*

アミューあつぎ パルコ跡地ビルで今春開業

本厚木の衰退の象徴とも言える出来事が、2008年の厚木パルコの撤退。以来、「PARCO」の文字が取り去られた跡も生々しい、実にパルコっぽい形をした廃墟ビルが堂々とそびえる様が悲惨であった。

神奈川県厚木市中町2-12-15

場所はココ。中途半端に駅から遠い。

さすがにその状態のまま置いておくのは街の不利益になると踏んだのか、このビルは結局厚木市が2012年11月に取得し、再生利用に向けて動き出した。ただ、行政による施設利用の切迫性あっての取得というわけでもなく、街のテコ入れのためにしぶしぶ動いたという感が強い。当初この施設の仮名称が、「あつぎ元気館」だったというのも、どうにも悲壮感あふれることだ。「あつぎ空元気館」ではなかったかとは言い過ぎだろうか。

それでも、厚木市が他の自治体と違うところは、投票行動が街おこしの芳しい結果に繋がるというイメージがなんとなくあるというところだろうか。新施設の正式名称は公募から市民投票を経て決定した、「アミューあつぎ」。新名称を元にロゴマークが作られ、名称とロゴを最前面に押し出して4月26日のオープンに向けた工事が進められている。

アミューあつぎ完成イメージと工事の様子

アミューあつぎ完成イメージと工事の様子

アミューあつぎのロゴ

アミューあつぎのロゴ

厚木PARCOのロゴ跡

厚木PARCOのロゴ跡

この厚木市に存在する市民投票への期待がどこからきたのかというと、やはり2008年の厚木シロコロホルモンB-1グランプリと、翌々年のB-1グランプリin厚木の開催という連鎖が大きいのではないかと思う。以来、市を挙げて全国的知名度につながるモノを作り上げるという発想は、ゆるキャラグランプリのあゆコロへと繋がる。実際のところ一連のあゆコロ推しについても、ただの行政のリソースの無駄遣いとのイメージを持っている市民は非常に少ないのではないかと思う。

言ってしまえば、市民投票も含め「村おこし」の発想と変わりないのだけれど、それを厚木市という人口20万人以上の特例市で、しかもかつての中心的都市、ハード的に恵まれている都市がやっているというところが面白い例であるように見える。

アミューあつぎがオープンすると、本厚木に久々に映画館が帰ってくることになる。はたして海老名ビナウォークに対しての反撃となるか。

関連記事

棟同士の隙間とか。会場はショボい筈なのに

湘南T-SITE 藤沢市のでっかい蔦屋書店に行ってきた

海老名市立中央図書館をTSUTAYA図書館として再生させ、株式会社図書館流通センター(TRC)との共

記事を読む

吊るされているのは…さるぼぼ?

大磯高来神社の御船祭 船形山車とどっこい神輿の祭典

平塚三嶋神社の『須賀のまつり』と同じく2014年7月19日(土)・7月20日(日)という日程で行われ

記事を読む

大磯港会場入口

『大磯市』 大磯町で毎月行われる湘南・西湘の見本市

厚木以西の(相模川以西の)海沿い地域の中心というと、何を置いてもやはり平塚だ。他の地域と比べて人口が

記事を読む

グラウンド内の観覧席

第4回いせはら芸術花火大会の記録

花火大会といえば、大体夏の始まりから秋の終わりにかけて行われるもの。勿論年越しカウントダウン花火のよ

記事を読む

花火から遠いけれど、場所取りもあった

第68回あつぎ鮎まつり大花火大会に行ってきた! 花火?のレポート編

それでは、鮎まつりの屋台レポートに引き続いて、8月2日(土)の大花火大会開演後の本厚木の街の様子など

記事を読む

90度旋回する神輿

比々多神社例大祭で暴れる神輿を見てきた

2017年4月22日(土)に、伊勢原市三ノ宮にある比々多神社(ひびたじんじゃ)で行われた例大祭の見学

記事を読む

セエトに近寄ってみる

砂浜でダイナミックにどんど焼き 大磯左義長を見てきた

正月用に各家で用意したお飾りを、神社の境内などで燃やすどんど焼き。小正月の前後に行われるこの行事は、

記事を読む

富士山と菜の花

二宮町吾妻山公園 菜の花ウォッチングに行ってきた

二宮町の観光名所吾妻山公園からは、西湘の海を見渡せる上に遠く富士山を拝むことが出来る。加えて訪れる時

記事を読む

落花チェー 原材料

冬の大磯市リポート 磯汁をハシゴして暖まろう!

中郡大磯町で毎月第三日曜日に行われているイベント、大磯市。夏の間は夜市へと姿を変えるものの、基本的に

記事を読む

グルメフェスタのゲート

かながわグルメフェスタ2017in厚木に行ってきた

本厚木の厚木中央公園を中心会場として4月に行われるグルメイベント、かながわグルメフェスタ。端的に言う

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑