*

海老名ビナウォーク 虎節

海老名ビナウォークのらーめん処は店のレベルが高く…という話は、もうブログ記事の枕として使いすぎているきらいがあるので、省略してしまってもよいかもしれない。ただ、ビナウォークのらーめん処について最近気付いたことといえば、どうも以前より店の入れ替えがされず変わらぬ面子が続いているなと思っていたら、同じグループが別名義の2店を出店していたりと、寡占状態になりつつあるらしい。たとえば、麺やいろはと松任製麺が同じグループ、清勝丸と今回紹介する虎節が、虎節の前に出店していた柳屋グループの系列であったり、など。

だから、ビナウォークのらーめん処は入れ替えが激しいからレベルが高いというのは、間違いになるだろう。また、同グループの店でスタッフや備品、融通しあっている部分もあるから、店の入れ替えを期待して気にくわない店以外の店に食べにいく”投票行動”的なことを行っても、あんまり影響は出ないということだ。

本題。というわけでビナウォークの虎節(こぶし)は、清勝丸や柳屋と大いに関係のある店舗だ。それらの店の味が気に入っているのなら、虎節にも期待してよいかもしれない。

虎節 店の前

虎節 店の前

二郎系のドカ盛りラーメン。海老名ではここの他にぎょうてんやがあるけど、ぎ郎をどうしても食べたいというような衝動って無いだろうし、仮に二郎海老名店とかができたら、そちらに客が流れてしまうのではないかと思う。一方、虎節のドカ盛りラーメンは、二郎が出来たとしてもこちらを選ぶ人が多いのではないかと思うほど、個性を持っている。

虎節の"コール"

虎節の”コール”

メニューの”油”は、家系における”油”で、二郎系の”アブラ”ではないので注意。

虎次郎らーめん 野菜多め

虎次郎らーめん 野菜多め

虎次郎らーめんの野菜多め700円。実は、2013年12月に消費税アップを見込んで値上げを行ったらしく、現在では730円になっている。元々安い値段設定ではないものの、この味なら700円は納得ということで食べに行っていたのが、730円となると、お気に入りのラーメン屋で大盛特盛を頼んでも同じくらいか…と考えてしまう。
麺は太麺。豚は清勝丸と同じものか、スープに浸して食べないと本領が発揮されない豚である。満足感はほどほど。
スープは、二郎系お約束のカエシの味の強いスープとは全く異なる、普通のラーメンとしてもやっていけるであろう魚介豚骨。初めて食べた時には、二郎系もここまで昇華されたかと感動したものだ。何杯もレンゲですくって飲んでしまう。濃い豚骨風味を味の無いもやしに絡ませて食べるのが面白いけれど、何かもう一工夫があると完璧か。そうか、ここで”アブラ”があると違うのかもしれない。

スープが最後までうまいので、食べた後の満足感は高い。魚介豚骨と二郎系のあいのこのような虎節。どちらを食べるか迷った日にとてもオススメ。

関連記事

無法松の相州赤味噌ラーメン

鶴巻温泉駅 無法松 相州赤味噌ラーメン

東海大学湘南キャンパス周辺で、うまくて安いラーメン屋を捜索中!といういつもの常套句。最近は新規出店が

記事を読む

厚木PARCOのロゴ跡

アミューあつぎの入居テナント発表。気になる映画館は?

先日、本厚木の旧パルコビルに入居する厚木市肝煎りの商業施設、アミューあつぎについて記事を書いた。その

記事を読む

つけ麺。ボリューム系ではない

ららぽーと海老名フードコート つけめん久臨

らーめん処を擁する海老名に新たなつけ麺店が登場、ということで、早速ららぽーと海老名まで足を運んできた

記事を読む

ラーメン研究所のラーメン(1/108)

厚木市 らーめん研究所 客が味の組み合わせを選ぶシステム

味噌ラーメンドレファラシドの紹介で言及していた、らーめん研究所というラーメン店。その本店は、日の出製

記事を読む

どぶろくまつりフラッグ

秦野駅前まほろば大橋での秦野どぶろく祭りレポ

秦野市で毎年3月になると行われる、秦野どぶろく祭り。祭の規模としてはとても小さく、町内会祭りレベルで

記事を読む

大山菜の投入

大山とうふまつり 仙人鍋を食べに行く

今年で24回目を迎えた、大山とうふまつり。伊勢原市がもつ観光資源、大山阿夫利神社のこま参道前駐車場に

記事を読む

フードバトルのゲート

第7回かながわフードバトル in あつぎなど 行ってきた!

アミューあつぎのオープン合わせで行われた本厚木の3つのイベント。第7回と根付いたイベントになっている

記事を読む

城門ラーメン!

湘南ご当地ラーメン 城門ラーメン 洞洞神@辻堂

ハイ。今回の紹介は全然厚木以西ではありません。厚木以西の基準である、相模川の西側ではないですし、ギリ

記事を読む

7番ゴールド

伊勢原市 ドレファラシド

味噌ラーメンが特に好きというわけではないのだが、流行っているというか、ジャンルとして定番を外れた決定

記事を読む

飛び交うトンビと砂防林と

平塚SunSunマルシェ 毎月第二日曜に草むら会場で

お隣の茅ヶ崎市でアロハマーケットをやっていた一方、相模川を挟んで西側にある平塚市では、毎月第二日曜日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑