*

東海大学前駅 らーめん福屋

東海大学前駅の大通りの両側には、学生向けの安価&量が多めの飲食店が立ち並ぶ…といったことは、既に上海謝謝の記事で書いた。ラーメンが480円からという値段設定からもわかるように、貧乏節約生活が仕事ともいえる学生への、アピールがどの店にも必要とされるのだろう。

とは言え、東海大学の学生で東海大学前駅を利用する学生、ないし下宿する学生というのは、全体的に見れば少数派にあたるのか。学生街のべらぼうに安い値段設定を感じさせる店は見当たらない。総じて、そこそこ安いといった程度だろうか。

東海大学前駅で降りて、すぐに発見することの出来るラーメン屋、らーめん福屋も、近隣で唯一の二郎系ラーメンの提供店ということもあってか、抜群にコストパフォーマンスに優れているとは感じ難い。それでも、付近に用があるたびに何回か利用させてもらっている。

神奈川県秦野市南矢名1-14-10

メニューは、豚骨ラーメン、味噌ラーメン等の通常メニューに加え、つけ麺、それから福らーめんという店の名前から取られたであろう名前のラーメンがある。ラーメンの値段は650円から、つけ麺が750円からに対して、二郎系メニューの福らーめんは700円からということで、スタンダードがこの福らーめんなのであろう。毎度この福らーめんを注文することにしている。

福屋 福らーめん700円

福屋 福らーめん700円

二郎系の(化学調味料で口がヒリヒリするような)スープとはいえ、量についてはそれほど多くはない。おそらく女性であっても問題なく食べられる量だろう。豚は解れやすく小振りなため、あまり満足感はない。別料金の中盛り大盛りや野菜マシ(50円)と合わせて頼めば、男子学生に丁度良い具合の量になるかもしれない。

スープについては、さすがに厚木以西基準というものを散々思い知らされているため、最近は味薄めで頼むようにしている。麺にコシが少なく、ちくわぶを連想させるのだが、味薄めで頼んだスープには甘味があり、それなりに合う。

総合的に見れば、あまり特筆するところもないラーメン店かもしれない。とは言え周辺に競合する選択肢が存在しないので、いつも学生で賑わっているように思える。そういった位置づけの店。

関連記事

オリジナルレシピのエビナラガー

EBINA BEER 海老名市扇町に出来たチェコ出身醸造士の方によるブルーパブ

ららぽーと海老名のオープン決定以来、JR相模線海老名駅の北側、海老名市扇町地区の開発が止まらない。小

記事を読む

清勝丸 濃厚味噌つけめん

海老名 清勝丸

厚木以西のライバル、海老名およびビナウォークということを書いたけれども、ラーメンばかりは海老名の実力

記事を読む

節物語 豚骨野菜大盛り

東池袋大勝軒 節物語 本厚木店

東池袋大勝軒系の店のラーメンというと、どうも当たりが少ないような実感がある。これまでに、東池袋大勝軒

記事を読む

no image

本厚木ミロードイーストのオープンは5月24日に

アミューあつぎのオープンを見届けた後の、満を持してというべきか。工事中だった小田急本厚木駅の付属施設

記事を読む

薬膳スープ餃子

東海大学前駅 餃子房ふーが

小田急小田原線の東海大学前駅で下車し、南口から小田原方面の線路沿いに出る。駅のすぐ横には踏切があるの

記事を読む

こんがり焼けましたね

本厚木ミロードイーストが明るくなってリニューアル!

アミューあつぎのオープンに続いて、5月24日にリニューアルオープンとなった本厚木ミロードイースト。テ

記事を読む

ららぽーと海老名入口

ららぽーと海老名がオープン 海老名駅と言えばJR!となるか

先月の29日にオープンした、三井不動産の大型ショッピングパーク"ららぽーと海老名"。これまで暗黒世界

記事を読む

大磯港会場入口

『大磯市』 大磯町で毎月行われる湘南・西湘の見本市

厚木以西の(相模川以西の)海沿い地域の中心というと、何を置いてもやはり平塚だ。他の地域と比べて人口が

記事を読む

麺処直久の純鶏らーめん

海老名ビナウォーク 麺処直久

最近テナントが落ち着いてきた感のある、海老名ビナウォークのラーメン処。以前松任製麺があった場所に、今

記事を読む

ゐなかうどんスペシャル(1月〜2月)

秦野市 白笹うどん多奈加

関東三大稲荷、白笹稲荷神社の初午祭に行ってきた、というのが前回のお話。そして秦野名水と称される湧き水

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑