*

本厚木 ラーメン相楽のあんかけもやしそば

なくなりそう、なくなりそうと言われ続けて、なかなかなくならない店というものがある。繁盛し続けているから営業を続けられるのであり、その点においてはなくなるのではないかと予想した自分の読みが甘かった、ということになるのだろうが。

厚木バスセンターの背後にあるラーメン相楽

厚木バスセンター。小田急小田原線、本厚木の駅からなかちょう大通りを通って200〜250m程歩いた所に、バスの停車場が沢山集まったロータリーがある。本厚木駅前にバス停が集中して通行の妨げとなっていた状態を解消する為に、1984年に本来そこにあった厚木小学校をどかして作ったものだ。
なにしろ作った当時は、青山学院大学やら昭和音楽大学やら学校がいっぱいあって、バスの需要もあった。というより、青山学院大学厚木キャンバスをほぼバスでないと行けないところに開校したのが、バスセンターを作った一番大きな理由だったりするのか…それが今では、件の2校は厚木を去って、バスセンターの必要性が果たしてまだあるのか定かでない。
厚木バスセンターの背後には自転車用の駐輪場があって、その中にポツンと浮島のように存在しているのが、今回紹介するラーメン相楽だ。

ラーメン相楽の店構え

ラーメン相楽の店構え

このとおり、見映えが良いとはお世辞でも言えない。相楽の看板の横には、文字がすっかり剥げてしまっているが、おそらくホルモン屋がそこにあったのだろうなという痕跡が見て取れる。

ホルモン…雅?

ホルモン…雅?

あまりにもポツンと残っているので、バスセンターと駐輪場関連の用地買収をしたときに、条件が折り合わずここに残ったのかな…?と推察する。このお店、閉店するのではないかという情報がしきりに流れるのだが、一向に閉店しない。

神奈川県厚木市中町1-2-4

あんかけもやしそば 中華屋の矜持を感じた

店内に入ると、地元感、そして加齢感もある客層が。そして目を引くのが、壁側にくっついている一枚板のカウンター席と、本棚に収められた漫画の数々。どれも読み回された雰囲気があり、ちょっと油でベトベトする感もある。店内のラインナップをひととおりさらってみたけれども、見事に読みたい漫画が無い。ラインナップが硬派です…
店内の短冊に書かれたあんかけもやしそばを、しょうゆ味のピリ辛で。ライスが付けられるというので付けて注文する。メニューにはもやしラーメンも同じ値段(600円)で載っているけれども、はたして両者同じものなのか。

相楽のあんかけもやしそば

相楽のあんかけもやしそば

というわけで、ライス付きのあんかけもやしそばがやってきた。写真を見ていただければわかるだろうが、ラーメンの上にあんかけもやしが乗って、器のフチの部分にピリ辛(ラー油)が回し入れられている。この雑でない仕事に、少し感動してしまった。
実際食べてみると、あんかけもやし部分は中華屋に期待するもやし炒めで、ラーメン部分は特別にうまいというわけではないのだが、あんかけとピリ辛とラーメンスープが完全に分離して、ごっちゃになっていないというところが素晴らしい。その3つの味を混ぜて食べる最終的な権限は客側にあるのだ。あるいはあんかけをライスに乗せてみても良いし…とにかく丁寧な仕事が、食べ方での楽しみを増やしている!

なくなってしまうかもしれないには違いないのだけれども、なくなったら困るよ…という気持ちに引き止められて営業を続けている店なのかもしれない。確かに、他のメニューでどのような丁寧な仕事がされているのか気になるもの。というわけで、本厚木の有名ラーメン店に2回、3回、4回と通って決まりきったメニューを食べるくらいならば、一度くらいは体験してみてほしい店。

関連記事

オリジナルレシピのエビナラガー

EBINA BEER 海老名市扇町に出来たチェコ出身醸造士の方によるブルーパブ

ららぽーと海老名のオープン決定以来、JR相模線海老名駅の北側、海老名市扇町地区の開発が止まらない。小

記事を読む

小林屋味噌ラーメン500円

小林屋 秦野東海大店 味噌ラーメン500円

東海大学前駅でラーメンを食べようと思うと、イマイチ決定版と言える店がない、と常々書いてきたけれど、最

記事を読む

利しりのオロチョンラーメン

日本一まずい! オロチョンラーメン利しり 伊勢原店

店の売り文句として、"日本一まずい"ことを掲げるラーメン店。こういう売り文句を見ると、安易に日本一を

記事を読む

つけ麺。ボリューム系ではない

ららぽーと海老名フードコート つけめん久臨

らーめん処を擁する海老名に新たなつけ麺店が登場、ということで、早速ららぽーと海老名まで足を運んできた

記事を読む

伊勢原市での目撃例

謎の”湘南クッキー”

厚木以西.netのサイトを始めてから、とうとう世界の核心に迫る、最大の謎に手を伸ばすときがやってきま

記事を読む

南口バスロータリーも祭モード

第50回伊勢原観光道灌まつり パレードと御柱を見てきた

毎年の10月中旬、少し肌寒くなってきた頃に伊勢原市で開催される伊勢原観光道灌まつり。伊勢原市にゆかり

記事を読む

さがみビール 飲み比べ

厚木七沢 さがみビールレストラン セルバジーナ

さがみビールというビールの銘柄がある。盛升という日本酒銘柄の醸造元、黄金井酒造が醸造しているビールで

記事を読む

虎次郎らーめん 野菜多め

海老名ビナウォーク 虎節

海老名ビナウォークのらーめん処は店のレベルが高く…という話は、もうブログ記事の枕として使いすぎている

記事を読む

棟同士の隙間とか。会場はショボい筈なのに

湘南T-SITE 藤沢市のでっかい蔦屋書店に行ってきた

海老名市立中央図書館をTSUTAYA図書館として再生させ、株式会社図書館流通センター(TRC)との共

記事を読む

Aちゃんぽんでこのサイズ

さがみ野駅”博多どんたく”でデカ盛ちゃんぽんを

本厚木駅からちょっとした用事のため相鉄本線の駅に出ようとすると、海老名駅での乗り換えが必要になりほぞ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑