*

東海大学前駅 らーめん福屋

東海大学前駅の大通りの両側には、学生向けの安価&量が多めの飲食店が立ち並ぶ…といったことは、既に上海謝謝の記事で書いた。ラーメンが480円からという値段設定からもわかるように、貧乏節約生活が仕事ともいえる学生への、アピールがどの店にも必要とされるのだろう。

とは言え、東海大学の学生で東海大学前駅を利用する学生、ないし下宿する学生というのは、全体的に見れば少数派にあたるのか。学生街のべらぼうに安い値段設定を感じさせる店は見当たらない。総じて、そこそこ安いといった程度だろうか。

東海大学前駅で降りて、すぐに発見することの出来るラーメン屋、らーめん福屋も、近隣で唯一の二郎系ラーメンの提供店ということもあってか、抜群にコストパフォーマンスに優れているとは感じ難い。それでも、付近に用があるたびに何回か利用させてもらっている。

神奈川県秦野市南矢名1-14-10

メニューは、豚骨ラーメン、味噌ラーメン等の通常メニューに加え、つけ麺、それから福らーめんという店の名前から取られたであろう名前のラーメンがある。ラーメンの値段は650円から、つけ麺が750円からに対して、二郎系メニューの福らーめんは700円からということで、スタンダードがこの福らーめんなのであろう。毎度この福らーめんを注文することにしている。

福屋 福らーめん700円

福屋 福らーめん700円

二郎系の(化学調味料で口がヒリヒリするような)スープとはいえ、量についてはそれほど多くはない。おそらく女性であっても問題なく食べられる量だろう。豚は解れやすく小振りなため、あまり満足感はない。別料金の中盛り大盛りや野菜マシ(50円)と合わせて頼めば、男子学生に丁度良い具合の量になるかもしれない。

スープについては、さすがに厚木以西基準というものを散々思い知らされているため、最近は味薄めで頼むようにしている。麺にコシが少なく、ちくわぶを連想させるのだが、味薄めで頼んだスープには甘味があり、それなりに合う。

総合的に見れば、あまり特筆するところもないラーメン店かもしれない。とは言え周辺に競合する選択肢が存在しないので、いつも学生で賑わっているように思える。そういった位置づけの店。

関連記事

落花チェー 原材料

冬の大磯市リポート 磯汁をハシゴして暖まろう!

中郡大磯町で毎月第三日曜日に行われているイベント、大磯市。夏の間は夜市へと姿を変えるものの、基本的に

記事を読む

no image

厚木以西の味覚

厚木を越えてビックリすること グローバル化が叫ばれる時代、世界中のどこに行ってもフランチャイズ

記事を読む

ゐなかうどんスペシャル(1月〜2月)

秦野市 白笹うどん多奈加

関東三大稲荷、白笹稲荷神社の初午祭に行ってきた、というのが前回のお話。そして秦野名水と称される湧き水

記事を読む

どぶろくまつりフラッグ

秦野駅前まほろば大橋での秦野どぶろく祭りレポ

秦野市で毎年3月になると行われる、秦野どぶろく祭り。祭の規模としてはとても小さく、町内会祭りレベルで

記事を読む

振る舞われていたどぶろく

秦野どぶろく祭り改め?里山うまいもん楽市に行ってきた

昨年3月、小田急線秦野駅前のまほろば大橋を会場として開催されていた秦野どぶろく祭り。参加者がただで飲

記事を読む

虎次郎らーめん 野菜多め

海老名ビナウォーク 虎節

海老名ビナウォークのらーめん処は店のレベルが高く…という話は、もうブログ記事の枕として使いすぎている

記事を読む

アミューあつぎのロゴ

アミューあつぎ「幼稚園送迎システム」に厚木市の本気を感じる

4月26日オープンのアミューあつぎについて、公式Facebookでは続々とその整備状況が発信されてい

記事を読む

鶴巻温泉 鶴寿庵 もり

鶴巻温泉弘法の里湯 そば処鶴寿庵

手打ち蕎麦信玄で蕎麦をすするため、鶴巻温泉駅で降り、折角なのでと鶴巻温泉を堪能するために弘法の里湯に

記事を読む

ラーメン研究所のラーメン(1/108)

厚木市 らーめん研究所 客が味の組み合わせを選ぶシステム

味噌ラーメンドレファラシドの紹介で言及していた、らーめん研究所というラーメン店。その本店は、日の出製

記事を読む

no image

本厚木ミロードイーストのオープンは5月24日に

アミューあつぎのオープンを見届けた後の、満を持してというべきか。工事中だった小田急本厚木駅の付属施設

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑