*

厚木の新名物となるか 厚木プレスSENBEI

厚木の名物ってなんだろう?ゆるキャラのあゆコロちゃんだろうか。あるいは鮎まつりの名称の由来にもなっている相模川の鮎か、B-1グランプリ優勝という輝かしい過去の栄光をもつシロコロホルモンだろうか。
どの名物もイイ線いっている。地方の自治体の名物としてそれらのうちどれかがあるのならば、勝負パンツならぬ勝負名物として売り出せそうなところ。けれども厚木は本厚木駅周辺の中途半端な都会感のせいか、それらの名物が脚光を浴びて集客ツールとなることはない。
…所感を述べるのならば、子供やお年寄り、ヨッパライ向けの名物ではあっても、それらは若者層にアピールできる名物ではないんだよな。厚木がアピールできないこの年代層を、ごっそりと隣の海老名に取られてしまっている。大学に逃げられて以来、本厚木はニッチ需要へと突き抜け続けている!

万物をすべてプレスする厚木プレスSENBEI

そこで若者にアピールできるオモシロ新名物が必要だ。昨年本厚木にできて、密かに話題となっているのが、厚木プレスSENBEI。せんべいというといかにもお年寄り向けで、ニッチ名物の域を出ないのではないかと思われるかもしれないが、これがなかなか可能性を秘めていて面白い。
厚木プレスSENBEIというのは、直系30cmくらいはあるのではないかと思われる薄焼きのせんべい(えびせんのような生地)で、注文後に特殊なプレス機械を用いて生地・具材をプレスしながら焼き上げるもの。スタンダードメニューとして海老やらタコやらイカやらがあり、また厚木の名物メニューとしてホルモン、とん漬け、鮎がある。
そして、実はプレスする具材を客が持ち込みできる。これにより摩訶不思議な創作せんべいが本厚木の地で日々プレスされ続けている。店舗の柱に誇らしげに並べられたオリジナルせんべいの写真。肉や魚は序の口で、餃子、ハンバーガー、缶詰、ケーキにみたらしだんごにチョコバナナ。こいつら絶対食材で遊んでるだろうとしか思えない。

えびせんを頼んでみる。新感覚!

でも実際このプレスせんべいは食べられる味になっているのだろうか。興味が湧いたので食べに行こうということに決定。実際に店の場所に行ってみると、本厚木駅から遠くなく厚木一番街という中心商店街にあるので分かり易い。ただ、せまいビルの地階にあるため多少入り辛い感はあるかもしれない。

厚木市中町2-8-1

会田興行ビルというビルのB1F。

ここから下りる

ここから下りる

階段の正面には焼酎BAR LINKという店があります

階段の正面には焼酎BAR LINKという店があります

もうちょっとメジャーな名物になってくれれば、このニッチ感はなくなってくれるだろうか。店舗スペースはガラス張りの調理場と順番待ち用のベンチくらいで非常にこぢんまりとしている。

厚木プレスSENBEIのえびせん

厚木プレスSENBEIのえびせん

で、頼んで出てきたのがこのえびせん(400円)。でかいでかい。そして海老一尾をそのままプレスにかけているので、姿が立派に残されている。まるで化石だ。
思えば昔からえびせんというものに不満を持っていたものだ。えびせんという名前でありながら、海老感が非常に希薄なあの菓子ときたら。でもこの厚木プレスSENBEIのえびせんは、こんがりと焼き上げられた海老の香りがむせるほど漂う。バーベキューで焼かれる海老の香りそのもので、満足度が高い。
生地もまた通常のえびせんとは異なり、しょっぱくない丁度良い塩梅の味になっている。オリジナルせんべいで甘い食材を持ってくる客がいるのも納得なのである。

ということで、厚木の新名物としてぜひ推薦しておきたい厚木プレスSENBEI。若者にアピールしまくって、隣の海老ナントカとかいう名前の街もついでにプレスしてしまおう(暴言)。

関連記事

Aちゃんぽんでこのサイズ

さがみ野駅”博多どんたく”でデカ盛ちゃんぽんを

本厚木駅からちょっとした用事のため相鉄本線の駅に出ようとすると、海老名駅での乗り換えが必要になりほぞ

記事を読む

ららぽーと海老名入口

ららぽーと海老名がオープン 海老名駅と言えばJR!となるか

先月の29日にオープンした、三井不動産の大型ショッピングパーク"ららぽーと海老名"。これまで暗黒世界

記事を読む

弦斎カレーパン

平塚名物グルメ 弦斎カレーパン

平塚に関わりのある偉人村井弦斎について、平成になってから平塚市がプッシュを始めたということを紹介した

記事を読む

棟同士の隙間とか。会場はショボい筈なのに

湘南T-SITE 藤沢市のでっかい蔦屋書店に行ってきた

海老名市立中央図書館をTSUTAYA図書館として再生させ、株式会社図書館流通センター(TRC)との共

記事を読む

ゐなかうどんスペシャル(1月〜2月)

秦野市 白笹うどん多奈加

関東三大稲荷、白笹稲荷神社の初午祭に行ってきた、というのが前回のお話。そして秦野名水と称される湧き水

記事を読む

尾壱家醤油ラーメン

尾壱家 辻堂店

相模川より西側のカルチャーに毎回スポットを当てて紹介するサイト、厚木以西.net。今回の紹介はJR東

記事を読む

振る舞われていたどぶろく

秦野どぶろく祭り改め?里山うまいもん楽市に行ってきた

昨年3月、小田急線秦野駅前のまほろば大橋を会場として開催されていた秦野どぶろく祭り。参加者がただで飲

記事を読む

伊勢原市での目撃例

謎の”湘南クッキー”

厚木以西.netのサイトを始めてから、とうとう世界の核心に迫る、最大の謎に手を伸ばすときがやってきま

記事を読む

飛び交うトンビと砂防林と

平塚SunSunマルシェ 毎月第二日曜に草むら会場で

お隣の茅ヶ崎市でアロハマーケットをやっていた一方、相模川を挟んで西側にある平塚市では、毎月第二日曜日

記事を読む

私の心も捉えられました

本厚木ラーメンの筆頭と言えば… 麺や食堂

本厚木の有名ラーメン店と言えば、何と言っても麺や食堂である。かの有名な集合知である食べログが本厚木ラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑