*

謎の”湘南クッキー”

公開日: : グルメ, 事件 , ,

厚木以西.netのサイトを始めてから、とうとう世界の核心に迫る、最大の謎に手を伸ばすときがやってきました…この投稿を境として更新が途切れたら、管理人は消されたものと思って下さい…それでは、いきます。

世の中にはいくつも謎の商売が蔓延っている

世の中、不思議な商売というのがあるものである。一体誰の需要によってそれが成り立っているのか、とんと仕組みが判らない、けれどもどうも採算は取れているらしく、潰れない。
有名なものは物干竿などの移動販売車系。20年前のお値段とか、布団無料で引き取りますとかそういった文句でつり出して、人の良いおばあちゃんなんかにどんどん売る。およそ20年分のストックにはなるんじゃないかと思われる量の竿竹や布団を売るのである。20年分の商品を買わされてしまったおばあちゃんは、使い道が無いので仕方なく、中古軽トラックを1台購入して商品を売りに出かけるのである。別のおばあちゃんを捕まえて、20年分の商品を売りつけるために。これは、友達の友達から聞いた話。

湘南・西湘世界に散らばる”湘南クッキー”販売機

本題である。本厚木のある神奈川県央や、湘南、そして西湘にかけての街で、黄色を基調として緑の丸文字が書いてある、少しドキッとするカラーリングの自動販売機を見た事がないだろうか。飲料系の自販機が置いてある所にしれっと並んでいるので、ローカル飲料の自販機なのかな?と軽い気持ちで近付いてしまう。

伊勢原市での目撃例

伊勢原市での目撃例

ところが近付いてまじまじと見ると、勝手が違う。よく学校なんかに置いてあった、番号を押すとパンが落ちてくる、ああいうシステムの自販機である。そして、商品としてズラリと並んでいるのは、クッキー。種類豊かなクッキーが100円くらいから小分けのパッケージで売っているのである。

湘南クッキー 充実のラインナップ

湘南クッキー 充実のラインナップ

飲料系の自販機を見ると条件反射的に喉が渇いてしまうところに、口の中パッサパサになりそうなクッキー自販機の仕打ちである。こんなもの、誰が買うのだろう?どうやって採算を取っているのか?気になり始めて、ずっと夜も眠れなかった。

おそるおそる、買ってしまうのだ

とりあえず、商品を買ってしまった。別にクッキー食べたい気持ちになったわけではないけれど。

湘南クッキー 湘南LONG BOARD

湘南クッキー 湘南LONG BOARD

ついつい手を出してしまったのは、湘南LONG BOARDという商品。サーファーが江ノ島でクッキーを乗り回すという、江ノ島では当たり前に見られる光景をパッケージにした商品(家庭用プリンターで印刷した感満載)。どうせ100円くらいだし、味もショボいのだろう、と思って齧ると、”サクっ”という音と控えめの甘さ、そして後をひくナッツの香りに驚く。商品ランク的に、100円均一でも売られているブ○ボン等のクッキーよりも一段グレードが高いだろう。それがこんなユルいパッケージングで売られているのだから、クッキーの製造者もうかばれない。

湘南クッキーはかくも遍在する

さてさて、クッキー自体は美味であったからリピーターもでるかもしれないが、それにしても湘南クッキー自販機を見かける頻度は異常で、まだ説明がつかない。サイトの性質上しょっちゅうネタを求めて湘南世界を飛び回っているのだが、大抵どの街に行っても湘南クッキー販売機は先回りして置いてあるのだ。この気味の悪い感覚、最も近いモノを挙げるならばフィリップ・K・ディックの『ユービック』だ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユービック [ フィリップ・キンドレッド・ディック ]
価格:885円(税込、送料無料) (2017/3/30時点)

この万能クッキー自販機の遍在っぷり。見つけ次第写真に収めることにしているので見てみようか。
まず、秦野市のとある店舗前。これはおそらく白笹稲荷神社の初午祭に行ったときの写真だろう。

富士山山影と湘南クッキー(詩的!)

富士山山影と湘南クッキー(詩的!)

次に、二宮駅前のもの。自販機だけでなく、店舗全体が湘南クッキーによって浸食されている。おそらく吾妻山に行った時の写真。

マンションの住人は無事だろうか

マンションの住人は無事だろうか

そして、海老名駅周辺にあるもの。海老名って湘南じゃなくね?多分花火大会のときの写真。

隣のえび〜にゃのガチャガチャとどっちが需要があるのだろう?

隣のえび〜にゃのガチャガチャとどっちが需要があるのだろう?

伊勢原市にもあるというのは先述のとおり。そして、5自治体目となる平塚市で、これら湘南クッキー自販機の親玉ともいえる存在に遭遇したのだ!

湘南クッキー工場と隣接するクッキーアウトレットモール

なんと、湘南クッキーの親玉は平塚市にあった。その場所は国道129号の、ららぽーと湘南平塚付近。ららぽーとも出来たことだし、ちょっくら車で行ってみるかと思い立った人が、嫌でも目にする立地だ。

神奈川県平塚市東八幡2丁目9−23

会社名は、(株)湘南クッキーというらしい。事務所看板はひっそりと極彩色で主張するだけだけれども…

湘南クッキー事務所

湘南クッキー事務所

隣接してこれまで見てきた湘南クッキー自販機の親玉がある。題して湘南クッキーアウトレット!

謎の湘南クッキーアウトレット

謎の湘南クッキーアウトレット

アウトレットの内部は、湘南クッキー自販機が林立している。最近何かと話題のレゴランドよろしく、言わば湘南クッキーランドだ。しかも入場料は無料!
クッキーのクオリティは箱詰めのものと遜色無い。というか、この生産工場でブランドの箱詰めクッキーを委託生産して、2級品を湘南クッキーパッケージで出しているというらしいから当然なのである。来客用に出すクッキーはここで大量に購入すれば確かに安上がりかもしれない。自販機が24時間営業であることで、朝方急に来客の予定があることに気付いたときなど便利である。

謎は全て解けた!(まっとうな企業だそうです)

というわけで、湘南を中心に遍在する極彩色クッキー自販機の謎を追ってみたのだが、平塚市の一ヶ所で生産して、そこから神奈川県各所の自販機に配っているということのようだ。そして、飲み物の自販機の隣に置いてあるとその需要に気付きにくいが、来客に出せるクオリティのクッキーを時間を気にせず安価に買えるということで、想定する主要購買者層はマダムや中小企業の事務所あたりだろう。あとは業務用スーパーのように、本来の客層に加えて一般の方も購入できますよと示すことで販路の拡大を狙っているのかもしれない。
遍在するクッキー自販機からSF的な展開に繋がらず、残念である。どうせなら中から湘南星人が出てくるとか、変形して地球の危機を救うロボットになるとか、自販機の中に湘南世界を常時監視する公安のカメラが入っていたりとかそういう展開が欲しかった。

関連記事

待ち時間に嬉しいサービス

藤沢市辻堂 27 coffee roasters

相模川以東を扱うのは本来レギュレーション違反なのに、結構な頻度で東側エリアのお店を紹介しているような

記事を読む

ららぽーと海老名入口

ららぽーと海老名がオープン 海老名駅と言えばJR!となるか

先月の29日にオープンした、三井不動産の大型ショッピングパーク"ららぽーと海老名"。これまで暗黒世界

記事を読む

グルメフェスタのゲート

かながわグルメフェスタ2017in厚木に行ってきた

本厚木の厚木中央公園を中心会場として4月に行われるグルメイベント、かながわグルメフェスタ。端的に言う

記事を読む

秦野じぱんぐ焦がしネギ醤油 

秦野駅 じぱんぐ 魚介焦しネギ醤油

小田急小田原線の秦野駅で降りると、繁華街は主に北側に広がっている。昼時に食事処を探す場合には、どうし

記事を読む

海老名店 ぎ郎

海老名駅 ぎょうてん屋

厚木近辺小田原線沿いでの二郎系ラーメンのチェーンと言えば、ぎょうてん屋。このエリアの主要駅に数店舗あ

記事を読む

池のほとりに店がずらり並ぶ

『カミイチ』 小田原市の上府中公園を舞台としたクラフト市

JR御殿場線の下曽我駅の西側に、市民球場である小田原球場を抱えた上府中公園というスポットがある。元々

記事を読む

青ネギもアクセントに

伍代目哲麺 平塚金目店

哲麺という豚骨ラーメンのチェーンがある。東京都の昭島市に第一号店ができたという哲麺は、お好み焼きの道

記事を読む

佐々木秀尚Group

厚木ジャズナイト2017に行ってきた

毎年夏休みが終わりそうになると、我らが本厚木のはとぽっぽ公園ステージにて、厚木ジャズナイトと呼ばれる

記事を読む

壱七家ラーメン650円

壱七家 本厚木店

海老名駅近辺のラーメン屋はレベルが高いと書いてきて、本厚木駅周辺で紹介した2店(オハナ堂・節物語)に

記事を読む

広場のタップ前で注文!

御殿場高原ビールのビアフェス BeerKingdom2014に行ってきた

厚木以西を扱うサイトとして、小田急ロマンスカー「あさぎり」が乗り入れる、JR御殿場線周辺の情報なども

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑