*

日の出製麺所に再訪 今度は味の味噌一直系の味噌ラーメンを食べる

以前とってもジャンクなメニュー、“そば焼き”をレポートした厚木の日の出製麺所。どうもこのお店は平塚市の東海大学湘南キャンパス付近にある有名店、味の味噌一の系列らしく、むしろ味噌ラーメンがウマいという情報を伝え聞いた。というわけで、再訪、再挑戦。

日の出製麺所 味噌ラーメン

相も変わらずレトロな外観、フレンドリーな雰囲気。でも以前よりは店内が混み合ってないように見える。やっぱり消費税増税で微妙に値上げをして影響があったのだろうか。

レトロな日の出製麺所

レトロな日の出製麺所

味噌ラーメンを注文後、以前訪れた際にはあまりじっくりと見なかった店内メニューにも目を向ける。餃子350円というのが、案外お得なのではないだろうか。でもこうした店には珍しく、ビール等の販売が無い。出したら売れると思うんですけどね。

少し待って、お目当ての味噌ラーメンが出てくる。そば焼きとは違って、見た目は流石に本気メニューという感じがする。もうスープの色からして美味しそう。

日の出製麺所謹製味噌ラーメン

日の出製麺所謹製味噌ラーメン

スープをすすってみると、味噌であることを忘れるかのようなクリーミー具合。味噌というと思い浮かべるエグ味が無い。具には炒めたもやし・ひき肉・少々の青色野菜が混じる。具の盛りはこぢんまりとしているので、そこはそば焼きと同じく軽食ポジションということなのかもしれない。一応大盛りもあるけれど。
特筆すべきは麺だ。これはそば焼きに使われていたのと同じく、噛む程に甘みを感じる麺。麺の甘みと相まって、ポタージュスープを飲んでいるような感覚にもなる。けれども丼の底の方に沈殿した味噌の本体で、味噌ラーメンを食べていたのだと意識を引き戻される。

麺は柔らかくて甘い

麺は柔らかくて甘い

感想は…今まで食べた味噌ラーメンの中で一番うまい!とまでにはならないけれど、10指くらいには入るのではないだろうか。肩肘張って食べるというより、気軽に食べられる高得点な味噌ラーメン。

関連記事

ZUND-BARラーメン

厚木七沢温泉 ZUND-BAR

厚木の山奥の七沢温泉に、客足の絶えない有名ラーメン店があると聞いて、ちょっくら足を伸ばしてきました。

記事を読む

福屋 福らーめん700円

東海大学前駅 らーめん福屋

東海大学前駅の大通りの両側には、学生向けの安価&量が多めの飲食店が立ち並ぶ…といったことは、既に上海

記事を読む

桃中軒 みくりやそば

御殿場市名物みくりやそば 御殿場駅の桃中軒にて

御殿場線の梃入れ企画第2段!御殿場市の名物を見つけようという企画。案外あっさりと見つかった名物は、み

記事を読む

この階段を上ると「たんぽぽ」

手もみラーメンが売り 伊勢原市 たんぽぽ

伊勢原市には、あまりラーメンが美味いというイメージがない。隣の厚木市に出ると、らーめん研究所や麺や食

記事を読む

つけ麺。ボリューム系ではない

ららぽーと海老名フードコート つけめん久臨

らーめん処を擁する海老名に新たなつけ麺店が登場、ということで、早速ららぽーと海老名まで足を運んできた

記事を読む

開場アナウンス直後でこの人出!

大磯市夜市 7〜9月に日中の暑さを避けて変則開催の大磯市

以前当サイトでレポートを行った大磯市。大磯市とは、神奈川県中郡大磯町の大磯漁港を舞台として行われる、

記事を読む

薬膳スープ餃子

東海大学前駅 餃子房ふーが

小田急小田原線の東海大学前駅で下車し、南口から小田原方面の線路沿いに出る。駅のすぐ横には踏切があるの

記事を読む

南口バスロータリーも祭モード

第50回伊勢原観光道灌まつり パレードと御柱を見てきた

毎年の10月中旬、少し肌寒くなってきた頃に伊勢原市で開催される伊勢原観光道灌まつり。伊勢原市にゆかり

記事を読む

厚木プレスSENBEIのえびせん

厚木の新名物となるか 厚木プレスSENBEI

厚木の名物ってなんだろう?ゆるキャラのあゆコロちゃんだろうか。あるいは鮎まつりの名称の由来にもなって

記事を読む

手打ち蕎麦信玄 蕎麦膳

鶴巻温泉駅 手打ちそば信玄

小田急小田原線を小田原方面に本厚木から3駅行くと、鶴巻温泉という駅がある。鶴巻温泉という名前が示すよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑