*

関東の伊勢神宮 伊勢原大神宮と桜

遷宮であるとかパワースポットであるとかでたびたび話題になる伊勢神宮。本家の伊勢神宮に行くのはなかなか難しいけれど、伊勢原市に行けば、祭神を勧請してきた神社がある。伊勢原大神宮は大山詣にやってきた伊勢国の山田曾右衛門と鎌倉の湯浅清左衛門によって1620年頃に創建され、伊勢原の開墾事業の中心となり、地名の由来にもなった神社だ。
境内は狭くもなく広くもなくといったところで、イマイチ観光地的な知名度は無い。それでも小田急小田原線の伊勢原駅で降りると、駅前には大鳥居があり、門前町が続く。江戸期以降の信仰の歴史があるのだ。

神奈川県伊勢原市伊勢原3丁目8−1

桜の季節に訪れると、境内に植えられた何本かの桜が出迎えてくれる。

伊勢原大神宮の桜

伊勢原大神宮の桜

鳥居から桜が迎える

鳥居から桜が迎える

塀からのぞく桜

塀からのぞく桜

伊勢神宮と同じく、内宮と外宮とに分かれたつくりが特徴的である。開放的なイメージがある神社。名物伊勢うどんは無いけれど、大山とうふをだし醤油をかけて食べるとそれっぽい。

関連記事

イルミネーションの中心にあゆコロちゃん

本厚木駅イルミネーション 厚木市政60周年を祝うあゆコロバージョン

毎年冬期恒例、本厚木駅前のイルミネーション(昨年のリポート)。イルミネーションは駅北口の壁面ならびに

記事を読む

花火から遠いけれど、場所取りもあった

第68回あつぎ鮎まつり大花火大会に行ってきた! 花火?のレポート編

それでは、鮎まつりの屋台レポートに引き続いて、8月2日(土)の大花火大会開演後の本厚木の街の様子など

記事を読む

フィナーレの一番豪華な花火

えびな市民まつりの花火大会に行ってきた

7月26日(日)に開催された、第10回えびな市民まつり。このえびな市民まつりは相模川沿いにある海老名

記事を読む

寒川神社境内の桜

八方除・視聴率祈願の寒川神社は桜の名所でもあり

高座郡寒川町。神奈川県高座郡に残された最後の市町村である寒川町には、相模国一宮として県下に広く知られ

記事を読む

乳牛神輿の提灯は二段

曾屋神社(秦野市)神幸祭の神輿巡行を見てきた

小田急小田原線本厚木駅以西のよく分からなさを象徴するような地域、秦野。秦野があるのは秦野盆地と呼ばれ

記事を読む

来た方向を振り返る

秦野市水無川沿いの満開の桜を見に行ってきた

3月に秦野駅前で開催された、秦野どぶろく祭りに行ってきたけれども、その際に会場となったまほろば大橋が

記事を読む

キラキラと美しい

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会 相模川河川敷(厚木側)会場で見てきた

あつぎ鮎まつり一日目、人混みと屋台のレポに続いては、いよいよ花火のレポートである。 鮎まつり花

記事を読む

大山阿夫利神社下社 初夏の装い

大山阿夫利神社酒祭 唎き酒会・試飲会に行ってきた!

古代より雨乞いの神様として信仰され、"雨降"が転じて"阿夫利"となったと言われている、大山阿夫利神社

記事を読む

富士山と菜の花

二宮町吾妻山公園 菜の花ウォッチングに行ってきた

二宮町の観光名所吾妻山公園からは、西湘の海を見渡せる上に遠く富士山を拝むことが出来る。加えて訪れる時

記事を読む

白笹稲荷神社大鳥居

白笹稲荷骨董蚤の市 神社境内を利用して祝日毎に開催

本厚木駅から小田急小田原線にゆらゆら乗って、20分程度でたどり着く秦野駅。この秦野盆地の玄関口とも言

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑