*

EBINA BEER 海老名市扇町に出来たチェコ出身醸造士の方によるブルーパブ

公開日: : 最終更新日:2018/03/18 グルメ, コーヒー, 商業施設, , 音楽 , , , , ,

ららぽーと海老名のオープン決定以来、JR相模線海老名駅の北側、海老名市扇町地区の開発が止まらない。小田急・相鉄側にビナウォークしかなかった頃、あるいはビナウォークすらなかった頃の海老名駅周辺を記憶している人が居たらビックリするだろうが、いまや海老名駅は田圃の真ん中にポツンと存在する駅ではないのである。かつてスーツに身を包んだリコー社員が田圃の間を縫って通勤する姿は遠目に大変微笑ましかったが、現在ではリコーのビルまで続く道にエビーロードとかいうふざけた名前が付いて、オシャレな飲食店の集まる街となっているのである。

これがエビーロード。海老名だからエビーロード。ビートルズ激おこ

これがエビーロード。海老名だからエビーロード。ビートルズ激おこ

エビーロード沿いに醸造所付ビアパブができました

JR海老名駅の足下、エビーロードの始まりには海老名の領主えび〜にゃのカラフルな像があるので、五体満足で帰宅したかったらまず拝んでおいた方が良い。

??コロちゃん「たかがゆるキャラに市の予算の使い過ぎだBoo〜!」

??コロちゃん「たかがゆるキャラに市の予算の使い過ぎだBoo〜!」

そのエビーロード沿いに、今年2月からオープンしていたビアパブがEBINA BEERだ。周囲ガラス張りの店内にカウンター12席&テーブル18席で、ビールは常時8タップを揃える。海老名駅周辺としては初のビール専門パブではないかと思われるが、土曜日には14:00からオープンしており(とは言えオープン以来営業時間はコロコロ変わっている印象があるので最新情報をFacebook等でチェックした方が良い)、クラフトビール以外にもコーヒーやスイーツも楽しめる。

神奈川県海老名市扇町5-4
エビーロードの丁度この辺にお店が

エビーロードの丁度この辺にお店が

テナントの左半分が丸々醸造設備

テナントの左半分が丸々醸造設備

テナントスペースのうち半分くらいは、海老名市初のクラフトビール銘柄”EBINA BEER”として醸造をするためのビールタンク等によって占められている。このお店を開いたご夫婦の夫の方(トーマス・レハクさん)はチェコのプラハ国立歌劇場でチューバ奏者として活躍されていたらしいのだが、醸造所付ビアパブを新たに日本で始めるため海老名に移住した。そして先述のとおり2月より店をオープンしていたわけだが、醸造所設備の電気工事が上手く進まなかったり、日本での醸造許可がなかなか下りなかったりと、当地での醸造までには足踏みが続いた。オープンよりおよそ半年間については、同じチェコ出身醸造士が石川県で醸造する日本海倶楽部のビールが提供されるお店であった。まあこの日本海倶楽部のビールもピルスナーの本場チェコらしく素晴らしいビールで、全く不満はなかったのだけれども。

海老名発クラフトビールの醸造&提供開始。ビールの提供温度はどうかな?

それが7月より醸造免許取得、8月の終わりよりオリジナルビールの提供が開始されたとのこと。相模川を渡る用事が無いのでいまだ純海老名産クラフトビールを味わってはいないのであるが、どうせならお店のプッシュがし易くなったこのタイミングで紹介記事を書いてみようと思い至った。したがって、以下のビール感想や写真等は真EBINA BEERの提供以前のものとして考えて欲しい。

オリジナルレシピのエビナラガー

オリジナルレシピのエビナラガー

現地での醸造開始前でも、日本海倶楽部の委託醸造という形でEBINA BEERオリジナルレシピのビールが提供されていた。それが写真のエビナラガー。記念すべきこのビアパブとの出会いの一杯であったのだが、驚いたのはあまり冷えていない状態でこれが出てきたことであった。
生ビールを氷を入れることなくキンキンに冷やして出すというのは、よく言われるように日本で見られる独特の文化で、欧州などに旅行に行ってきた人が大体現地で出された冷えていないビールにショックを受けて帰ってくるという。このお店で出てきたビールもそういうショッキングなタイプであったが、個性の強いエール(上面発酵ビール)と比べたときにラガー(下面発酵ビール)は、むしろ冷えていない状態で出されるべきものではないかと納得させられた。IPAのようにやり過ぎとも思える量のホップを投入しなくても、適温のビールであれば泡から充分ホップの香りを感じられる。それもビールの愉しみ方であるように思う。

ヴァイツェン。上面発酵のビール

ヴァイツェン。上面発酵のビール

とは言っても、上面発酵のビールも同じような温度で出てきたので、ラガーに限らずただチェコ流の温度で提供しているだけなのかもしれない。ちなみに、盛夏の暑い時期に訪問した際には、キンキンには冷えていないものの開店当初より提供温度が下がっていた。夏だけの期間限定で提供温度を低くしたのか、それとも折れて日本式に合わせてきたのかは分からない。

夏に飲んだビール。グラスにかなり水滴が付いている。ただ、やはりキンキンではなかった。

夏に飲んだビール。グラスにかなり水滴が付いている。ただ、やはりキンキンではなかった。

フード&スイーツメニュー

海老名産クラフトビールのお伴として、おつまみもにも期待したいところ。チェコ出身のオーナーと聞いたとき、おつまみなどもチェコ推しでくるのかと思っていたが、メニューには純然たる日本のビアパブのおつまみが並んでいた。ただ、変化球的なメニューもある上に大抵美味しいので、チェコビールとか自家醸造ビールとかの理屈抜きで海老名駅近辺の飲みどころを求める人にも面白いのではないだろうか。

フィッシュ&チップス。これでもハーフサイズ

フィッシュ&チップス。これでもハーフサイズ

串揚げ。チェコビールのつまみに串揚げはなかなか無い組み合わせではないだろうか

串揚げ。チェコビールのつまみに串揚げはなかなか無い組み合わせではないだろうか

ピタと辛い青唐辛子。青唐辛子は辛過ぎてビールの味どころではなくなるので本当にお勧めしない

ピタと辛い青唐辛子。青唐辛子は辛過ぎてビールの味どころではなくなるので本当にお勧めしない

スイーツメニューは、ビアパブでスイーツメニュー?と一瞬疑問に思うが、お酒の飲めない人でもこのお店で愉しめるようにコーヒー&スイーツがラインナップされている。コーヒーもおそらく特段チェコスタイルということではないのだろうが(トルココーヒーではない)、海老名市国分にある豆工房コーヒーローストの豆を使った一杯が飲める。

コーヒーとフォンダンショコラ

コーヒーとフォンダンショコラ

このフォンダンショコラは添えられた生クリーム含めて温度が完璧で…別に温度フェチなわけではないが、ビールの温度も含めてもしこのお店がこだわっている点なのだとしたら、海老名にこんなに面白いこだわりを持ったお店があるよ、と他人を誘い出し易いと思った。また、そういうお店が登場してきて受け容れられているのも、しがらみのない海老名らしくてとても良いことだと思った。

自家醸造ビールの感想などを追記

自家醸造が始まり、今では色々な酒場でエビナビールの銘柄を目にすることも多くなった。ビールイベントにも積極的に参加している印象があり、神奈川県内のブルワーの一つとして着実に知名度を増してきていると言えるだろう。
上のレポートでは委託醸造ビールしか味わっていなかったため、エビナビールの真の実力を量ることが出来ていなかった。そして機会あって再来店や再々来店を重ねていくうちに分かったのは、エビナビールのオススメがチェコらしいピルスナーだけに留まらず、IPAなどアメリカンなタイプのビールもイケるという事だ。

Uppun IPA "うっぷんIPA"

Uppun IPA “うっぷんIPA”

IPAは分かり易い苦さがあり、決してこのブルワーにとって不得手ではないということがわかる。ちなみにビールの提供温度は、キンキンに冷やされる形に統一したようだ。

おつまみ3点セット盛り

おつまみ3点セット盛り

そして、おつまみにはブルスト(ソーセージ)が登場するようになった。このブルストも期待を裏切らない逸品なので、是非店を訪れたら試してみて欲しい。

関連記事

開業後のららぽーと平塚 一応

ららぽーと平塚 日産車体工場跡地で2016年秋開業へ

JR海老名駅北側のららぽーとが、着々とその姿を現しつつある今日この頃。海老名のららぽーと開業は201

記事を読む

右にクジラ?のモニュメントが

ムール ア・ラ ムール 湘南小麦プロジェクトのパン屋

以前紹介した、伊勢原市三ノ宮の奇妙なセブンイレブンしかり。日本一まずいラーメン屋しかり。伊勢原市には

記事を読む

7番ゴールド

伊勢原市 ドレファラシド

味噌ラーメンが特に好きというわけではないのだが、流行っているというか、ジャンルとして定番を外れた決定

記事を読む

佐々木秀尚Group

厚木ジャズナイト2017に行ってきた

毎年夏休みが終わりそうになると、我らが本厚木のはとぽっぽ公園ステージにて、厚木ジャズナイトと呼ばれる

記事を読む

博多ラーメン

長浜ラーメン博多山笠 東海大学前駅店

小田急小田原線の東海大学前駅。この駅に用事あって下りることが昔からよくあり、駅周辺で安く美味く食事を

記事を読む

この階段を上ると「たんぽぽ」

手もみラーメンが売り 伊勢原市 たんぽぽ

伊勢原市には、あまりラーメンが美味いというイメージがない。隣の厚木市に出ると、らーめん研究所や麺や食

記事を読む

大磯港会場入口

『大磯市』 大磯町で毎月行われる湘南・西湘の見本市

厚木以西の(相模川以西の)海沿い地域の中心というと、何を置いてもやはり平塚だ。他の地域と比べて人口が

記事を読む

no image

厚木以西の味覚

厚木を越えてビックリすること グローバル化が叫ばれる時代、世界中のどこに行ってもフランチャイズ

記事を読む

にわかに日本チャンピオンと結びつかない佇まい

焙煎日本一職人が平塚に!? いつか珈琲屋

あなたの街にもきっといるはず、日本一の人が。というわけで、あまり日本一の人を排出していないイメージも

記事を読む

棟同士の隙間とか。会場はショボい筈なのに

湘南T-SITE 藤沢市のでっかい蔦屋書店に行ってきた

海老名市立中央図書館をTSUTAYA図書館として再生させ、株式会社図書館流通センター(TRC)との共

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑