*

第50回伊勢原観光道灌まつり パレードと御柱を見てきた

毎年の10月中旬、少し肌寒くなってきた頃に伊勢原市で開催される伊勢原観光道灌まつり。伊勢原市にゆかりのある偉人として、江戸城の築城をしたり足軽戦術の礎を築くなど功績があるものの、戦国時代の始まりよりずっと前に世を去ったためマイナーである武将、太田道灌をまつったイベントである。いやいや太田道灌はメジャーでしょうと反論もあるかもしれないけれども、関東地方以外での知名度たるやおそらく九州以外での少弐政資とどっこいレベルだ(個人の感想です)。
しかも伊勢原市との縁といえば、太田道灌が齢55のとき主の扇谷定正に招かれて騙し討ちされたのが伊勢原市であったというだけである。討ち取られた地の首塚・胴塚が名所となり、伊勢原市役所前には市ゆかりの人物として銅像まで建っているというのだからたちが悪い。世界一周航海の最中フィリピンのマクタン島で首長ラプ=ラプに討たれたマゼランも現地の祭の題材となっているが、その祭にしたって戦勝した側を讃えるものであり、敗者を取り上げてことさら傷口に塩を塗るものではないのである。

50回記念の伊勢原観光道灌まつり

というわけで今年50回目の開催を迎えた、伊勢原市の子供に「この祭にもなっている太田道灌って武将、さぞかし武士らしく立派な死に方をしたのだろうな」と興味を持たせそののち失笑させる祭、伊勢原観光道灌まつりである。
毎年恒例この祭のメインとなっているのが、小田急小田原線伊勢原駅周辺から国道246号までの長い道を往く太田道灌と北条政子のパレード。伊勢原大神宮前を経由するこの道は当日歩行者天国になり、此処に出店が沢山並びなにやら賑わっている感が出る。それに加えて今年は祭の50回記念ということで、1986年より伊勢原市と姉妹都市関係にある長野県茅野市より御柱祭で曳き回す御柱がやって来て、地元の方々によって御柱祭の里曳きが再現されるという。貴重な御柱を見る機会(そもそも本家にしろ6年に1回しか行われない)、悪天候を気にせず足を運んできた。

道灌まつり会場の風景

小田急小田原線を、伊勢原駅で下車する。パレードの行われる直前に現地入りしたのだが、やはり悪天候のためか改札がごった返すといったような混雑は見られなかった。

伊勢原駅北口。大山阿夫利神社の鳥居

伊勢原駅北口。大山阿夫利神社の鳥居

駅北口で披露されていた茅野市の太鼓

駅北口で披露されていた茅野市の太鼓

南口バスロータリーも祭モード

南口バスロータリーも祭モード

北口の大通りに出ると一転、雨にも関わらず結構な人出が集まっていた。天候がある程度良ければ登山や阿夫利神社参拝のついでという参加動機も理解できるが、この地味なファンの多さは何なのだろう。ヒマなのか。

北口の大通りを傘を差して歩く

北口の大通りを傘を差して歩く

道すがらうどんを食べたりして

道すがらうどんを食べたりして

国道246号交差点に近付いていく。普段シャッターが閉まっている店も営業中

国道246号交差点に近付いていく。普段シャッターが閉まっている店も営業中

沿道店舗の駐車場にもみっちりと露店が

沿道店舗の駐車場にもみっちりと露店が

沿道にある伊勢原大神宮でも、まるで社の祭日であるかのように人だかりが出来ていた。境内ステージでイベント(カラオケ大会?)が行われ、屋台が敷地を埋め尽くす。

伊勢原大神宮。伊勢原の地名由来の社である

伊勢原大神宮。伊勢原の地名由来の社である

大神宮の境内でもステージイベントが

大神宮の境内でもステージイベントが

例年の賑わいは知らないが、この大神宮前が御柱曳行のスタート地点となっていたため、茅野市からの曳き手の詰め所的役割も担っていたのかもしれない、

国道246号交差点部分。通行規制

国道246号交差点部分。通行規制

太田道灌公・北条政子行列パレード

さて12:20より始まったパレードの内容である。毎年男女1人ずつのゲストが呼ばれ、それぞれ太田道灌と北条政子に扮する。今年の道灌は俳優の北村有起哉さん、政子は女優の高野志穂さんで、道灌まつり始まって以来のご夫婦抜擢ということらしい。太田道灌は騎乗して鷹狩りに向かうという設定で、北条政子は市内古刹の日向薬師に乗り物に乗って参詣するという設定があるのだが、今年は悪天候のため2人とも乗り物に乗ってパレードという形がとられていた。どうでも良いがこの乗り物は鷹狩りと日向薬師のどちらに向かえば良いのか。設定が行方不明に。

乗り物がやって来る

乗り物がやって来る

道灌と政子が同乗。今年の流行、不倫である。

道灌と政子が同乗。今年の流行、不倫である。

いや役者さんは実際にご夫婦だけど。頼朝は出し抜かれてカンカンなのかホっとするのか。

茅野市からやってきた御柱

同じ大通りを使って、茅野市からやって来た御柱の曳行も行われた。長さ12mの御柱にメドデコと呼ばれるツノがつけられ、縄を使って引っ張られる。

御柱とメドデコ

御柱とメドデコ

メドデコのアップ

メドデコのアップ

曳行開始時刻になると、まず梯子が垂直に立てられ、消防の出初め式のような演目が。

見ているだけで怖い

見ているだけで怖い

やがて曳行が始まる。メドデコの上に人がギッシリと乗っかり、左右に大きく揺れた後、ラッパと太鼓のジングルに続いて御柱が前方に引っ張られる。この謎のジングルを聴くと、御柱祭だなという気持ちになる。

縄で作られたメドデコの足場

縄で作られたメドデコの足場

この状態で左右に大きく揺れる

この状態で左右に大きく揺れる

曳行を先導する人達。手にカマのようなものを持つ

曳行を先導する人達。手にカマのようなものを持つ

御柱は茅野市からやってきた人達(余談だが、会場アナウンスで茅野市が”カヤノ”市と読まれていた。”チノ”です。)の他にも、希望者があれば観客が参加して引っ張ることも出来る。結構えげつないスピードで動くので、最初から最後まで参加した人は大変だっただろうが。

地面にすりおろされた御柱の木屑を回収する人達

地面にすりおろされた御柱の木屑を回収する人達

50回記念の道灌まつり。御柱曳行が間近に見られて満足であった。次に御柱がやってくるのは市制施行50周年の2021年とかかな?

関連記事

ビナウォーク イルミネーション2014

海老名ビナウォークイルミネーション そしてららぽーと海老名建設中

それまではのどかで牧歌的な駅前が印象的であった海老名に、ビナウォークという駅前巨大商業施設ができた

記事を読む

本厚木 オハナ堂

オハナ堂 本厚木店

厚木より西側の、光の当たらないエリアを紹介するサイト、厚木以西.netについては、長らく温めていたア

記事を読む

大磯港会場入口

『大磯市』 大磯町で毎月行われる湘南・西湘の見本市

厚木以西の(相模川以西の)海沿い地域の中心というと、何を置いてもやはり平塚だ。他の地域と比べて人口が

記事を読む

落花チェー 原材料

冬の大磯市リポート 磯汁をハシゴして暖まろう!

中郡大磯町で毎月第三日曜日に行われているイベント、大磯市。夏の間は夜市へと姿を変えるものの、基本的に

記事を読む

ZUND-BARラーメン

厚木七沢温泉 ZUND-BAR

厚木の山奥の七沢温泉に、客足の絶えない有名ラーメン店があると聞いて、ちょっくら足を伸ばしてきました。

記事を読む

湘南ひらつか七夕まつり

湘南ひらつか七夕まつり2013の記録

ひらつか七夕まつり、暑かった 最終日、7月7日に行ってきました。 商店街中恐ろしいほどの人混

記事を読む

伊勢原大神宮の桜

関東の伊勢神宮 伊勢原大神宮と桜

遷宮であるとかパワースポットであるとかでたびたび話題になる伊勢神宮。本家の伊勢神宮に行くのはなかなか

記事を読む

上海謝謝 ラーメン

東海大学前駅 上海謝謝 ラーメン480円

小田急小田原線の東海大学前駅駅前には、付近の東海大学の学生を対象とした、量が自慢の飲食店、値段が自慢

記事を読む

サザンビーチのC

春のサザンビーチが大賑わい 湘南祭2014の記録

4月26日(土)・27日(日)には茅ヶ崎市のサザンビーチで、湘南のビーチの春を告げる祭、湘南祭が開催

記事を読む

開場時間前のフライング販売

厚木市地ビールメーカー サンクトガーレンのブルワリー開放デーに行ってきた

ちょくちょく話題に出している、厚木市の地ビールメーカー事情。厚木市は丹沢からの地下水を仕込み水として

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑