*

EBINA BEER 海老名市扇町に出来たチェコ出身醸造士の方によるブルーパブ

ららぽーと海老名のオープン決定以来、JR相模線海老名駅の北側、海老名市扇町地区の開発が止まらない。小田急・相鉄側にビナウォークしかなかった頃、あるいはビナウォークすらなかった頃の海老名駅周辺を記憶している人が居たらビックリするだろうが、いまや海老名駅は田圃の真ん中にポツンと存在する駅ではないのである。かつてスーツに身を包んだリコー社員が田圃の間を縫って通勤する姿は遠目に大変微笑ましかったが、現在ではリコーのビルまで続く道にエビーロードとかいうふざけた名前が付いて、オシャレな飲食店の集まる街となっているのである。

これがエビーロード。海老名だからエビーロード。ビートルズ激おこ

これがエビーロード。海老名だからエビーロード。ビートルズ激おこ

エビーロード沿いに醸造所付ビアパブができました

JR海老名駅の足下、エビーロードの始まりには海老名の領主えび〜にゃのカラフルな像があるので、五体満足で帰宅したかったらまず拝んでおいた方が良い。

??コロちゃん「たかがゆるキャラに市の予算の使い過ぎだBoo〜!」

??コロちゃん「たかがゆるキャラに市の予算の使い過ぎだBoo〜!」

そのエビーロード沿いに、今年2月からオープンしていたビアパブがEBINA BEERだ。周囲ガラス張りの店内にカウンター12席&テーブル18席で、ビールは常時8タップを揃える。海老名駅周辺としては初のビール専門パブではないかと思われるが、土曜日には14:00からオープンしており(とは言えオープン以来営業時間はコロコロ変わっている印象があるので最新情報をFacebook等でチェックした方が良い)、クラフトビール以外にもコーヒーやスイーツも楽しめる。

神奈川県海老名市扇町5-4
エビーロードの丁度この辺にお店が

エビーロードの丁度この辺にお店が

テナントの左半分が丸々醸造設備

テナントの左半分が丸々醸造設備

テナントスペースのうち半分くらいは、海老名市初のクラフトビール銘柄”EBINA BEER”として醸造をするためのビールタンク等によって占められている。このお店を開いたご夫婦の夫の方(トーマス・レハクさん)はチェコのプラハ国立歌劇場でチューバ奏者として活躍されていたらしいのだが、醸造所付ビアパブを新たに日本で始めるため海老名に移住した。そして先述のとおり2月より店をオープンしていたわけだが、醸造所設備の電気工事が上手く進まなかったり、日本での醸造許可がなかなか下りなかったりと、当地での醸造までには足踏みが続いた。オープンよりおよそ半年間については、同じチェコ出身醸造士が石川県で醸造する日本海倶楽部のビールが提供されるお店であった。まあこの日本海倶楽部のビールもピルスナーの本場チェコらしく素晴らしいビールで、全く不満はなかったのだけれども。

海老名発クラフトビールの醸造&提供開始。ビールの提供温度はどうかな?

それが7月より醸造免許取得、8月の終わりよりオリジナルビールの提供が開始されたとのこと。相模川を渡る用事が無いのでいまだ純海老名産クラフトビールを味わってはいないのであるが、どうせならお店のプッシュがし易くなったこのタイミングで紹介記事を書いてみようと思い至った。したがって、以下のビール感想や写真等は真EBINA BEERの提供以前のものとして考えて欲しい。

オリジナルレシピのエビナラガー

オリジナルレシピのエビナラガー

現地での醸造開始前でも、日本海倶楽部の委託醸造という形でEBINA BEERオリジナルレシピのビールが提供されていた。それが写真のエビナラガー。記念すべきこのビアパブとの出会いの一杯であったのだが、驚いたのはあまり冷えていない状態でこれが出てきたことであった。
生ビールを氷を入れることなくキンキンに冷やして出すというのは、よく言われるように日本で見られる独特の文化で、欧州などに旅行に行ってきた人が大体現地で出された冷えていないビールにショックを受けて帰ってくるという。このお店で出てきたビールもそういうショッキングなタイプであったが、個性の強いエール(上面発酵ビール)と比べたときにラガー(下面発酵ビール)は、むしろ冷えていない状態で出されるべきものではないかと納得させられた。IPAのようにやり過ぎとも思える量のホップを投入しなくても、適温のビールであれば泡から充分ホップの香りを感じられる。それもビールの愉しみ方であるように思う。

ヴァイツェン。上面発酵のビール

ヴァイツェン。上面発酵のビール

とは言っても、上面発酵のビールも同じような温度で出てきたので、ラガーに限らずただチェコ流の温度で提供しているだけなのかもしれない。ちなみに、盛夏の暑い時期に訪問した際には、キンキンには冷えていないものの開店当初より提供温度が下がっていた。夏だけの期間限定で提供温度を低くしたのか、それとも折れて日本式に合わせてきたのかは分からない。

夏に飲んだビール。グラスにかなり水滴が付いている。ただ、やはりキンキンではなかった。

夏に飲んだビール。グラスにかなり水滴が付いている。ただ、やはりキンキンではなかった。

フード&スイーツメニュー

海老名産クラフトビールのお伴として、おつまみもにも期待したいところ。チェコ出身のオーナーと聞いたとき、おつまみなどもチェコ推しでくるのかと思っていたが、メニューには純然たる日本のビアパブのおつまみが並んでいた。ただ、変化球的なメニューもある上に大抵美味しいので、チェコビールとか自家醸造ビールとかの理屈抜きで海老名駅近辺の飲みどころを求める人にも面白いのではないだろうか。

フィッシュ&チップス。これでもハーフサイズ

フィッシュ&チップス。これでもハーフサイズ

串揚げ。チェコビールのつまみに串揚げはなかなか無い組み合わせではないだろうか

串揚げ。チェコビールのつまみに串揚げはなかなか無い組み合わせではないだろうか

ピタと辛い青唐辛子。青唐辛子は辛過ぎてビールの味どころではなくなるので本当にお勧めしない

ピタと辛い青唐辛子。青唐辛子は辛過ぎてビールの味どころではなくなるので本当にお勧めしない

スイーツメニューは、ビアパブでスイーツメニュー?と一瞬疑問に思うが、お酒の飲めない人でもこのお店で愉しめるようにコーヒー&スイーツがラインナップされている。コーヒーもおそらく特段チェコスタイルということではないのだろうが(トルココーヒーではない)、海老名市国分にある豆工房コーヒーローストの豆を使った一杯が飲める。

コーヒーとフォンダンショコラ

コーヒーとフォンダンショコラ

このフォンダンショコラは添えられた生クリーム含めて温度が完璧で…別に温度フェチなわけではないが、ビールの温度も含めてもしこのお店がこだわっている点なのだとしたら、海老名にこんなに面白いこだわりを持ったお店があるよ、と他人を誘い出し易いと思った。また、そういうお店が登場してきて受け容れられているのも、しがらみのない海老名らしくてとても良いことだと思った。

関連記事

えぼし麺 見た目はそこまで破綻していない

茅ヶ崎駅 菜良 二郎インスパイア系「えぼし麺」が美味い!

茅ヶ崎市と言えば、えぼし岩がシンボル。駅ホームにえぼし岩をかたどったオブジェがあったり、車止めがえぼ

記事を読む

フラは目の癒し

茅ヶ崎アロハマーケット2017に行ってきた

茅ヶ崎にやたらとハワイアンな店が集まっているということ、読者諸氏は知っているだろうか。 私は今日知

記事を読む

フードバトルのゲート

第7回かながわフードバトル in あつぎなど 行ってきた!

アミューあつぎのオープン合わせで行われた本厚木の3つのイベント。第7回と根付いたイベントになっている

記事を読む

乳化して泡立っている

東海大学前駅 豚骨ラーメン 脇や

東海大学湘南キャンパス周辺で美味いラーメンを探す。最近は嬉しいことにこれまでの閑散ぶりが嘘であったか

記事を読む

開業後のららぽーと平塚 一応

ららぽーと平塚 日産車体工場跡地で2016年秋開業へ

JR海老名駅北側のららぽーとが、着々とその姿を現しつつある今日この頃。海老名のららぽーと開業は201

記事を読む

ゐなかうどんスペシャル(1月〜2月)

秦野市 白笹うどん多奈加

関東三大稲荷、白笹稲荷神社の初午祭に行ってきた、というのが前回のお話。そして秦野名水と称される湧き水

記事を読む

厚木神社

火事のあった厚木神社など アミューグランドオープンの陰で

アミューあつぎのオープンと、同時に行われた3つのイベントなどで本厚木の中心部が盛り上がっている頃、東

記事を読む

本厚木「中村屋」店の外観

本厚木駅徒歩0分で角打ち 中村屋 独りビアフェスも可能!

厚木伊勢原あたりではよくある体験として、何の変哲もないように見える店が、実はとんでもなく奥深かったり

記事を読む

鮎まつり大花火大会時の本厚木駅前

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会 人混み&屋台編

本厚木が人でごった返す日。屋台でごった返す日。真夏の一大イベントあつぎ鮎まつり。そして目玉とも言える

記事を読む

待ち時間に嬉しいサービス

藤沢市辻堂 27 coffee roasters

相模川以東を扱うのは本来レギュレーション違反なのに、結構な頻度で東側エリアのお店を紹介しているような

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑