*

厚木以西の味覚

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 グルメ ,

厚木を越えてビックリすること

グローバル化が叫ばれる時代、世界中のどこに行ってもフランチャイズチェーンで供される料理は同じ。「味覚が単調化、平板化してきている!」という、知ったような口ぶりで語っている人も、相模川を越えてその考えを改めるかもしれません。

厚木以東と以西で、味覚がまるっきり変わるのです。具体的にどう変わるのかというと、厚木以西の料理はとにかくしょっぱい。厚木以東の人間が何気なくラーメン屋に入って、醤油ラーメンのスープを飲み干そうものなら、確実に頭痛がするレベルの塩辛さがあるのです。

どこからこんなに塩辛いのだろう

厚木の隣の、伊勢原市辺りではあまり気にならないかもしれませんが、その隣の秦野市まで行くと、中華料理屋で出てくるラーメンは全て塩辛いです。メディアに取り上げられることの多い、「小田原ラーメン」も、どす黒い醤油の色としょっぱさが特徴になっています。つまり、塩辛い文化圏は小田原まで続いている事になります。

では、その西はどうか。そのまた西は…と尋ね歩いていくと、どうやら静岡県辺りまではどす黒い醤油と塩辛い味の文化があるようです。「しぞーかおでん」も、真っ黒ですね。
関西人がよく、「東京のうどんのつゆは黒い」と言いますが、おそらくそれは静岡辺りで関東への侵入を阻まれた関西人の感想なのでしょう。静岡でこの辛さなら、東京まで行ったらどれだけ辛くなるんだ…と戦意喪失した結果、地元に帰って吠えているのかもしれません。

ちなみに、厚木以西.netの管理人である私は、どちらかというと厚木以東ないし関西人の味覚です。したがって、このブログで厚木以西の料理屋を紹介する事、これからかなりあると思いますが、基本的によそものの舌なので、とにかく辛い辛い言っていてもまあ怒らないで下さい。

関連記事

さがみビール 飲み比べ

厚木七沢 さがみビールレストラン セルバジーナ

さがみビールというビールの銘柄がある。盛升という日本酒銘柄の醸造元、黄金井酒造が醸造しているビールで

記事を読む

清勝丸 濃厚味噌つけめん

海老名 清勝丸

厚木以西のライバル、海老名およびビナウォークということを書いたけれども、ラーメンばかりは海老名の実力

記事を読む

尾壱家醤油ラーメン

尾壱家 辻堂店

相模川より西側のカルチャーに毎回スポットを当てて紹介するサイト、厚木以西.net。今回の紹介はJR東

記事を読む

麺や道楽 豚そば

東海大学前駅 麺や道楽

あらかじめ断り書きをしておくことは大変重要だが、厚木以西の味覚で書いた通り、厚木以西のグルメは大抵塩

記事を読む

オリジナルレシピのエビナラガー

EBINA BEER 海老名市扇町に出来たチェコ出身醸造士の方によるブルーパブ

ららぽーと海老名のオープン決定以来、JR相模線海老名駅の北側、海老名市扇町地区の開発が止まらない。小

記事を読む

厚木プレスSENBEIのえびせん

厚木の新名物となるか 厚木プレスSENBEI

厚木の名物ってなんだろう?ゆるキャラのあゆコロちゃんだろうか。あるいは鮎まつりの名称の由来にもなって

記事を読む

本厚木 オハナ堂

オハナ堂 本厚木店

厚木より西側の、光の当たらないエリアを紹介するサイト、厚木以西.netについては、長らく温めていたア

記事を読む

虎次郎らーめん 野菜多め

海老名ビナウォーク 虎節

海老名ビナウォークのらーめん処は店のレベルが高く…という話は、もうブログ記事の枕として使いすぎている

記事を読む

壱七家ラーメン650円

壱七家 本厚木店

海老名駅近辺のラーメン屋はレベルが高いと書いてきて、本厚木駅周辺で紹介した2店(オハナ堂・節物語)に

記事を読む

百菜 野菜つけ麺

海老名ビナウォーク たんめん専門店 百菜

ビナウォークらーめん処には、以前紹介した清勝丸を筆頭として、レベルの高いラーメン店が並んでいる。不人

記事を読む

Comment

  1. […] あらかじめ断り書きをしておくことは大変重要だが、厚木以西の味覚で書いた通り、厚木以西のグルメは大抵塩辛い。正確には、私にとって塩辛いということで、実際に厚木以西の人達からすれば、それも馴染みの味だろう。しかし、私がレビューしようとするとどうしても塩辛いという感想が出てくる。したがって、何か厚木以西で食したことがあって、塩辛いんじゃない?と思ったことのある人にとって参考となるレビューしか書けない(小田原系のラーメンが試金石かな)。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑