*

小林屋 秦野東海大店 味噌ラーメン500円

公開日: : 最終更新日:2014/06/18 グルメ , ,

東海大学前駅でラーメンを食べようと思うと、イマイチ決定版と言える店がない、と常々書いてきたけれど、最近は北海道ラーメンの小林屋が一番ベターなのではという気になってきた。小林屋は神奈川県内、特に厚木以西に多く、車で走っていると「らーめん500円」の看板をほうぼうで見かける。

小林屋の看板

小林屋の看板

その小林屋の東海大近辺の支店が、秦野東海大店だ。東海大学前駅からは坂を上って歩かなければならず、また東海大学湘南キャンバスからもそこそこ、不便な立地にあると言えるだろうけど、わざわざ食べにいく程のアピールポイントが確実に存在する。それがコストパフォーマンスだ。

神奈川県秦野市南矢名434

決して味噌ブームで覇権をとれる程のクオリティではない。このサイトでもこれまで、伊勢原のドレファラシド螢田のまさ屋など味噌系を紹介してきたけれど、正直それらのラーメンに比べると、特徴は薄い。
でもそれらのラーメンが700円台後半なのに対して、500円ワンコインでいただける一杯としては十分すぎる満足感を与えてくれるのではないかと思うのだ。

小林屋味噌ラーメン500円

小林屋味噌ラーメン500円

味に嫌味なところは無い。北海道ラーメンらしい黄色の麺と調和するスープ。そして盛りつけを見て分かるように、具が割合丁寧に調理されている。チェーン店ゆえのペラッペラな規格品っぽさはあまり感じられない。もやしの茹で具合もなかなか。
小林屋では、北海道の小林製麺から麺を空輸して使っているらしい。札幌ラーメンの製麺メーカーの中で、小林製麺の評価というのは必ずしも高くはなさそうなのだが、それでも神奈川から見れば立派な本場モノだ。北海道ラーメンを語りまがい物を出すそこらの店より、まともなラーメンを食べさせてくれるのは有り難い。しかも500円で(こだわるなあ)。

気になるのは、その500円がいつまで続くのかということなのだが、今のところ消費税増税による値上げのアナウンスなどは特に無い。元々もう少し高い値段設定で提供していたものを500円に落としたと思われるので(看板に「値下げ断行」と書いてある)、戻るときは簡単に戻るのだろうけど。
味噌の他、塩と醤油も500円。餃子もうれしい150円。近所にあってほしいラーメン屋である。

(追記するよ!)
しれっと550円に値上げしていた!

関連記事

薬膳スープ餃子

東海大学前駅 餃子房ふーが

小田急小田原線の東海大学前駅で下車し、南口から小田原方面の線路沿いに出る。駅のすぐ横には踏切があるの

記事を読む

no image

厚木以西の味覚

厚木を越えてビックリすること グローバル化が叫ばれる時代、世界中のどこに行ってもフランチャイズ

記事を読む

開場時間前のフライング販売

厚木市地ビールメーカー サンクトガーレンのブルワリー開放デーに行ってきた

ちょくちょく話題に出している、厚木市の地ビールメーカー事情。厚木市は丹沢からの地下水を仕込み水として

記事を読む

伊勢原市での目撃例

謎の”湘南クッキー”

厚木以西.netのサイトを始めてから、とうとう世界の核心に迫る、最大の謎に手を伸ばすときがやってきま

記事を読む

節物語 豚骨野菜大盛り

東池袋大勝軒 節物語 本厚木店

東池袋大勝軒系の店のラーメンというと、どうも当たりが少ないような実感がある。これまでに、東池袋大勝軒

記事を読む

麺処直久の純鶏らーめん

海老名ビナウォーク 麺処直久

最近テナントが落ち着いてきた感のある、海老名ビナウォークのラーメン処。以前松任製麺があった場所に、今

記事を読む

待ち時間に嬉しいサービス

藤沢市辻堂 27 coffee roasters

相模川以東を扱うのは本来レギュレーション違反なのに、結構な頻度で東側エリアのお店を紹介しているような

記事を読む

本厚木 オハナ堂

オハナ堂 本厚木店

厚木より西側の、光の当たらないエリアを紹介するサイト、厚木以西.netについては、長らく温めていたア

記事を読む

麺や道楽 豚そば

東海大学前駅 麺や道楽

あらかじめ断り書きをしておくことは大変重要だが、厚木以西の味覚で書いた通り、厚木以西のグルメは大抵塩

記事を読む

フードバトルのゲート

第7回かながわフードバトル in あつぎなど 行ってきた!

アミューあつぎのオープン合わせで行われた本厚木の3つのイベント。第7回と根付いたイベントになっている

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑