*

ららぽーと平塚 日産車体工場跡地で2016年秋開業へ

公開日: : 最終更新日:2017/04/16 商業施設, 道路, 鉄道 , , ,

JR海老名駅北側のららぽーとが、着々とその姿を現しつつある今日この頃。海老名のららぽーと開業は2015年秋となっているが、先日4月10日には埼玉県でららぽーと富士見の開業があった。三井不動産とららぽーとは、最近とかくニュースな勢いがある。

ららぽーと平塚の開業が決定

さて、ららぽーと富士見の開業日に前後して新たに発表されたのは、タイトルのとおり平塚市に新たなららぽーとを建設し、2016年秋を目処に開業するということ。場所は日産車体湘南工場の第1 地区跡地。これはJR平塚駅から15分ほどのところにある区画で、相模原市から平塚市まで神奈川県を南北に結ぶ国道129号線に隣接した物件だ。神奈川県央を車で移動する人間にとっては、そういえばあそこに日産関係の工場があったな、と思い当たるような場所でもある。

海老名のららぽーとと同じく、車でのアクセスは勿論のこと、鉄道アクセスも想定した立地だろう。ただ、海老名の場合は駅前商業施設としての性格ももつのに対して、平塚のららぽーとは少し駅からは遠い。そういった場所に商業施設を作って大丈夫なのか?という疑問が浮かんでしまうが、ららぽーと平塚の場合は商業施設とセットで隣接した住宅区画を用意するようだ。したがって、現在当該エリアに商業施設への高い需要があるというよりは、これから当地周辺に住宅需要が増えていくだろうという見込みを行っているのかもしれない。

北上した場所にはイオンモール平塚の計画も

平塚市内の129号線沿いをずずっと北に上がっていくと、寒川町とのツインシティ構想のある大神地区がある。ここにも同様の巨大商業施設、イオンモール平塚が2018年開業予定で計画されているらしい。なにやら平塚市の129号沿いがアツい!ように見えるのだが、単に未開発で土地が余っているということの裏返しなだけかもしれない。
どうせなら、リニア中央新幹線の開通により必要とされる相模線の複線化を、終点を茅ヶ崎でなく平塚に付け替えることで対応すれば良いのに、と当厚木以西サイトは愚考します。

開業後のららぽーと平塚 一応

開業後のららぽーと平塚 一応

関連記事

振る舞われていたどぶろく

秦野どぶろく祭り改め?里山うまいもん楽市に行ってきた

昨年3月、小田急線秦野駅前のまほろば大橋を会場として開催されていた秦野どぶろく祭り。参加者がただで飲

記事を読む

厚木駅連絡

厚木駅のJR・小田急乗り換え自動改札工事

海老名市には鉄道駅が、別会社同名駅を1つとして数える場合6駅ある。これは、隣の厚木市の2駅や綾瀬市の

記事を読む

麺処直久の純鶏らーめん

海老名ビナウォーク 麺処直久

最近テナントが落ち着いてきた感のある、海老名ビナウォークのラーメン処。以前松任製麺があった場所に、今

記事を読む

ナイアガラ花火。イグアスでは駄目なのか

停車駅は本厚木?海老名?ロマンスカー停車は今後綱引きで決定へ

海老名市にある各線海老名駅の駅前は、15年くらい前まで律令時代に当地に国分寺が置かれた当時の面影をよ

記事を読む

セブンイレブン伊勢原三ノ宮店

コンビニの皮をかぶった物産セレクトショップ セブンイレブン伊勢原三ノ宮店

コンビニエンスストアといえば、全国のどこの店舗に行ってもお決まりの商品が取り揃えられている、画一性の

記事を読む

ららぽーと海老名入口

ららぽーと海老名がオープン 海老名駅と言えばJR!となるか

先月の29日にオープンした、三井不動産の大型ショッピングパーク"ららぽーと海老名"。これまで暗黒世界

記事を読む

花火から遠いけれど、場所取りもあった

第68回あつぎ鮎まつり大花火大会に行ってきた! 花火?のレポート編

それでは、鮎まつりの屋台レポートに引き続いて、8月2日(土)の大花火大会開演後の本厚木の街の様子など

記事を読む

にわかに日本チャンピオンと結びつかない佇まい

焙煎日本一職人が平塚に!? いつか珈琲屋

あなたの街にもきっといるはず、日本一の人が。というわけで、あまり日本一の人を排出していないイメージも

記事を読む

棟同士の隙間とか。会場はショボい筈なのに

湘南T-SITE 藤沢市のでっかい蔦屋書店に行ってきた

海老名市立中央図書館をTSUTAYA図書館として再生させ、株式会社図書館流通センター(TRC)との共

記事を読む

JR厚木駅旧ホーム

JR相模線厚木駅 時間の止まった旧ホーム

世の中には廃線・廃駅マニアという人種があるらしく、全国の赤字路線が経営破綻・営業停止などすると、喜び

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑