*

尾壱家 辻堂店

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 グルメ , , , ,

相模川より西側のカルチャーに毎回スポットを当てて紹介するサイト、厚木以西.net。今回の紹介はJR東海道線辻堂駅の南口にあるラーメン店、尾壱家。今回も相模川を超えてしまっている。ルール違反上等。

辻堂のラーメン屋と言えば、前回のルール違反で紹介した、湘南ご当地ラーメン城門ラーメンの洞洞神。同じ南口のラーメン屋といえども、尾壱家は湘南銀座商店街というテラスモールを除けば一番賑わっている(というよりは、他の商店街が…)商店街にあるので、前情報無しでやってきた人間にも見つけ易い店だろう。

神奈川県藤沢市辻堂1-3-9

店の見た目は、チェーン店っぽい看板のわりには少し入りにくい感を醸し出している。おそらく、近辺に新しい小綺麗なラーメン屋でも出来れば、そちらに流れていってしまう客もいるのではというくらいに。ちなみに尾壱家はこの辻堂店と馬車道店があるらしく、馬車道店は昨年3月にオープンした。比較的繁盛しているということなのだろうか。

尾壱家の見た目

尾壱家の見た目

店内に入ると、常連であろう先客がそこそこ入っていた。まあ、あまり周辺でラーメン屋の選択肢は無さそうだから、純粋にこの店の大ファンばかりというわけではないかもしれない。醤油ラーメン680円を頼んで、ランチタイム無料のライスをつける。
名前から分かる通り、このお店も壱六家をその先祖とした”壱系”ラーメンだ。しかし出てきたラーメンには、壱系の特徴であるうずらの卵は乗っていない。まあ、一目見て分かる通り、きっとスープはクリーミーと評される、まろやかなタイプだろう。

尾壱家醤油ラーメン

尾壱家醤油ラーメン

さて、お味の方は。やはりクリーミーであり、ポタージュ系と修飾せざるを得ない。個人的にはラーメンのスープをポタージュ系と表現するのはあまり好きではないのだが、口当たりがまろやかでレンゲが進みやすい感じは、やはりポタージュスープに喩えるのが適当なのかもしれない。壱系の中でも、毒の無いクリーミーだ。
以前紹介した厚木の壱七家もやはりクリーミーで飲みやすいスープであったが、この店の場合は家系の荒々しさが皆無で、おそらく海苔でライスを巻いて食べても、脂感の少なさから満足感が薄いに違いない。標準柔らかめな麺と、身切れの良いチャーシューでなおさら胃に流し込みやすい感じがある。これはこれで、たまに食べたくなっておかしくない味だ。

ただまあ、680円だと気軽には食べに来ないかもしれない。このお店も特定の日にちにラーメンがワンコイン500円になったりするので、キャンペーンだけ狙って食べにくると飽きもこずウマいかもしれない。でも、同じ魂胆の客が一杯で、絶対混みそうだけど(笑)。

関連記事

麺屋AJITO シラフで撮った写真

麺屋 AJITO 東海大学前駅の若者向けドロつけ麺

秦野市のラーメン店というのは、屋号こそ沢山あれど、実は市内の別の店のセカンドブランドだったとかそうい

記事を読む

南口バスロータリーも祭モード

第50回伊勢原観光道灌まつり パレードと御柱を見てきた

毎年の10月中旬、少し肌寒くなってきた頃に伊勢原市で開催される伊勢原観光道灌まつり。伊勢原市にゆかり

記事を読む

相楽のあんかけもやしそば

本厚木 ラーメン相楽のあんかけもやしそば

なくなりそう、なくなりそうと言われ続けて、なかなかなくならない店というものがある。繁盛し続けているか

記事を読む

開場アナウンス直後でこの人出!

大磯市夜市 7〜9月に日中の暑さを避けて変則開催の大磯市

以前当サイトでレポートを行った大磯市。大磯市とは、神奈川県中郡大磯町の大磯漁港を舞台として行われる、

記事を読む

no image

厚木以西の味覚

厚木を越えてビックリすること グローバル化が叫ばれる時代、世界中のどこに行ってもフランチャイズ

記事を読む

村井弦斎公園

平塚ゆかりの偉人村井弦斎と村井弦斎公園

わりと大きめの自治体には、必ずその自治体がプッシュする偉人がいる。とは言っても、全国の自治体その全て

記事を読む

日の出製麺所謹製味噌ラーメン

日の出製麺所に再訪 今度は味の味噌一直系の味噌ラーメンを食べる

以前とってもジャンクなメニュー、"そば焼き"をレポートした厚木の日の出製麺所。どうもこのお店は平塚市

記事を読む

秦野じぱんぐ焦がしネギ醤油 

秦野駅 じぱんぐ 魚介焦しネギ醤油

小田急小田原線の秦野駅で降りると、繁華街は主に北側に広がっている。昼時に食事処を探す場合には、どうし

記事を読む

清勝丸 濃厚味噌つけめん

海老名 清勝丸

厚木以西のライバル、海老名およびビナウォークということを書いたけれども、ラーメンばかりは海老名の実力

記事を読む

大山菜の投入

大山とうふまつり 仙人鍋を食べに行く

今年で24回目を迎えた、大山とうふまつり。伊勢原市がもつ観光資源、大山阿夫利神社のこま参道前駐車場に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑