*

伍代目哲麺 平塚金目店

公開日: : グルメ ,

哲麺という豚骨ラーメンのチェーンがある。東京都の昭島市に第一号店ができたという哲麺は、お好み焼きの道とん堀というチェーンと同じ経営母体であるため、一つの建物内に並んで存在していることも多い。道とん堀と同じく全国各地に支店があるが、支店の店名がそれぞれ開店順に「○代目 哲麺」となるのが面白いところ。現在は五十○代目くらいまで展開しているようだ。
哲麺の特徴は、価格が安く(ラーメン1杯500円)そこそこの味のものを提供するというところ。高菜が食べ放題だったり、替え玉が50円だったりと、牛丼チェーンに入るくらいなら哲麺の方がお得かなと思える程、価格競争力がある。それでいて、そこそこの味だ(強調)。

伍代目哲麺は神奈川県1号店

東海大学生がランチの時間に、というにはあまりに遠すぎるけれど、半ドンならば原チャリを飛ばして向かっても良いだろうという距離に、伍代目哲麺がある。伍代目という名前の通り、五店目の出店、そして神奈川県内では初めての出店となった店だ。何故こんな場所に作った?

神奈川県平塚市片岡416

同居する道とん堀の陰に隠れているが、大体11:30頃から深夜0時頃まで営業しているので、中途半端な時間に入ってもやっているのがうれしいところだ。

伍代目哲麺 店の入り口はかなり奥

伍代目哲麺 店の入り口はかなり奥

哲麺の豚骨ラーメンは欠点がない

一杯500円ということで(これは消費税増税後も据え置きである)ついつい評価する目線は甘めになってしまうのだが、特に欠点がなく、むしろ他のどの店よりもこの店の豚骨ラーメンが良いという向きもあろうかという程、うまい豚骨ラーメンである。やさしめの豚骨スープに麻油が散乱して浮かぶ。具の大きさは心もとないが、むしろ麻油がスープに変化を付けるので、食べていて単調にはならない。

青ネギもアクセントに

青ネギもアクセントに

細麺はゆで加減が選べる

細麺はゆで加減が選べる

九州あたりの人からすれば、500円でそこそこの豚骨ラーメンが食べられるというのは当たり前のことかもしれない。とりあえず、神奈川県(のみならず、東京都内や埼玉県にもちょくちょく支店がある)で1杯500円で満足いく豚骨ラーメンとなれば、哲麺が有力な選択肢になるのではないだろうか。

ちなみに、平塚金目店は現在改装中

哲麺が良いというなら、早速食べにいってみよう!という方には申し訳ないが、伍代目哲麺こと平塚金目店は現在改装中であり、再オープンは10月下旬になるということである。神奈川県内ではほかに大和店、藤沢店、座間店があるようなので、そちらの店舗に行ってみるか、リニューアルまでしばし待たれよ。

関連記事

さがみビール 飲み比べ

厚木七沢 さがみビールレストラン セルバジーナ

さがみビールというビールの銘柄がある。盛升という日本酒銘柄の醸造元、黄金井酒造が醸造しているビールで

記事を読む

広場のタップ前で注文!

御殿場高原ビールのビアフェス BeerKingdom2014に行ってきた

厚木以西を扱うサイトとして、小田急ロマンスカー「あさぎり」が乗り入れる、JR御殿場線周辺の情報なども

記事を読む

そば焼き 焼きそばではない

厚木市 日の出製麺所 焼きそばでもない「そば焼き」をいただく

神奈川県道22号という、横浜市磯子区から出て伊勢原市で国道246号に合流する道路がある。この道路は地

記事を読む

手打ち蕎麦信玄 蕎麦膳

鶴巻温泉駅 手打ちそば信玄

小田急小田原線を小田原方面に本厚木から3駅行くと、鶴巻温泉という駅がある。鶴巻温泉という名前が示すよ

記事を読む

麺や道楽 豚そば

東海大学前駅 麺や道楽

あらかじめ断り書きをしておくことは大変重要だが、厚木以西の味覚で書いた通り、厚木以西のグルメは大抵塩

記事を読む

海老名店 ぎ郎

海老名駅 ぎょうてん屋

厚木近辺小田原線沿いでの二郎系ラーメンのチェーンと言えば、ぎょうてん屋。このエリアの主要駅に数店舗あ

記事を読む

利しりのオロチョンラーメン

日本一まずい! オロチョンラーメン利しり 伊勢原店

店の売り文句として、"日本一まずい"ことを掲げるラーメン店。こういう売り文句を見ると、安易に日本一を

記事を読む

ららぽーと海老名入口

ららぽーと海老名がオープン 海老名駅と言えばJR!となるか

先月の29日にオープンした、三井不動産の大型ショッピングパーク"ららぽーと海老名"。これまで暗黒世界

記事を読む

7番ゴールド

伊勢原市 ドレファラシド

味噌ラーメンが特に好きというわけではないのだが、流行っているというか、ジャンルとして定番を外れた決定

記事を読む

棟同士の隙間とか。会場はショボい筈なのに

湘南T-SITE 藤沢市のでっかい蔦屋書店に行ってきた

海老名市立中央図書館をTSUTAYA図書館として再生させ、株式会社図書館流通センター(TRC)との共

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑