*

厚木七沢温泉 ZUND-BAR

公開日: : グルメ , ,

厚木の山奥の七沢温泉に、客足の絶えない有名ラーメン店があると聞いて、ちょっくら足を伸ばしてきました。店の名前はZUND-BAR。名前から分かるように少し普通のラーメン屋とは異なり、オシャレな空間を目指したような店構え・店内でした。とは言え、周りは田舎ですので、場違い感もありありです。

神奈川県厚木市七沢1954-1
ZUND-BARの店構え

ZUND-BARの店構え

休日の夕方に行ったのですが、やはりすぐに注文、入店というわけにはいかず。10分ほど待って中に入ります。出されたお冷やが、生き返るような味です。この丹沢の名水のためにここに店を開いているらしいですね。

ZUND-BARラーメン

ZUND-BARラーメン

遠路はるばるやってきての味はどうでしょう?炙ったチャーシューが印象的。麺は細めで、上品な食感(やや印象は薄いか)。そして丹沢の水のようにまろやかなスープが楽しめました。
このスープには、具の一つ一つから味がしみ出しています。鉄の食器ということで想像がたどり着いたのかもしれませんが、冷麺のスープを思い出しました。冷麺のスープには、肉やらキムチやら野菜やら果物やらから、自由に味が染み出して口の中に入ります。それ故に、スープ全体としては均質でない味が出ています。コンセプトとしては、そういう方向なのではないでしょうか。

写真を見て分かる通り、油分は多めのようです。ただ、この油分もおそらくチャーシューから出たものが殆どでしょう。食べていて特段脂っこくパンチがあるという感じはありませんでした。

総評として、あまりしょっちゅう食べに来たいというほどのラーメンではなかった感じです。こういう書き方では満足していないように取れますが、美味しいラーメンであることは確かです。それでも、突飛なラーメンではない。そして遠い。だから一度話の種に訪問(海老名の中村屋の実兄が店主だそうな)して、二度目の足は重くなりがちと言うべきでしょうか。友達連れで再訪ということはあるかもしれませんね。

関連記事

麺処直久の純鶏らーめん

海老名ビナウォーク 麺処直久

最近テナントが落ち着いてきた感のある、海老名ビナウォークのラーメン処。以前松任製麺があった場所に、今

記事を読む

開場アナウンス直後でこの人出!

大磯市夜市 7〜9月に日中の暑さを避けて変則開催の大磯市

以前当サイトでレポートを行った大磯市。大磯市とは、神奈川県中郡大磯町の大磯漁港を舞台として行われる、

記事を読む

no image

本厚木ラーメンの筆頭と言えば… 厚木本丸亭

本厚木の有名ラーメン店と言えば、何と言っても厚木本丸亭である。 …という書き出し、それからタイ

記事を読む

南口バスロータリーも祭モード

第50回伊勢原観光道灌まつり パレードと御柱を見てきた

毎年の10月中旬、少し肌寒くなってきた頃に伊勢原市で開催される伊勢原観光道灌まつり。伊勢原市にゆかり

記事を読む

開場時間前のフライング販売

厚木市地ビールメーカー サンクトガーレンのブルワリー開放デーに行ってきた

ちょくちょく話題に出している、厚木市の地ビールメーカー事情。厚木市は丹沢からの地下水を仕込み水として

記事を読む

飛び交うトンビと砂防林と

平塚SunSunマルシェ 毎月第二日曜に草むら会場で

お隣の茅ヶ崎市でアロハマーケットをやっていた一方、相模川を挟んで西側にある平塚市では、毎月第二日曜日

記事を読む

秦野じぱんぐ焦がしネギ醤油 

秦野駅 じぱんぐ 魚介焦しネギ醤油

小田急小田原線の秦野駅で降りると、繁華街は主に北側に広がっている。昼時に食事処を探す場合には、どうし

記事を読む

フードバトルのゲート

第7回かながわフードバトル in あつぎなど 行ってきた!

アミューあつぎのオープン合わせで行われた本厚木の3つのイベント。第7回と根付いたイベントになっている

記事を読む

この階段を上ると「たんぽぽ」

手もみラーメンが売り 伊勢原市 たんぽぽ

伊勢原市には、あまりラーメンが美味いというイメージがない。隣の厚木市に出ると、らーめん研究所や麺や食

記事を読む

無法松の相州赤味噌ラーメン

鶴巻温泉駅 無法松 相州赤味噌ラーメン

東海大学湘南キャンパス周辺で、うまくて安いラーメン屋を捜索中!といういつもの常套句。最近は新規出店が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑