*

アミューあつぎ「幼稚園送迎システム」に厚木市の本気を感じる

4月26日オープンのアミューあつぎについて、公式Facebookでは続々とその整備状況が発信されている。また、アミューあつぎの概要や入居テナントについて取り上げるメディアも多い。今回はそうした情報から垣間見えてきた、アミューあつぎに対する厚木市の”本気度”について紹介したい。

アミューあつぎのオープン日に行われるフードバトル

アミューあつぎのオープン日程は4月26日。丁度そのタイミング、4月26日と27日に本厚木で行われるイベントが、「第7回フードバトルinあつぎ」だ。
フードバトルの概要は、神奈川県内のご当地グルメが厚木中央公園にて一同に会して、来場者投票で人気を競うというもの。コンセプト自体はよくあるものだし、他の自治体でも同様のイベントが行われている可能性は高い。
ただ、厚木市で行われるグルメ対決が県内の他の自治体のものと違うのは、厚木市がシロコロホルモンというB-1グランプリグルメを持っているというところと、2010年の第5回B-1グランプリの会場となったことがあるというところだ。
実は第3回フードバトルの扱いは、4ヶ月後に行われるB-1グランプリin厚木のプレイベントという扱いであった。また、B-1が開催されている際に、やはり同様の主旨で神奈川県のB級グルメを紹介するフェスであるロコフードフェスタKANAGAWAという催しが行われていた。つまり、神奈川県内のB級グルメ提供者にとってみれば、厚木市への出展がアピールチャンスであるとのイメージは非常に強いわけだ。
そんなイベントとアミューのオープンを重ねてくるというところに、厚木市のアミューアピールへの思いを感じずにはいられない。厚木中央公園でのイベントということで、駅前で行われるイベントに比べても街が流動性をもつチャンスであり、イベントに参加した客がオープンしたアミューの存在に気付く可能性も高くなるだろう。

よく練られたアミューあつぎの「幼稚園送迎システム」

もう一つ。こちらは稀代の妙策として是非とも紹介したいもの。アミューあつぎの8階の市営託児室「わたぐも」で午前7時から市内の提携幼稚園の園児を預かり、バスで送迎する「幼稚園送迎サービス」。このような仕組みを設けることにより、市外に勤務する保護者が朝の出勤時に子供を預け、そのまま都合の良いタイミングで出勤することが可能になる。
各種メディアのニュースで「本厚木駅近くに託児所」と報道している(させている?)点については、そんなに近くないだろうというツッコミもしたくなるが、要するにこの旧パルコビルの弱点、駅から遠く人の流れが来ないという点を解消するため、ひどい言い方をすれば「人質」をとることにしたのだと思う。
駅から人の流れができることにより、周辺にも店ができるという点や、「人質」を留め置く場所が、非常に分かりやすいシンボル(=街中にいても安心感を感じる)であるところなど、この施策は現代の参勤交代システムと表現してもいい。行政サービスの拡充と並行して一石二鳥を狙った、上手いサービスだなあと感心する。
現在のところ発表されている園児の受け付け上限が30人ということで、人集め施策としてはまだまだコンパクトであるけれど、施策が成功したら同様の発想でアミューに市民がやってくる”動機”を、行政の大鉈を使って作り出せばよい。そのことはアミューに入居するテナントの利益だけではなく、街の人の流れの再生という点で大いに公益に値するだろう。

というわけで、アミューあつぎにどうやら厚木市は本気なようである。映画館の復活や県内初出店テナントの誘致だけが人集めの施策というわけではなく、いくつも策を重ねてのオープンのようだ。オープン後も、街の人の流れが復活するまでイロイロと目が離せなそうである。

関連記事

待ち時間に嬉しいサービス

藤沢市辻堂 27 coffee roasters

相模川以東を扱うのは本来レギュレーション違反なのに、結構な頻度で東側エリアのお店を紹介しているような

記事を読む

佐々木秀尚Group

厚木ジャズナイト2017に行ってきた

毎年夏休みが終わりそうになると、我らが本厚木のはとぽっぽ公園ステージにて、厚木ジャズナイトと呼ばれる

記事を読む

ららぽーと海老名入口

ららぽーと海老名がオープン 海老名駅と言えばJR!となるか

先月の29日にオープンした、三井不動産の大型ショッピングパーク"ららぽーと海老名"。これまで暗黒世界

記事を読む

無法松の相州赤味噌ラーメン

鶴巻温泉駅 無法松 相州赤味噌ラーメン

東海大学湘南キャンパス周辺で、うまくて安いラーメン屋を捜索中!といういつもの常套句。最近は新規出店が

記事を読む

厚木PARCOのロゴ跡

アミューあつぎの入居テナント発表。気になる映画館は?

先日、本厚木の旧パルコビルに入居する厚木市肝煎りの商業施設、アミューあつぎについて記事を書いた。その

記事を読む

棟同士の隙間とか。会場はショボい筈なのに

湘南T-SITE 藤沢市のでっかい蔦屋書店に行ってきた

海老名市立中央図書館をTSUTAYA図書館として再生させ、株式会社図書館流通センター(TRC)との共

記事を読む

開場時間前のフライング販売

厚木市地ビールメーカー サンクトガーレンのブルワリー開放デーに行ってきた

ちょくちょく話題に出している、厚木市の地ビールメーカー事情。厚木市は丹沢からの地下水を仕込み水として

記事を読む

麺処まさ屋 味噌ラーメン

螢田駅 麺処 まさ屋

小田急小田原線は新松田を越えると、南に一直線に小田原駅を目指す。酒匂川と狩川に挟まれたところにいくつ

記事を読む

七夕おどり

湘南ひらつか七夕まつり2014(1) 曇天ながら千人パレードも実施!

昨年は最終日の日曜日にチラリとのぞいただけだった、湘南ひらつか七夕まつり。今年は初めて初日の金曜日に

記事を読む

展望台と桜と富士山(天気…)

秦野桜まつり 弘法山公園会場2000本の桜

秦野市東部、国道246号線が通る北側の地域と、小田急小田原線が通る南側の地域を分け隔てるように存在す

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑