*

秦野市水無川沿いの満開の桜を見に行ってきた

公開日: : 季節 , ,

3月に秦野駅前で開催された、秦野どぶろく祭りに行ってきたけれども、その際に会場となったまほろば大橋が架かる水無川という川が、秦野市の桜の名所だという話も聞いた。それならば、神奈川県内の桜が満開となる頃に一度行ってみよう、ということで出かけてきた。

水無川の花見会場 徒歩だと意外に遠い

前回のどぶろく祭りよろしく、小田急小田原線の秦野駅で下車。駅前に水無川が流れているので、この川を西側にずっと辿っていけば花見の会場にも着くだろう。そんな見通しのもと出発。

遥か彼方に桜の樹の姿が?

遥か彼方に桜の樹の姿が?

ああああ結構歩く…秦野市役所を越えて、校庭の桜が綺麗だった中学校(ここで満足して帰る選択肢も浮かんだ)を越えて。バスが通っていたから最初から利用した方が良かったかもしれない。

見えてきたー

見えてきたー

これでもかというほどの桜を独占可能

そんなわけで桜が集中している場所にたどり着いた。富士見大橋という名前の橋が架かっていて、その周辺あたりから桜が列になって並んでいたと思う。

まず川には広い土手があって、そこに下りて花見が出来るようになっている。さらに桜の樹が植えられた側の岸には遊歩道があって、桜のトンネルをくぐることが出来るようになっている。つまり、遊歩道で間近に桜を見るのも良し、桜のある側の土手で花吹雪を浴びながら宴会するのも良し、そして対岸から遠目に桜を眺めるのも良し、と3種類の花見の楽しみ方が出来る。

川のずうっと先の方まで桜が尽きない

川のずうっと先の方まで桜が尽きない

桜のある側の土手で花見を楽しむのも良し

桜のある側の土手で花見を楽しむのも良し

無限に続くかと思われる桜のトンネルをくぐれる遊歩道!

無限に続くかと思われる桜のトンネルをくぐれる遊歩道!

桜の写真撮影スポットとしても良さげ

消失点に至るまで桜が尽きないということで、桜を使っていろいろな構図で写真が撮れそうである。この桜の並びは全長が1km以上あり、その割に見物客が少ない。人がはけるのを見計らって”桜とワタクシ”的な構図で写真が撮れるだろう。

遊歩道と青々とした土手を収めるも良し

遊歩道と青々とした土手を収めるも良し

山と川を構図に入れてみるのも良し

山と川を構図に入れてみるのも良し

土手を主役にして、遠景に人物を置くのも良し

土手を主役にして、遠景に人物を置くのも良し

だまし絵的構図もとれそうである

だまし絵的構図もとれそうである

桜の樹をフレームみたいに活用

桜の樹をフレームみたいに活用

帰路も長い(当たり前)

そんなことをやっているうちに、一応の終点である秦野カルチャーパーク付近まで到達。

来た方向を振り返る

来た方向を振り返る

恐ろしいことに、さらに先にも桜の樹が見える。そっちまで行く体力は無かった。

遥か先に見える…

遥か先に見える…

対岸に桜を見る構図はこんな感じに。人が少なくて良いなぁ。

ちなみに雨の降らない日が続くと川に水が無い可能性もあるらしい

ちなみに雨の降らない日が続くと川に水が無い可能性もあるらしい

花見のスペースも有り余っていそう

花見のスペースも有り余っていそう

夜にはライトアップが行われるんですって。都会の花見も良いけれども、こういうのどかで、その割に気合の入ったお花見会場で過ごしてみるのもいかがでしょう。

関連記事

厚木ビール in 中央公園

第68回あつぎ鮎まつり大花火大会に行ってきた! 屋台のレポート編

毎年8月に本厚木の街を舞台として行われる祭が、あつぎ鮎まつりだ。今年は8月2日(土)・8月3日(日)

記事を読む

白笹稲荷神社初午祭の参拝列

関東三大稲荷 白笹稲荷神社の初午祭に行ってきた

日本三大稲荷と言えば、伏見稲荷とその他2社(チョイスはご自由にどうぞ)。一方関東地方という括りでも、

記事を読む

冬に訪れてもこれだけ茂っていた

厳島湿生公園 中井町の貴重な観光資産

足柄上郡中井町という小さな町がある。面積は20㎢ほど。総人口は1万人に満たない小さな町で、東名高速道

記事を読む

どぶろくまつりフラッグ

秦野駅前まほろば大橋での秦野どぶろく祭りレポ

秦野市で毎年3月になると行われる、秦野どぶろく祭り。祭の規模としてはとても小さく、町内会祭りレベルで

記事を読む

花火はかなり海風に流されていた

湘南ひらつか花火大会 夏を締めくくる超穴場花火大会に行ってきた

湘南の花火大会と言えば、茅ヶ崎の花火大会や江ノ島の花火大会など候補が思い浮かぶ。さらに視点を神奈川県

記事を読む

キラキラと美しい

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会 相模川河川敷(厚木側)会場で見てきた

あつぎ鮎まつり一日目、人混みと屋台のレポに続いては、いよいよ花火のレポートである。 鮎まつり花

記事を読む

展望台!

二宮町から相模湾・富士山を一望 吾妻山公園

中郡二宮町。中郡の中でも、大磯町の陰に隠れてどちらかというと目立たない方の二宮町である。かつての相模

記事を読む

本厚木のシンボルとなるか

アミューあつぎ鮎まつりフェアがスタート 抽選で花火大会席が当たる!

そのオープン以来、インターネットやSNSでの広報の弱さが気になっていたアミューあつぎだけれども、7月

記事を読む

鮎まつり大花火大会時の本厚木駅前

第71回あつぎ鮎まつり大花火大会 人混み&屋台編

本厚木が人でごった返す日。屋台でごった返す日。真夏の一大イベントあつぎ鮎まつり。そして目玉とも言える

記事を読む

落花チェー 原材料

冬の大磯市リポート 磯汁をハシゴして暖まろう!

中郡大磯町で毎月第三日曜日に行われているイベント、大磯市。夏の間は夜市へと姿を変えるものの、基本的に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑