*

海老名ビナウォークイルミネーション そしてららぽーと海老名建設中

それまではのどかで牧歌的な駅前が印象的であった海老名に、ビナウォークという駅前巨大商業施設ができたのは2002年。それから12年が経過し、現在では小田急線の町田以西の買い物先として、本厚木を抑えて大きな存在感を示している。
それに対抗して、本厚木でも商業施設のオープンや、海老名のマイカルシネマ開館の影響で閉館した映画館の行政主導での復活など、てこ入れを積極的に行っている。特にアミューあつぎがオープンし、また本厚木ミロードイーストがリニューアルした2014年は、”本厚木の年”となっておかしくない状況であった。

ビナフロントやららぽーとなど、海老名の明るいニュースがあった年

ところが、ライバルたる海老名はさらに本厚木を突き放してきた。今年中の大きな動きといえば、10月にオープンした住宅複合型商業施設のビナフロントのオープン。この施設は11階建てのうち5〜11階が賃貸住宅、1〜4階が各種商業テナントの入居するフロアとなっている。アミューあつぎに入居したテナントの対象年齢層が高めであるのに対して、ビナフロントに入居したテナントは若い女性向けが多い。
そして、2014年中に大々的にアナウンスされた商業施設計画といえば、三井不動産のららぽーと海老名だ。海老名駅周辺の景観として、これまではビナウォークのある小田急・相鉄海老名駅東側が豪華である一方、JR海老名駅のある西側にはただ田んぼが広がっているだけで、何ともアンバランスであった。ららぽーと海老名はこの暗黒の海老名駅西側に初めて進出し、駅直結、250店舗のテナントを有する施設として2015年秋にオープンする予定である。ということで、現在は絶賛建設中。海老名の快進撃は来年も止まらないだろう。

ららぽーと海老名 まだ暗黒区画だ

ららぽーと海老名 まだ暗黒区画だ

絶賛建設中

絶賛建設中

ビナウォークのイルミネーション

来年13歳を迎えるビナウォーク、冬期恒例のイルミネーションを行っていた。まだまだ暗さが気になるららぽーと側と比べて、対象的に光が溢れかえっている。

ビナウォーク イルミネーション2014

ビナウォーク イルミネーション2014

ビナウォークには、海老名市の公式ゆるキャラえび〜にゃの登場以前からビナセブンというゆるそうなキャラクターがいる。海老名らしく海老のキャラクター。今回のイルミネーションでも、ビナセブンが鎮座して健在をアピールしていた。

ビナセブン

ビナセブン

ビナセブンの以前には、ヴィニーという猫のキャラクターがいたらしい。つまり、猫と海老が合体したえび〜にゃというのは、ビナウォーク一家の娘ということになるのかもしれない。ららぽーとを始めとした未開発区画の開発により、今後えび〜にゃに新たな属性が追加されていくのかは見物である。

関連記事

来た方向を振り返る

秦野市水無川沿いの満開の桜を見に行ってきた

3月に秦野駅前で開催された、秦野どぶろく祭りに行ってきたけれども、その際に会場となったまほろば大橋が

記事を読む

落花チェー 原材料

冬の大磯市リポート 磯汁をハシゴして暖まろう!

中郡大磯町で毎月第三日曜日に行われているイベント、大磯市。夏の間は夜市へと姿を変えるものの、基本的に

記事を読む

馬の足がモフモフしていて可愛い

小田原城馬上弓くらべ大会&出張カミイチのレポ!

先週末3月4日(日)に、小田原城址公園二の丸広場を会場として小田原城馬上弓くらべ大会が行われた。この

記事を読む

灯籠に火が入れられる

中井町厳島湿生公園 『竹灯籠の夕べ』とホタル

小田原市上府中公園で5月の『カミイチ』が行われたのと同じ5月24日(土)、隣接する足柄上郡中井町でも

記事を読む

フラは目の癒し

茅ヶ崎アロハマーケット2017に行ってきた

茅ヶ崎にやたらとハワイアンな店が集まっているということ、読者諸氏は知っているだろうか。 私は今日知

記事を読む

本厚木のシンボルとなるか

アミューあつぎ鮎まつりフェアがスタート 抽選で花火大会席が当たる!

そのオープン以来、インターネットやSNSでの広報の弱さが気になっていたアミューあつぎだけれども、7月

記事を読む

本厚木のシンボルとなるか

アミューあつぎオープニングイベントや映画.comシネマの上映スケジュール公開

いよいよ4月26日(土)のオープンまで後一週間を切ったアミューあつぎ。ここのところオープンのための準

記事を読む

池のほとりに店がずらり並ぶ

『カミイチ』 小田原市の上府中公園を舞台としたクラフト市

JR御殿場線の下曽我駅の西側に、市民球場である小田原球場を抱えた上府中公園というスポットがある。元々

記事を読む

オリジナルレシピのエビナラガー

EBINA BEER 海老名市扇町に出来たチェコ出身醸造士の方によるブルーパブ

ららぽーと海老名のオープン決定以来、JR相模線海老名駅の北側、海老名市扇町地区の開発が止まらない。小

記事を読む

大磯港会場入口

『大磯市』 大磯町で毎月行われる湘南・西湘の見本市

厚木以西の(相模川以西の)海沿い地域の中心というと、何を置いてもやはり平塚だ。他の地域と比べて人口が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑