*

湘南ベルマーレマスコット「キングベルI世」・平塚競輪「ウィンディ」 於湘南ひらつか七夕まつり2015

3日間とも生憎の雨に見舞われ、目玉の千人パレードが中止になり、全体的な客足も伸び悩んだ第65回湘南ひらつか七夕まつり。それでもパレードを初日の千人パレードと2日目の織り姫パレードの2回に分けたことが功を奏し、なんとか映える映像素材としてのパレードを、雨の切れ目の2日目、織り姫パレードの際に各報道機関に提供することができたようだ。
ただ、織り姫パレードは千人パレードに比べると列が短く、15分程で通り過ぎてしまう。おまけに、オープンカー3台の大トリを飾ったのは、織り姫ではなく2体の面妖なキャラクターだった。報道機関でも、持ち帰った貴重な映像素材の処分に困ったことだろう。そして、車両を提供した日産の頭にも疑問符が浮かんだに違いない…そんなゆるキャラ2体を、まとめて紹介する。

織り姫パレードの大トリ キングベルとウィンディ

織り姫パレードの大トリ キングベルとウィンディ

湘南ベルマーレマスコット「キングベルI世」

サッカーが有名なスポーツチーム湘南ベルマーレの、キングベルI世。サッカーファンからは、”おじいちゃん”という愛称で呼ばれる、半裸の健康的なキャラクターである。

名称 キングベルI世
出身 不明
活動開始日 調査中(1993年、ベルマーレ名称の登場時?)
モチーフ 海神ポセイドン

湘南ベルマーレのホームタウンが厚木市・伊勢原市・小田原市・茅ヶ崎市・秦野市・平塚市・藤沢市・大磯町・寒川町・二宮町と10市町にわたることもあり、そこら中のイベントで見かけるあんまりレアでないキャラクターである。
スポーツクラブのキャラクターにも関わらず、ご老体である。クラブは保険金をかけておいた方が良いのではないだろうか。グレーの髪色は、かつてベルマーレ平塚時に正GKとして活躍していた小島伸幸氏を思い出さないこともない。
日産車に乗って、横浜の方のJ1チームにあてつけている、ように見えるけれど、実は湘南ベルマーレのクラブパートナーにも神奈川日産が名を連ねているらしい。日産車体の工場は平塚から撤退して、跡地がららぽーと平塚になろうとしてますが。せめてパレード用のオープンカーだけは残していってくれ。

平塚競輪キャラクター「ウィンディ」

キングベルI世の横に座っている、見慣れないキャラクターが平塚競輪のマスコットキャラクター、ウィンディである。

名称 ウィンディ
出身 不明
活動開始日 1995年7月8日
モチーフ シャチ?イルカ?その類

シャチなのかイルカなのか判別がつかない。実際、クジラとシャチとイルカに生物分類的違いは無く、体長で決まったりするらしい。一般的なイメージでは、シャチは獰猛、イルカは温厚なのでウィンディ君はイルカか。
ところが、このウィンディ君という20年以上続く息の長いキャラクター、昔の写真等を見るとどう見てもシャチなのである。目つきが鋭く、体色は黒い。サッカークラブのマスコットで喩えるならば、昔のウィンディ君は名古屋グランパスのグランパス君を平塚らしくちょっとやんちゃにした感じ。現在のウィンディ君は、川崎フロンターレのふろん太のような丸いイメージ。20年の月日がきっと人物を丸くしていったのだろう…でも、俗にふわふわと呼ばれるバルーンドームでウィンディ君が出張する時は、昔のやんちゃな姿だ。大人の事情ってやつだろう。

余談だが、やんちゃ時代のウィンディ君には人類の恋人があてがわれていた。平塚競輪のマスコットガールを恋人として設定するのだが、1999年頃に恋人だったのは東京都議会のセクハラ野次問題で話題となった、塩村文夏氏。野次の内容は「子供が産めないのか」といったものであったらしいが、この場合シャチに責任があるのではないのだろうか。

キングベルI世とシャチ野郎の写真 於湘南ひらつか七夕まつり

日産提供のオープンカーに乗る、キングベルI世と外道シャチ。

脚部が柔軟である

脚部が柔軟である

恒例後ろからショット

恒例後ろからショット

そもそもシャチは競輪のキャラクターなんだから、自転車でパレードに参加するべきである。ついでに爺もスポーツクラブのキャラクターなのだから、車を降りて健康的なところを見せて欲しい。


公開日:

PAGE TOP ↑