*

東海大学前駅 上海謝謝 ラーメン480円

小田急小田原線の東海大学前駅駅前には、付近の東海大学の学生を対象とした、量が自慢の飲食店、値段が自慢の飲食店などが並んでいる。今回紹介する上海謝謝というお店も、セットのライスがおかわり自由であったり、ラーメンの値段が480円からであったりと貧乏学生に嬉しい仕様だ。

神奈川県秦野市南矢名1-15-5

それでいて、このお店の評判などを聞くとただの大衆食堂ということでなく、味もしっかり本場のものを出すらしい。餃子がオススメだとか。まあ、今回訪問したのは同じ東海大学前の麺や道楽で食べた2軒目という形だったので、セットメニューや本格中華などのしっかりしたメニューを堪能するつもりはなく、ただ480円のラーメンというものに挑戦してみたかったのだ。

夜に訪れた上海謝謝

夜に訪れた上海謝謝

結構遅い時間の訪問に関わらず、店内には常連客とおぼしき集団が2、3組居た。居座って盛り上がっているという感じかもしれない。また、意外にも客層に学生はいなかった。空いている席が円卓しかなかったので、円卓を一人で独占することになる。少し躊躇いがちにラーメンだけを注文して待つ。

上海謝謝 ラーメン

上海謝謝 ラーメン

480円のラーメン、と言うには具材が多く、凝った見た目だろう。まあ、400円台に抑えているマジックというべきか、これで20円UPの500円と言われたらまあそんなものと思ってしまうのかもしれない。
食してみる。すると具材の一つ一つから異なった味が染み出してくる。これは、横浜中華街で中華食材などを購入した際の、あの独特の輸入食材感というべきか、つまり本場っぽい気分にはなれるものの、ざっくばらんに言ってしまえば臭い。
麺はダマになってしまっている。麺にも独特の香りがついていて、中華料理屋で食べるジャージャー麺の麺の香りと言うべきか、つまり醤油スープには合わないのだろうと思う。
醤油スープについては、厚木以西基準がしっかりと適用されているのか、塩辛い(私には)。麺や道楽のスープを全部飲んだ後で、さらにこのラーメンのスープを全部はきついと思ったので、残してしまった。
そこで、東海大学前駅でラーメンが食べたいとなったときに、オススメできる店ではないかなという結論になる。ラーメンなどではなく、ちゃんとした上海料理のメニューについてはどうだかわからない。先に述べたように、ライスがついてくるのならば塩味も気にならないと予想できる。

この上海謝謝というお店は、東海大学により近いところと、東京の桜台に支店があるらしい。東京の支店で提供されているラーメンは、厚木以西基準の塩辛さになっていないのかちょっと気になるところではある。

関連記事

青ネギもアクセントに

伍代目哲麺 平塚金目店

哲麺という豚骨ラーメンのチェーンがある。東京都の昭島市に第一号店ができたという哲麺は、お好み焼きの道

記事を読む

開場アナウンス直後でこの人出!

大磯市夜市 7〜9月に日中の暑さを避けて変則開催の大磯市

以前当サイトでレポートを行った大磯市。大磯市とは、神奈川県中郡大磯町の大磯漁港を舞台として行われる、

記事を読む

グルメフェスタのゲート

かながわグルメフェスタ2017in厚木に行ってきた

本厚木の厚木中央公園を中心会場として4月に行われるグルメイベント、かながわグルメフェスタ。端的に言う

記事を読む

伊勢原市での目撃例

謎の”湘南クッキー”

厚木以西.netのサイトを始めてから、とうとう世界の核心に迫る、最大の謎に手を伸ばすときがやってきま

記事を読む

百菜 野菜つけ麺

海老名ビナウォーク たんめん専門店 百菜

ビナウォークらーめん処には、以前紹介した清勝丸を筆頭として、レベルの高いラーメン店が並んでいる。不人

記事を読む

麺や道楽 豚そば

東海大学前駅 麺や道楽

あらかじめ断り書きをしておくことは大変重要だが、厚木以西の味覚で書いた通り、厚木以西のグルメは大抵塩

記事を読む

広場のタップ前で注文!

御殿場高原ビールのビアフェス BeerKingdom2014に行ってきた

厚木以西を扱うサイトとして、小田急ロマンスカー「あさぎり」が乗り入れる、JR御殿場線周辺の情報なども

記事を読む

清勝丸 濃厚味噌つけめん

海老名 清勝丸

厚木以西のライバル、海老名およびビナウォークということを書いたけれども、ラーメンばかりは海老名の実力

記事を読む

博多ラーメン

長浜ラーメン博多山笠 東海大学前駅店

小田急小田原線の東海大学前駅。この駅に用事あって下りることが昔からよくあり、駅周辺で安く美味く食事を

記事を読む

無法松の相州赤味噌ラーメン

鶴巻温泉駅 無法松 相州赤味噌ラーメン

東海大学湘南キャンパス周辺で、うまくて安いラーメン屋を捜索中!といういつもの常套句。最近は新規出店が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑