*

日の出製麺所に再訪 今度は味の味噌一直系の味噌ラーメンを食べる

以前とってもジャンクなメニュー、“そば焼き”をレポートした厚木の日の出製麺所。どうもこのお店は平塚市の東海大学湘南キャンパス付近にある有名店、味の味噌一の系列らしく、むしろ味噌ラーメンがウマいという情報を伝え聞いた。というわけで、再訪、再挑戦。

日の出製麺所 味噌ラーメン

相も変わらずレトロな外観、フレンドリーな雰囲気。でも以前よりは店内が混み合ってないように見える。やっぱり消費税増税で微妙に値上げをして影響があったのだろうか。

レトロな日の出製麺所

レトロな日の出製麺所

味噌ラーメンを注文後、以前訪れた際にはあまりじっくりと見なかった店内メニューにも目を向ける。餃子350円というのが、案外お得なのではないだろうか。でもこうした店には珍しく、ビール等の販売が無い。出したら売れると思うんですけどね。

少し待って、お目当ての味噌ラーメンが出てくる。そば焼きとは違って、見た目は流石に本気メニューという感じがする。もうスープの色からして美味しそう。

日の出製麺所謹製味噌ラーメン

日の出製麺所謹製味噌ラーメン

スープをすすってみると、味噌であることを忘れるかのようなクリーミー具合。味噌というと思い浮かべるエグ味が無い。具には炒めたもやし・ひき肉・少々の青色野菜が混じる。具の盛りはこぢんまりとしているので、そこはそば焼きと同じく軽食ポジションということなのかもしれない。一応大盛りもあるけれど。
特筆すべきは麺だ。これはそば焼きに使われていたのと同じく、噛む程に甘みを感じる麺。麺の甘みと相まって、ポタージュスープを飲んでいるような感覚にもなる。けれども丼の底の方に沈殿した味噌の本体で、味噌ラーメンを食べていたのだと意識を引き戻される。

麺は柔らかくて甘い

麺は柔らかくて甘い

感想は…今まで食べた味噌ラーメンの中で一番うまい!とまでにはならないけれど、10指くらいには入るのではないだろうか。肩肘張って食べるというより、気軽に食べられる高得点な味噌ラーメン。

関連記事

フラは目の癒し

茅ヶ崎アロハマーケット2017に行ってきた

茅ヶ崎にやたらとハワイアンな店が集まっているということ、読者諸氏は知っているだろうか。 私は今日知

記事を読む

海老名店 ぎ郎

海老名駅 ぎょうてん屋

厚木近辺小田原線沿いでの二郎系ラーメンのチェーンと言えば、ぎょうてん屋。このエリアの主要駅に数店舗あ

記事を読む

利しりのオロチョンラーメン

日本一まずい! オロチョンラーメン利しり 伊勢原店

店の売り文句として、"日本一まずい"ことを掲げるラーメン店。こういう売り文句を見ると、安易に日本一を

記事を読む

no image

厚木以西の味覚

厚木を越えてビックリすること グローバル化が叫ばれる時代、世界中のどこに行ってもフランチャイズ

記事を読む

アミューあつぎのロゴ

アミューあつぎ「幼稚園送迎システム」に厚木市の本気を感じる

4月26日オープンのアミューあつぎについて、公式Facebookでは続々とその整備状況が発信されてい

記事を読む

虎次郎らーめん 野菜多め

海老名ビナウォーク 虎節

海老名ビナウォークのらーめん処は店のレベルが高く…という話は、もうブログ記事の枕として使いすぎている

記事を読む

フードバトルのゲート

第7回かながわフードバトル in あつぎなど 行ってきた!

アミューあつぎのオープン合わせで行われた本厚木の3つのイベント。第7回と根付いたイベントになっている

記事を読む

棟同士の隙間とか。会場はショボい筈なのに

湘南T-SITE 藤沢市のでっかい蔦屋書店に行ってきた

海老名市立中央図書館をTSUTAYA図書館として再生させ、株式会社図書館流通センター(TRC)との共

記事を読む

麺処まさ屋 味噌ラーメン

螢田駅 麺処 まさ屋

小田急小田原線は新松田を越えると、南に一直線に小田原駅を目指す。酒匂川と狩川に挟まれたところにいくつ

記事を読む

弦斎カレーパン

平塚名物グルメ 弦斎カレーパン

平塚に関わりのある偉人村井弦斎について、平成になってから平塚市がプッシュを始めたということを紹介した

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑