*

小林屋 秦野東海大店 味噌ラーメン500円

公開日: : 最終更新日:2014/06/18 グルメ , ,

東海大学前駅でラーメンを食べようと思うと、イマイチ決定版と言える店がない、と常々書いてきたけれど、最近は北海道ラーメンの小林屋が一番ベターなのではという気になってきた。小林屋は神奈川県内、特に厚木以西に多く、車で走っていると「らーめん500円」の看板をほうぼうで見かける。

小林屋の看板

小林屋の看板

その小林屋の東海大近辺の支店が、秦野東海大店だ。東海大学前駅からは坂を上って歩かなければならず、また東海大学湘南キャンバスからもそこそこ、不便な立地にあると言えるだろうけど、わざわざ食べにいく程のアピールポイントが確実に存在する。それがコストパフォーマンスだ。

神奈川県秦野市南矢名434

決して味噌ブームで覇権をとれる程のクオリティではない。このサイトでもこれまで、伊勢原のドレファラシド螢田のまさ屋など味噌系を紹介してきたけれど、正直それらのラーメンに比べると、特徴は薄い。
でもそれらのラーメンが700円台後半なのに対して、500円ワンコインでいただける一杯としては十分すぎる満足感を与えてくれるのではないかと思うのだ。

小林屋味噌ラーメン500円

小林屋味噌ラーメン500円

味に嫌味なところは無い。北海道ラーメンらしい黄色の麺と調和するスープ。そして盛りつけを見て分かるように、具が割合丁寧に調理されている。チェーン店ゆえのペラッペラな規格品っぽさはあまり感じられない。もやしの茹で具合もなかなか。
小林屋では、北海道の小林製麺から麺を空輸して使っているらしい。札幌ラーメンの製麺メーカーの中で、小林製麺の評価というのは必ずしも高くはなさそうなのだが、それでも神奈川から見れば立派な本場モノだ。北海道ラーメンを語りまがい物を出すそこらの店より、まともなラーメンを食べさせてくれるのは有り難い。しかも500円で(こだわるなあ)。

気になるのは、その500円がいつまで続くのかということなのだが、今のところ消費税増税による値上げのアナウンスなどは特に無い。元々もう少し高い値段設定で提供していたものを500円に落としたと思われるので(看板に「値下げ断行」と書いてある)、戻るときは簡単に戻るのだろうけど。
味噌の他、塩と醤油も500円。餃子もうれしい150円。近所にあってほしいラーメン屋である。

(追記するよ!)
しれっと550円に値上げしていた!

関連記事

博多ラーメン

長浜ラーメン博多山笠 東海大学前駅店

小田急小田原線の東海大学前駅。この駅に用事あって下りることが昔からよくあり、駅周辺で安く美味く食事を

記事を読む

南口バスロータリーも祭モード

第50回伊勢原観光道灌まつり パレードと御柱を見てきた

毎年の10月中旬、少し肌寒くなってきた頃に伊勢原市で開催される伊勢原観光道灌まつり。伊勢原市にゆかり

記事を読む

この階段を上ると「たんぽぽ」

手もみラーメンが売り 伊勢原市 たんぽぽ

伊勢原市には、あまりラーメンが美味いというイメージがない。隣の厚木市に出ると、らーめん研究所や麺や食

記事を読む

村井弦斎公園

平塚ゆかりの偉人村井弦斎と村井弦斎公園

わりと大きめの自治体には、必ずその自治体がプッシュする偉人がいる。とは言っても、全国の自治体その全て

記事を読む

麺処直久の純鶏らーめん

海老名ビナウォーク 麺処直久

最近テナントが落ち着いてきた感のある、海老名ビナウォークのラーメン処。以前松任製麺があった場所に、今

記事を読む

no image

本厚木ミロードイーストのオープンは5月24日に

アミューあつぎのオープンを見届けた後の、満を持してというべきか。工事中だった小田急本厚木駅の付属施設

記事を読む

振る舞われていたどぶろく

秦野どぶろく祭り改め?里山うまいもん楽市に行ってきた

昨年3月、小田急線秦野駅前のまほろば大橋を会場として開催されていた秦野どぶろく祭り。参加者がただで飲

記事を読む

飛び交うトンビと砂防林と

平塚SunSunマルシェ 毎月第二日曜に草むら会場で

お隣の茅ヶ崎市でアロハマーケットをやっていた一方、相模川を挟んで西側にある平塚市では、毎月第二日曜日

記事を読む

清勝丸 濃厚味噌つけめん

海老名 清勝丸

厚木以西のライバル、海老名およびビナウォークということを書いたけれども、ラーメンばかりは海老名の実力

記事を読む

相楽のあんかけもやしそば

本厚木 ラーメン相楽のあんかけもやしそば

なくなりそう、なくなりそうと言われ続けて、なかなかなくならない店というものがある。繁盛し続けているか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑