*

本厚木ラーメンの筆頭と言えば… 麺や食堂

本厚木の有名ラーメン店と言えば、何と言っても麺や食堂である。かの有名な集合知である食べログが本厚木ラーメン店の1位に推しているのだから、食べログのレビュアーが全員馬鹿舌であるという大惨事的状況がない限りは、とにかく本厚木にやってきて足を向けるべきは麺や食堂なのである。

麺や食堂 本厚木で60年の歴史ある店

この麺や食堂がある場所は、小田急小田原線の本厚木駅から徒歩で10分程。相模川にぶつからんとする辺りである。小田急小田原線に乗って新宿方面に向かうと、相模川を渡る直前で麺や食堂の看板が見える。いつも行きたいな♪行ってみたいな♪と思いつつ、実際本厚木で降りても、歩くのが面倒臭かったり、もっと駅に近いところに支店(うづまき)があったりして行かない。

神奈川県厚木市幸町9-6

や、でもこのまま行かないままだと、厚木以西紹介サイトとしてモグリのままではないかと急に心配になったので、空いていそうな時期を見計らって行ってきた。

空いてそうな時期 = 年末 実際空いてました

空いてそうな時期 = 年末 実際空いてました

この麺や食堂というラーメン店は、見た目こそ小綺麗なモダンレトロ調であるけれども、実際の店の歴史もレトロであるらしく、本厚木の街で昭和30年から営業しているらしい。ただ、ラーメン専門店になったのは最近のことで、開店最初はブラジルという名前の喫茶店であり、その後は色々なメニューが出てくる大衆食堂的存在であったそうな。ブラジルは旧店名の”麺や食堂ブラジル”にも反映されていたようである。ブラジルという単語と喫茶店はかろうじて結びつくけれども、ラーメンとは赤の他人である。そんな事実に気付いたからなのか、最近シンプルな麺や食堂という名前へと改名された。

麺や食堂 全てにおいて行き届いたラーメン

行列も無く入店。名物のから揚げがとても訴求するメニューを眺めて、かなり長考した後、中華そば680円単品を注文する。待っている間もレトロ調で賑やかな店内を眺めていると飽きない。そして店員の接客はハキハキとしており、気持ちがよい。人気店として隙がないなという感想を抱く。
やがてテーブルに届けられた中華そばは、きちんと畳まれた麺が美しく、箸を差し込んで召し上がってみたいという欲求を呼び起こす。見た目でそそる食欲もあるというもの。それに、こういったきちんと整えられた見た目は、グルメサイトに写真が上げられることを考えても重要だ。ちゃんと食べログレビュアーの心根を捉えている。

私の心も捉えられました

私の心も捉えられました

スープから賞味すると、悪くはないけれど、個人的な好みには合わないといった感想。出汁に使われている煮干しや昆布と、濃いめの醤油の守備範囲がとても重なっている感じで、スープを啜って最初に来る味、口の中に広がる味、後味と分けたときに、口の中に広がる味の部分がちょっと飽和気味である。そのため、スープ自体の塩辛さもあって、レンゲが次の一杯を求めてグイグイ進む感じのスープではない。
ただ、具と麺については期待以上のものである。2枚乗っているチャーシューが豚と鶏とそれぞれ異なっている。これは面白い試みで、チャーシュー自体の量の少なさを感じさせない工夫だ。添えられた海苔とシナチクは香りが豊かで、スープとお互いを補いあう。白髪葱も丁寧な仕事だ。麺は細め柔らかめで、小麦の香りが強く、スープが染み込み過ぎていないので飽きずに啜ることが出来る。
そして、食べ終わる頃合いを見計らって黒烏龍茶が差し出される。スタッフが客席に常駐してこちらの様子をうかがっているのは、最適なタイミングを計っているのだろう。実に、実に心憎い。

で、総合的な感想。このラーメンは食べログで1位になっていてもおかしくはない。それは具の一工夫であったり、スタッフの対応であったり、店の雰囲気であったりと、とにかく加点法評価で加算ポイントが沢山あるのだ。加算点が沢山あるので、冷静に採点するのが面倒臭くなってとりあえず最高点をつけてしまう感じ。
実際のラーメン自体もクオリティが高いのである。高いのであるが、スープを啜り麺を手繰ったときに、これこれ、この味が食べたかった!とはならないのが少し残念である。それはやはり、先に書いた飽和感が解決されていないからなのかもしれない。

ここまで散々食べログ第一位という文句を引っ張り出して、随分鼻につくいやらしいレビューをしている奴だ、と思われるかもしれないけれど、実は食べログ5年連続第一位!とかの文句は、店側も公式ホームページなどで大々的にうたっている。ということもあって、グルメサイトで高評価になるラーメンを、悪くいえば確信犯的に、良く言えばユーザ評価を元に切磋琢磨しながら提供しているのだろう。たまに本厚木の人気店の味として再確認をしたくなるけれど、混んでいたら並んでまで食べようとは思わない。そんなポジションかもしれない。

というわけで、黒烏龍茶よりプーアル茶の方が好きなので星一つ減らします★

関連記事

飛び交うトンビと砂防林と

平塚SunSunマルシェ 毎月第二日曜に草むら会場で

お隣の茅ヶ崎市でアロハマーケットをやっていた一方、相模川を挟んで西側にある平塚市では、毎月第二日曜日

記事を読む

上海謝謝 ラーメン

東海大学前駅 上海謝謝 ラーメン480円

小田急小田原線の東海大学前駅駅前には、付近の東海大学の学生を対象とした、量が自慢の飲食店、値段が自慢

記事を読む

清勝丸 濃厚味噌つけめん

海老名 清勝丸

厚木以西のライバル、海老名およびビナウォークということを書いたけれども、ラーメンばかりは海老名の実力

記事を読む

中央通りの模擬店と樹々

東海大学の学園祭”建学祭”はグルメの祭典でもあった件

厚木以西エリアにある巨大な大学キャンパスといえば、なんといっても東海大学の湘南キャンパスである。この

記事を読む

開場アナウンス直後でこの人出!

大磯市夜市 7〜9月に日中の暑さを避けて変則開催の大磯市

以前当サイトでレポートを行った大磯市。大磯市とは、神奈川県中郡大磯町の大磯漁港を舞台として行われる、

記事を読む

佐々木秀尚Group

厚木ジャズナイト2017に行ってきた

毎年夏休みが終わりそうになると、我らが本厚木のはとぽっぽ公園ステージにて、厚木ジャズナイトと呼ばれる

記事を読む

虎次郎らーめん 野菜多め

海老名ビナウォーク 虎節

海老名ビナウォークのらーめん処は店のレベルが高く…という話は、もうブログ記事の枕として使いすぎている

記事を読む

尾壱家醤油ラーメン

尾壱家 辻堂店

相模川より西側のカルチャーに毎回スポットを当てて紹介するサイト、厚木以西.net。今回の紹介はJR東

記事を読む

どぶろくまつりフラッグ

秦野駅前まほろば大橋での秦野どぶろく祭りレポ

秦野市で毎年3月になると行われる、秦野どぶろく祭り。祭の規模としてはとても小さく、町内会祭りレベルで

記事を読む

棟同士の隙間とか。会場はショボい筈なのに

湘南T-SITE 藤沢市のでっかい蔦屋書店に行ってきた

海老名市立中央図書館をTSUTAYA図書館として再生させ、株式会社図書館流通センター(TRC)との共

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑