*

ららぽーと海老名フードコート つけめん久臨

公開日: : 最終更新日:2015/11/24 グルメ, 商業施設 , , , ,

らーめん処を擁する海老名に新たなつけ麺店が登場、ということで、早速ららぽーと海老名まで足を運んできた。ららぽーと海老名の雑感等については、このあいだの記事を参照。慣れてもやっぱり小田急・相鉄海老名駅からは遠い。

ららぽーと海老名と動く歩道

ららぽーと海老名と動く歩道

六厘舎系列のつけめん久臨

今回新たに出来たのは、つけ麺で有名な六厘舎のセカンドブランド、つけめん久臨。この久臨は元々お台場のダイバーシティ東京プラザのフードコートに出店するためにできたセカンドブランドで、冗談みたいな話だが名称は「久しぶりにりんかい線に乗ってみよう」という辺りから来ているらしい。海老名に出店するにあたってもそのままの名前が使われているが、せめて久海という名前にしておけば、どちらにも上手くこじつけられただろうに。勿体ない。
前回のレポートで書いたように、ららぽーとのJR海老名駅側入口からエスカレーターを上がると、ららぽーと海老名の凝りに凝ったフードコートに直結する。このフードコートは洒落ていて、客に利用する気恥ずかしさをもたせないと前回褒めていた。ただ久臨などのテナントは洒落ている区画から離れた場所にあり、料理の受け取り・配膳をセルフで行うことを考えると、洒落たスポーツヴィジョンの前に居座ってつけ麺をすすることは難しい。通常のフードコート的雰囲気で利用することを覚悟すべきである。

つけ麺を注文すると、出来上がりまで10分程の時間を要すると言われ、ブザーが手渡される。音が鳴ったらカウンターまで客が取りに行くシステム。

フードコートらしくブザー

フードコートらしくブザー

本当にきっかり10分程経過してから、ブザーが鳴り響いた。ささ席に持って帰って食べようと、盆を手に掴んだら器が滑って汁をこぼしてしまった。

つけ麺。ボリューム系ではない

つけ麺。ボリューム系ではない

黒い盆は表面がスベスベしていて、少し傾けると器が滑ってしまう。ショッピングセンターのフードコートという性質上、客は置き引きに遭わないよう大荷物を持って受け取りに来る可能性がある。片手で持ったりして大惨事になりやしないか。この部分はぜひ改善して欲しい。

肝心の味は…まあフードコートレベル

セカンドブランドということもあるし、630円という値段もあるから、本家六厘舎を超えるようなつけ麺はないだろうと、安心してハードルを低く設定できる(笑)。食べての感想は余力を残して作ったつけ麺。麺とスープどちらにもパンチがなく、とんがって売りになる部分も無い、けれども平均点には達しているので、どうしてもつけ麺が食べたくなったときの選択肢としては十分だろう。
ただ自分は海老名でつけ麺が食べたくなったら、遠くても清勝丸に行くだろうと思う。

久臨つけ麺のブタ

久臨つけ麺のブタ

ブタは案外しっかりとしていて、その点お得感はあるかもしれない。麺の量的には値段相応なので、これ一杯で満腹になることはないだろう。海老つけ麺や坦々つけ麺のようなヴァリエーションがあったり、490円からの中華そばがあったりするので、当たりを引くまで何回か再訪してみようかな、という気にはなった。とにかく630円のつけめんは、値段相応に余力を残して作っているイメージ。

自宅で作る六厘舎つけ麺とどちらが美味い?

関連記事

この階段を上ると「たんぽぽ」

手もみラーメンが売り 伊勢原市 たんぽぽ

伊勢原市には、あまりラーメンが美味いというイメージがない。隣の厚木市に出ると、らーめん研究所や麺や食

記事を読む

本厚木 オハナ堂

オハナ堂 本厚木店

厚木より西側の、光の当たらないエリアを紹介するサイト、厚木以西.netについては、長らく温めていたア

記事を読む

南口バスロータリーも祭モード

第50回伊勢原観光道灌まつり パレードと御柱を見てきた

毎年の10月中旬、少し肌寒くなってきた頃に伊勢原市で開催される伊勢原観光道灌まつり。伊勢原市にゆかり

記事を読む

開業後のららぽーと平塚 一応

ららぽーと平塚 日産車体工場跡地で2016年秋開業へ

JR海老名駅北側のららぽーとが、着々とその姿を現しつつある今日この頃。海老名のららぽーと開業は201

記事を読む

本厚木のシンボルとなるか

アミューあつぎオープニングイベントや映画.comシネマの上映スケジュール公開

いよいよ4月26日(土)のオープンまで後一週間を切ったアミューあつぎ。ここのところオープンのための準

記事を読む

花火から遠いけれど、場所取りもあった

第68回あつぎ鮎まつり大花火大会に行ってきた! 花火?のレポート編

それでは、鮎まつりの屋台レポートに引き続いて、8月2日(土)の大花火大会開演後の本厚木の街の様子など

記事を読む

公園内は他のイベント同様盛り上がっている

第69回あつぎ鮎まつりレポート 鮎まつりの2日目って何やってるの?

1つ前の投稿から分かるとおり、8月1日(土)の神奈川県花火大会5大会同時開催デーには小田原市の酒匂川

記事を読む

落花チェー 原材料

冬の大磯市リポート 磯汁をハシゴして暖まろう!

中郡大磯町で毎月第三日曜日に行われているイベント、大磯市。夏の間は夜市へと姿を変えるものの、基本的に

記事を読む

大山菜の投入

大山とうふまつり 仙人鍋を食べに行く

今年で24回目を迎えた、大山とうふまつり。伊勢原市がもつ観光資源、大山阿夫利神社のこま参道前駐車場に

記事を読む

no image

圏央道の開通 圏央厚木インターチェンジのせいで、厚木市の位置がますます謎に

2014年6月28日に、圏央道(首都圏中央連絡自動車道)の内の、相模原愛川ICと高尾山IC区間が開通

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑