーレン。昨年夏は蔵開きイベントにも行ったけれど、そこでも見たことないレアラインナップで、白ぶどうエールというビールが出ていた。

濃いめの見た目 白ぶどうエール

濃いめの見た目 白ぶどうエール

サンクトガーレンのフルーツビールというと、湘南ゴールドが有名。

夏の風物詩湘南ゴールド

でも白ぶどうエールはこの湘南ゴールドのラインとも異なった、大人の味。飲み易さやバランスよりも実験精神を感じる。

関連記事

落花チェー 原材料

冬の大磯市リポート 磯汁をハシゴして暖まろう!

中郡大磯町で毎月第三日曜日に行われているイベント、大磯市。夏の間は夜市へと姿を変えるものの、基本的に

記事を読む

厚木ビール in 中央公園

第68回あつぎ鮎まつり大花火大会に行ってきた! 屋台のレポート編

毎年8月に本厚木の街を舞台として行われる祭が、あつぎ鮎まつりだ。今年は8月2日(土)・8月3日(日)

記事を読む

本厚木のシンボルとなるか

アミューあつぎの初売り ザ・バーゲンは1月2日10:00スタート

厚木市が行政梃入れで再生した、本厚木の旧パルコ、現アミューあつぎ。オープンこそ派手に祝われたものの、

記事を読む

展望台と桜と富士山(天気…)

秦野桜まつり 弘法山公園会場2000本の桜

秦野市東部、国道246号線が通る北側の地域と、小田急小田原線が通る南側の地域を分け隔てるように存在す

記事を読む

no image

本厚木ミロードイーストのオープンは5月24日に

アミューあつぎのオープンを見届けた後の、満を持してというべきか。工事中だった小田急本厚木駅の付属施設

記事を読む

本厚木のシンボルとなるか

アミューあつぎオープニングイベントや映画.comシネマの上映スケジュール公開

いよいよ4月26日(土)のオープンまで後一週間を切ったアミューあつぎ。ここのところオープンのための準

記事を読む

待ち時間に嬉しいサービス

藤沢市辻堂 27 coffee roasters

相模川以東を扱うのは本来レギュレーション違反なのに、結構な頻度で東側エリアのお店を紹介しているような

記事を読む

愛甲石田駅前サンクス

サークルKサンクス愛甲石田駅前店

愛甲石田という、本厚木以西最初の駅。愛甲という聞き慣れない地名アナウンスを聞いて、人はああ、田舎にや

記事を読む

開場時間前のフライング販売

厚木市地ビールメーカー サンクトガーレンのブルワリー開放デーに行ってきた

ちょくちょく話題に出している、厚木市の地ビールメーカー事情。厚木市は丹沢からの地下水を仕込み水として

記事を読む

麺屋AJITO シラフで撮った写真

麺屋 AJITO 東海大学前駅の若者向けドロつけ麺

秦野市のラーメン店というのは、屋号こそ沢山あれど、実は市内の別の店のセカンドブランドだったとかそうい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑