*

第68回あつぎ鮎まつり大花火大会に行ってきた! 花火?のレポート編

それでは、鮎まつりの屋台レポートに引き続いて、8月2日(土)の大花火大会開演後の本厚木の街の様子などをレポートしよう。

花火の音はすれども姿は無し

鮎まつり大花火大会を花火大会として熱心に観覧する人間は、大体どこに行けば花火が見えるか心得ている。したがって、花火の開始時刻には既に河川敷の観覧会場に陣取っていることであろう。
一方、本厚木で大きな花火があるので行ってみようか、という調子でやってきた客は、まず本厚木の街中にいれば空に打ち上がる花火も見えるだろうと高をくくっている。ところが、これが全く見えない。本厚木は衰退していると言われる街だが、栄えていた頃に作ったハコはいっぱい建っているので、水平から斜め上方面への視界が遮られて、花火を見ることが出来ない。丁度打ち上げ場所が相模川の中州という低地にあることも、視界不良の原因となっていることだろう。
花火大会の開始とともに、街中には花火の炸裂するダイナミックな音が響き渡るのである。しかし花火の姿は見えない。そこで、本厚木の街中で、花火難民の大移動が起こる。これが鮎まつり花火の特徴だ。

移動する花火難民 なかちょう大通り

移動する花火難民 なかちょう大通り

移動する花火難民 厚木中央通り

移動する花火難民 厚木中央通り

第3会場(金田グラウンド)に誘導される難民

第3会場(金田グラウンド)に誘導される難民

最終的には、本厚木駅から一番遠い第3会場のみ空席ありという状態であった。そこで、花火を求めて誘導に従ったものの、途中で挫折して引き返してしまう客も多かったことだろう。

花火がどうでもよくなると、人は屋台に流れる

移動中に挫折する人や、より良い観覧場所を求めて歩き回る人を巧みにキャッチするのが、本厚木の街中に存在する屋台だ。実際こうした効果を狙って低地で打ち上げているのではないかというくらいに、効果を発揮している。
フードバトル等、本厚木の街の特性をよく知る人がやってくるイベントでは、こうはならないので、屋台が街中で開いているという光景は見られない。B-1グランプリのときと同じく、本厚木に一見さんが大量にやってくるときのシフトとでもいうべきものだ。
花火大会の混乱状態の中では、いつもは人がまばらなアミューあつぎ前にも人が押し寄せていた。

鮎まつり大花火大会 アミューあつぎ前

鮎まつり大花火大会 アミューあつぎ前

アミューのテナントも露店を出して販売

アミューのテナントも露店を出して販売

別にアミューあつぎ近辺が花火が見えるスポットというわけでもないのに(9階の特別鑑賞席を除いて)。いつもはあまり賑わっていないとはいえ、厚木市民による潜在的な期待感みたいなものがこういうイベントの時に現れるのかもしれない。ちなみに、屋台リポートで言及したさがみビールと厚木ビールの屋台はこのような感じだった。

アミューあつぎ前 さがみビール&厚木ビール

アミューあつぎ前 さがみビール&厚木ビール

肝心の花火はどうだった?

肝心の花火は、難民をレポートする余裕があったことから分かるように、落ち着いて完全な形では鑑賞できていない。それでも、街の所々で鑑賞スポットを見つけて、立ち止まって楽しんだ。

打ち上げ始めた頃の厚木中央公園

打ち上げ始めた頃の厚木中央公園

花火から遠いけれど、場所取りもあった

花火から遠いけれど、場所取りもあった

建物の合間からの花火

建物の合間からの花火

全部で1万発の花火はやはり豪華だ。ただ、玉数の少ない花火大会とだいたいの打ち上げ時間は同じであるので、比べると詰め込み過ぎで、メリハリを欠くようにも思える。そういった意味では、いせはら芸術花火大会が勝る部分もあるのではないかと思う。
賑やかで盛り上がるのは確か。元気な本厚木を見ることが出来て大満足。

関連記事

大神輿も到着しみそぐ

平塚三嶋神社『須賀のまつり』の浜降祭も見てきた!

海の日に行われた茅ヶ崎市の浜降祭。湘南を代表するお祭りだし、見に行ってレポートもしたくなるだろう。け

記事を読む

伊勢原大神宮の桜

関東の伊勢神宮 伊勢原大神宮と桜

遷宮であるとかパワースポットであるとかでたびたび話題になる伊勢神宮。本家の伊勢神宮に行くのはなかなか

記事を読む

鮎まつり大花火大会時の本厚木駅前

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会 人混み&屋台編

本厚木が人でごった返す日。屋台でごった返す日。真夏の一大イベントあつぎ鮎まつり。そして目玉とも言える

記事を読む

アミューあつぎのロゴ

アミューあつぎ「幼稚園送迎システム」に厚木市の本気を感じる

4月26日オープンのアミューあつぎについて、公式Facebookでは続々とその整備状況が発信されてい

記事を読む

アミューのオープンを撮影していた

アミューあつぎのグランドオープンに行ってきた!

4月26日(土)10:00、新生本厚木の象徴であるアミューあつぎがついにグランドオープンした。 実

記事を読む

池のほとりに店がずらり並ぶ

『カミイチ』 小田原市の上府中公園を舞台としたクラフト市

JR御殿場線の下曽我駅の西側に、市民球場である小田原球場を抱えた上府中公園というスポットがある。元々

記事を読む

麺処直久の純鶏らーめん

海老名ビナウォーク 麺処直久

最近テナントが落ち着いてきた感のある、海老名ビナウォークのラーメン処。以前松任製麺があった場所に、今

記事を読む

吊るされているのは…さるぼぼ?

大磯高来神社の御船祭 船形山車とどっこい神輿の祭典

平塚三嶋神社の『須賀のまつり』と同じく2014年7月19日(土)・7月20日(日)という日程で行われ

記事を読む

キラキラと美しい

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会 相模川河川敷(厚木側)会場で見てきた

あつぎ鮎まつり一日目、人混みと屋台のレポに続いては、いよいよ花火のレポートである。 鮎まつり花

記事を読む

展望台と桜と富士山(天気…)

秦野桜まつり 弘法山公園会場2000本の桜

秦野市東部、国道246号線が通る北側の地域と、小田急小田原線が通る南側の地域を分け隔てるように存在す

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑