*

厚木駅のJR・小田急乗り換え自動改札工事

海老名市には鉄道駅が、別会社同名駅を1つとして数える場合6駅ある。これは、隣の厚木市の2駅や綾瀬市の0駅などと比べて格段に多い数で、鉄道空白地域が多い県央エリアにありながらの鉄道駅の所有数の多さは、海老名市の一つの特徴となっている。

さて、そんな海老名市の厚木駅。厚木駅という名前ながら厚木市には無いという事実は以前紹介したはず。また、JR相模線と小田急小田原線乗り換えの際の罠についても、以前解説をした
厚木駅を初めて訪れる磁気カード利用者から確実に割増料金を徴収する仕組みが、さすがにバレてきてまずいと思ったのかわからないが、とうとう乗り換え口に自動改札を設置する工事を行うようである。
工事期間は平成26年1月8日から平成26年2月末まで。自動改札の利用開始は2月15日から。

JR側の本音としては、他の相模線の駅と同じく、厚木駅も無人駅にして適当な管理をしたいに違いない。けれども、小田急線には終日無人駅は無い。ということで、厚木駅はJR側の改札業務も小田急が行っている有人駅だ。利用者が乗り換え時に一旦小田急改札を出て(厚木駅下車扱い)再び改札から駅構内に入るようにすれば、新たに乗り換え改札を作らなくても済むのだが、相模線のホームが線路を渡らずにアクセスできるようになったため、ギリギリの乗り換えタイミングでも間に合うようになってしまった。そしてその場合、改札より一旦外に出て入り直す余裕は無いだろう。

都会の便利のための磁気カード導入で、地方駅にしわ寄せがきたということなのかもしれない。

関連記事

五百羅漢ハイツ

マンション1階が駅 大雄山線五百羅漢駅

不動産の広告などでよく見かける、「駅徒歩○分」の表示。あれは業者が数字を適当に決めることができるわけ

記事を読む

厚木駅連絡

JR厚木駅改札工事の裏事情かも?消費税増による各社の運賃改定

今春4月1日から消費税率が8%になることを受け、鉄道各社が足並みを揃えて運賃の値上げを発表した。また

記事を読む

開業後のららぽーと平塚 一応

ららぽーと平塚 日産車体工場跡地で2016年秋開業へ

JR海老名駅北側のららぽーとが、着々とその姿を現しつつある今日この頃。海老名のららぽーと開業は201

記事を読む

JR厚木駅旧ホーム

JR相模線厚木駅 時間の止まった旧ホーム

世の中には廃線・廃駅マニアという人種があるらしく、全国の赤字路線が経営破綻・営業停止などすると、喜び

記事を読む

no image

厚木基地はかなり厚木以東にある

厚木市の位置 神奈川県厚木市と海老名市の境は、相模川によって形成されている。相模川の東側が海老

記事を読む

no image

厚木駅と本厚木駅の違いって何?

まぎらわしい厚木駅事情 小田急小田原線の路線図を見ると、「厚木」駅と、「本厚木」駅があることに

記事を読む

ナイアガラ花火。イグアスでは駄目なのか

停車駅は本厚木?海老名?ロマンスカー停車は今後綱引きで決定へ

海老名市にある各線海老名駅の駅前は、15年くらい前まで律令時代に当地に国分寺が置かれた当時の面影をよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑