*

アミューあつぎ「幼稚園送迎システム」に厚木市の本気を感じる

4月26日オープンのアミューあつぎについて、公式Facebookでは続々とその整備状況が発信されている。また、アミューあつぎの概要や入居テナントについて取り上げるメディアも多い。今回はそうした情報から垣間見えてきた、アミューあつぎに対する厚木市の”本気度”について紹介したい。

アミューあつぎのオープン日に行われるフードバトル

アミューあつぎのオープン日程は4月26日。丁度そのタイミング、4月26日と27日に本厚木で行われるイベントが、「第7回フードバトルinあつぎ」だ。
フードバトルの概要は、神奈川県内のご当地グルメが厚木中央公園にて一同に会して、来場者投票で人気を競うというもの。コンセプト自体はよくあるものだし、他の自治体でも同様のイベントが行われている可能性は高い。
ただ、厚木市で行われるグルメ対決が県内の他の自治体のものと違うのは、厚木市がシロコロホルモンというB-1グランプリグルメを持っているというところと、2010年の第5回B-1グランプリの会場となったことがあるというところだ。
実は第3回フードバトルの扱いは、4ヶ月後に行われるB-1グランプリin厚木のプレイベントという扱いであった。また、B-1が開催されている際に、やはり同様の主旨で神奈川県のB級グルメを紹介するフェスであるロコフードフェスタKANAGAWAという催しが行われていた。つまり、神奈川県内のB級グルメ提供者にとってみれば、厚木市への出展がアピールチャンスであるとのイメージは非常に強いわけだ。
そんなイベントとアミューのオープンを重ねてくるというところに、厚木市のアミューアピールへの思いを感じずにはいられない。厚木中央公園でのイベントということで、駅前で行われるイベントに比べても街が流動性をもつチャンスであり、イベントに参加した客がオープンしたアミューの存在に気付く可能性も高くなるだろう。

よく練られたアミューあつぎの「幼稚園送迎システム」

もう一つ。こちらは稀代の妙策として是非とも紹介したいもの。アミューあつぎの8階の市営託児室「わたぐも」で午前7時から市内の提携幼稚園の園児を預かり、バスで送迎する「幼稚園送迎サービス」。このような仕組みを設けることにより、市外に勤務する保護者が朝の出勤時に子供を預け、そのまま都合の良いタイミングで出勤することが可能になる。
各種メディアのニュースで「本厚木駅近くに託児所」と報道している(させている?)点については、そんなに近くないだろうというツッコミもしたくなるが、要するにこの旧パルコビルの弱点、駅から遠く人の流れが来ないという点を解消するため、ひどい言い方をすれば「人質」をとることにしたのだと思う。
駅から人の流れができることにより、周辺にも店ができるという点や、「人質」を留め置く場所が、非常に分かりやすいシンボル(=街中にいても安心感を感じる)であるところなど、この施策は現代の参勤交代システムと表現してもいい。行政サービスの拡充と並行して一石二鳥を狙った、上手いサービスだなあと感心する。
現在のところ発表されている園児の受け付け上限が30人ということで、人集め施策としてはまだまだコンパクトであるけれど、施策が成功したら同様の発想でアミューに市民がやってくる”動機”を、行政の大鉈を使って作り出せばよい。そのことはアミューに入居するテナントの利益だけではなく、街の人の流れの再生という点で大いに公益に値するだろう。

というわけで、アミューあつぎにどうやら厚木市は本気なようである。映画館の復活や県内初出店テナントの誘致だけが人集めの施策というわけではなく、いくつも策を重ねてのオープンのようだ。オープン後も、街の人の流れが復活するまでイロイロと目が離せなそうである。

関連記事

厚木PARCOのロゴ跡

アミューあつぎの入居テナント発表。気になる映画館は?

先日、本厚木の旧パルコビルに入居する厚木市肝煎りの商業施設、アミューあつぎについて記事を書いた。その

記事を読む

厚木神社

火事のあった厚木神社など アミューグランドオープンの陰で

アミューあつぎのオープンと、同時に行われた3つのイベントなどで本厚木の中心部が盛り上がっている頃、東

記事を読む

利しりのオロチョンラーメン

日本一まずい! オロチョンラーメン利しり 伊勢原店

店の売り文句として、"日本一まずい"ことを掲げるラーメン店。こういう売り文句を見ると、安易に日本一を

記事を読む

本厚木駅イルミネーション

本厚木駅前クリスマスイルミネーション

青色LEDの発明が転機となってか、あるいは東日本大震災以降の省エネ志向の影響なのか、近頃のクリスマス

記事を読む

富士山と菜の花

二宮町吾妻山公園 菜の花ウォッチングに行ってきた

二宮町の観光名所吾妻山公園からは、西湘の海を見渡せる上に遠く富士山を拝むことが出来る。加えて訪れる時

記事を読む

棟同士の隙間とか。会場はショボい筈なのに

湘南T-SITE 藤沢市のでっかい蔦屋書店に行ってきた

海老名市立中央図書館をTSUTAYA図書館として再生させ、株式会社図書館流通センター(TRC)との共

記事を読む

乳牛神輿の提灯は二段

曾屋神社(秦野市)神幸祭の神輿巡行を見てきた

小田急小田原線本厚木駅以西のよく分からなさを象徴するような地域、秦野。秦野があるのは秦野盆地と呼ばれ

記事を読む

ビナウォーク イルミネーション2014

海老名ビナウォークイルミネーション そしてららぽーと海老名建設中

それまではのどかで牧歌的な駅前が印象的であった海老名に、ビナウォークという駅前巨大商業施設ができた

記事を読む

右にクジラ?のモニュメントが

ムール ア・ラ ムール 湘南小麦プロジェクトのパン屋

以前紹介した、伊勢原市三ノ宮の奇妙なセブンイレブンしかり。日本一まずいラーメン屋しかり。伊勢原市には

記事を読む

フィナーレの一番豪華な花火

えびな市民まつりの花火大会に行ってきた

7月26日(日)に開催された、第10回えびな市民まつり。このえびな市民まつりは相模川沿いにある海老名

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑