*

オハナ堂 本厚木店

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 グルメ , , ,

厚木より西側の、光の当たらないエリアを紹介するサイト、厚木以西.netについては、長らく温めていたアイディアでした。その間、何度か「サイトを開くなら今しかない!」と思うタイミングがあったのですが、結局そのタイミングでは実現に至らずといった経緯がありました。

タイミングのうち一つ、本厚木ミロード中央館の、新装のための閉店時。中央館のみならず東口通路の商店も閉店するということで、これを機に営業を辞めてしまう店舗もあり、本厚木の駅の雑多な感じが失われるのではという気持ちになったのです。

結局そのタイミングでは開設しなかったのですが、そのタイミングで東口通路のそばのラーメン店に行きました。「オハナ堂 本厚木店」です。

神奈川県厚木市泉町2-1
本厚木 オハナ堂

本厚木 オハナ堂

らーめんオハナの本店は、辻堂にあるそうです。他に藤沢や関内などにも支店があり、それぞれオハナという名前は共通すれど、オハナ堂とか、麺屋おはな、おはな商店などもじった名前になっています。なんだか、それぞれに元ネタがありそうですね(笑)

本厚木のオハナ堂は、正当派豚骨ラーメンの店だということで、メニューの中で濃厚とんこつらーめんを選び、座して待ちました。

比較的すんなり出てきたラーメンですが、味の方を詳細には覚えていません。ただ、食べた際の感想が、「いまいちピンと来なかったと、開設したサイトに書こう」だった事は覚えています。冒頭部分の前フリは、味を覚えてないラーメンの感想を書く事に対する、前置きでした。

もう少し記憶を掘り返してみるならば、なんというか、思っていたラーメンと違うラーメンが出てきてガッカリした覚えがあります。太字で書かれた、「らーめん」の文字から、荒々しく腹にガツんと来るようなラーメンを期待して、スカされてしまったのだと思います。

本厚木はまだ未開拓のラーメン店が多いので、一通りローテーションが済んだ後にまたレビューとなるかもしれません。ただ、おそらく次回は違うメニューを頼むだろうと思います。

関連記事

上海謝謝 ラーメン

東海大学前駅 上海謝謝 ラーメン480円

小田急小田原線の東海大学前駅駅前には、付近の東海大学の学生を対象とした、量が自慢の飲食店、値段が自慢

記事を読む

池のほとりに店がずらり並ぶ

『カミイチ』 小田原市の上府中公園を舞台としたクラフト市

JR御殿場線の下曽我駅の西側に、市民球場である小田原球場を抱えた上府中公園というスポットがある。元々

記事を読む

この階段を上ると「たんぽぽ」

手もみラーメンが売り 伊勢原市 たんぽぽ

伊勢原市には、あまりラーメンが美味いというイメージがない。隣の厚木市に出ると、らーめん研究所や麺や食

記事を読む

壱七家ラーメン650円

壱七家 本厚木店

海老名駅近辺のラーメン屋はレベルが高いと書いてきて、本厚木駅周辺で紹介した2店(オハナ堂・節物語)に

記事を読む

相楽のあんかけもやしそば

本厚木 ラーメン相楽のあんかけもやしそば

なくなりそう、なくなりそうと言われ続けて、なかなかなくならない店というものがある。繁盛し続けているか

記事を読む

ZUND-BARラーメン

厚木七沢温泉 ZUND-BAR

厚木の山奥の七沢温泉に、客足の絶えない有名ラーメン店があると聞いて、ちょっくら足を伸ばしてきました。

記事を読む

右にクジラ?のモニュメントが

ムール ア・ラ ムール 湘南小麦プロジェクトのパン屋

以前紹介した、伊勢原市三ノ宮の奇妙なセブンイレブンしかり。日本一まずいラーメン屋しかり。伊勢原市には

記事を読む

大山菜の投入

大山とうふまつり 仙人鍋を食べに行く

今年で24回目を迎えた、大山とうふまつり。伊勢原市がもつ観光資源、大山阿夫利神社のこま参道前駐車場に

記事を読む

Aちゃんぽんでこのサイズ

さがみ野駅”博多どんたく”でデカ盛ちゃんぽんを

本厚木駅からちょっとした用事のため相鉄本線の駅に出ようとすると、海老名駅での乗り換えが必要になりほぞ

記事を読む

青ネギもアクセントに

伍代目哲麺 平塚金目店

哲麺という豚骨ラーメンのチェーンがある。東京都の昭島市に第一号店ができたという哲麺は、お好み焼きの道

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑